テーマ:ランニング

冬のランナー

昨日の日曜日は衆議院総選挙の投票日、そして第34回全日本実業団対抗女子駅伝の日でもあった。 朝の最低気温は氷点下4℃、日中の最高気温も2℃と極寒の中、以前の会社のシガラミから駅伝レース応援に駆り出された。 駅伝に参加するランナーの女子も寒くて大変だったろうが応援団も寒風吹きすさぶなか、完全防寒で陸上競技場とコ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

陛下と病み上がりランニング

陛下がホテルに宿泊された翌日、御来訪を祝福する如く爽やかな五月晴れとなった。 そのような天候のもと、全身蕁麻疹も ほとんど回復し熱も下がってきたところだが未だ気管支炎の咳が残っていて気になるところだが、体調確認のために数週間ぶりの早朝ランニングに出かけた。 ホテル周辺は陛下の警護のために制服警官がほぼ10m…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

冬眠から覚めてみると

暫しの冬眠から 覚めてみると外は積雪20cm、気温は氷点下6℃。 冬真っ盛りな状況に変わりは無かったが、蒲団から抜け出して早速の早朝ランニングへと出かけてみたものの、雪の量が多すぎて走行不可能。 新雪深く、足を踏み入れる路面は予測不可能。いつ硬く凍った氷が足元をすくうか分からず到底走ることはできない。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ランニンググローブ新調

毎朝、ガリガリに凍りついた道をランニングしているとグローブをしている手も寒さで凍てついてくる。 冬にランニングする際、引っ越し以前の横浜時代からずっと使っていた薄手のトレッキンググローブでは、遂にこの寒さに耐えきれなくなってしまった。 走るたびに手が凍傷になるのではないかと怯えながら運動するのでは精神衛生上よ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ランニング不調?

先週一週間留守にして、その間ランニングできなかったから、今週月曜から再び早朝トレーニングを開始したのだが。 今朝、朝の虹が出たような出ないような、寒いとはいっても意外と湿度高く、気象条件によっては冬の虹が見られる時もある。 そんなどうでもいいことを考えながら100mほど走ったところで突然、右足ふくらはぎの筋肉あたりから…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

冬の訪れ

昨夜から気温低く、朝起きてみると近くの山が真っ白。 今年の初冠雪とのことだが、昨年より2週間ほど遅い。 窓から見えるアイガー北壁は雲が掛って観察できずだが、こちらも間違いなく初冠雪となっていることだろう。 この寒さで早朝ランニングも、トレーニングウェアの下に クリマクールのトップとババタイツを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漸く都市ガス復旧

先週の金曜日、震災以来3週間目にして 漸く都市ガス復旧。 お湯を沸かせなかったのでその間、風呂やシャワーを使えずサバイバル生活を強いられていたし、汗をかかないために毎朝のランニングもできなかったので酷い運動不足になっていた。 ガスが復旧して真っ先にシャワーを浴び、3週間分の垢を落として漸く生きた心地がしたが、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

大雪の後の雪掻きは政権崩壊の前触れ

先週土曜日、朝起きると積雪10cmの大雪。 朝のランニングを行うために外に出てみると、それまでの乾いた雪質とは異なり、湿った重い雪が路面を覆っていた。 人の歩いた靴跡が路面にはっきりと残り舗装面が黒く露出しているが、気温が高ければたちまち融け出すはずが、0℃近い気温の低さが辛うじて雪の状態をそれらしく保ってい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

2月に降る雪

月が変わり2月となった朝、窓から見えるは一面の銀世界。 どうりで昨夜は寒かったはず。このごろ手放せなくなった ヒートテックアンダーを 着こんで寝ていても、明け方、蒲団の中がやけに冷たいと思ったのだった。いつもなら、ポカポカと温かく熟睡できるはずが、真夜中、何度も目が覚め浅い眠りに疲れ果てた。 それでも朝のラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランニングシューズ

毎朝ランニング時に履いているシューズが壊れてきて、そろそろ変え時と思っていた。 丁度、アウトレットのバーゲンセールが始まったところだったので、早速 adidasショップへ 行き元々安い通常価格より更に3割引でランニングシューズをGET。 アウトレットショップなので型落ち品だと思うのだが、とにかく安ければ文句…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

秋らしい季節となってきました

先週土曜日、いつものようにロードへ繰り出した。 日中の気温も30℃を下回るようになり、漸く秋を感じる季節となってきた。上空高く漂う雲は秋の鱗雲、その下に位置する綿雲は白く鮮やか。 いつものロードコースを バイクで5周した後の RUNは、気温が35℃にも上昇する夏の間、1周に留めていたのだが、この日から2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏本番、摂氏40℃のランニング

先週土曜から梅雨明けし、スカッと夏空が広がった。 朝からロードへと出かけるが、快晴無風で夏の日差しが照りつけるなか、新しく見つけた周回路を 5周もしてしまった。つまり、心臓破りの長い長い坂を5回も登ってしまったということだ! 給水ポイントではさすがにヘトヘトになり、ペットボトル入りの冷たいお茶をがぶ飲みして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜咲き始めるバイクロード

昨日まで気温低く冷たい風が吹き荒れていたが、今日の土曜日、空気が一変し春らしい日和。 気温は日中にかけてどんどん上昇し、18℃くらいにはなったであろうか、この暖かさで漸く桜も咲き始め、開花宣言が出た。とはいっても、まだまだ、つぼみは硬いから花見ができるのは週末になるとのこと。 バイクもこの暖かさで、二重に重…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

元旦の走り初めは地吹雪の中

2010年元旦、風の又三郎が雄叫びのように空気を切リ裂く音に目覚めた。窓のカーテンを開けると外は白銀の世界。 昨年に引き続き 2年連続の雪正月である。それ以前は横浜に住んでいたから この地がどのような正月だったか知らない。ただ、不動産屋によると雪は降らない処と聞いて来たのだが。 早速、元旦の走り初めに出…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

新雪のランニング

昨日の雪は 夕方には降り止み大雪もこれまでかと思われたのだが、今朝起きてみると、明け方から再び降り始めた雪があたり一面を新雪のベールに覆い尽くしていた。 日本海側で12月としては記録的な大雪が降り続いているようだが、その雪雲が アイガー北壁を 越えて流れ込んで来たようだ。この様子ではもう暫く雪が降り続くかもしれないと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一夜明けて白銀の世界

気温がやけに低いと思っていたところ、昨夜から 雪が降り出し、一夜明けた朝は白銀の世界。南に続く丘陵もすっかり雪化粧となった。 雪が積もっても朝のランニングに出かけたのだが、さすがに道路はスリップしやすいだろうと思い、今日は スタッドレスシューズに履き替えた。この効果はてきめんで、積雪3cmほどの雪を踏みしめても足下が…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

氷点下0℃のランニング

朝起きると室温は14℃。カーテンを開けて外を眺めると下界はよく晴れ渡っていて外気温は氷点下0℃、風速0m、積雪0cm。 遙か彼方のアイガー北壁も それほど冠雪してはいないようだが、あの山を越えた向こう側はきっと大雪となっているのであろう。 早速、朝のランニングに出かけるがトレーニングウェアは防寒のために2重に着て …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

冬の訪れ

今日の朝は久しぶりに青空が拡がりよいお天気となったが、その分、気温が下がり、朝の外気温は5℃程度まで冷え込み、室温もこのところ一日あたり0.5℃ずつ低下して17℃となった。 昨年のこの時期は既に降雪を観測していたのだが、今年は未だ降らずである。昨年よりは多少暖かい冬となるのだろうか? 朝のランニングもこの寒さ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

春一番が吹いた日

昨夜からの雨が上がり強風が吹き荒れる土曜日、気温も上昇し春一番となった。 このところの積雪や路面凍結のため、ロードバイクはずっとお休みの日が続いていた。今日も路面の雨が残った状態だし風も危険なほど強いところからロードは見送らざるを得ない。かなりのストレス状態。 やむなく、ロードの防寒用に購入した モンベルのキ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

一月の芽吹き

大陸性高気圧の張り出しにより放射冷却がすこぶる効いた日、未明の最低気温は氷点下4℃。 今年は例年になく寒い冬だと思っているのだが、引っ越して最初の冬なので、この寒さが平年並みなのかそれとも格別寒いのか比べようもないのではあるが、太陽活動の活発度を表す黒点活動が昨年から11年周期の極小期に入っているという観測データもあり、や…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

白銀を駆け抜けるスター

御用納めの日、昨夜から強風が吹き荒れ冬の嵐を予感させる天候となったが、一夜明けて外は白銀の世界。 気温0℃、積雪5cm、ベランダに出て写真を撮る手もたちまち冷たく凍ってきそうになったので、早々に部屋の中に戻った。室温は14℃あり、特に暖房を入れるほどでもなく朝の陽射しが差し込むのを待つ。 最近の建物は…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

凍結のクリスマス

昨日の夕方から降り始めた雪は雨に変わり、夜の冷え込みと伴に路面の凍結が始まったようだ。 翌朝、車が通るたびにシャリシャリという音に目が覚め、いつもとは異なる雰囲気に心が騒いだが、ランニングのために外に出てみると、駐車場一面に氷が張っていた。 ランニングシューズもつるつると滑り、走るどころかまともに歩くことさえ…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

嵐の翌日

季節はずれの 冬の寒気が嵐のように訪れた 翌日、朝からスッキリと晴れた秋空が拡がった。 遠くの山々は白く冠雪し、里の緑と鮮やかな対比をなす。いかにも気持ちよさそうな空間へ、今日もこれから早朝ランニングに出かけた。 トレーニングウェアを重ね着し気温の低下に備えたが、走っている側から汗ばんでくる。秋の陽射…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山雉の飛ぶ日

なかなか梅雨が明けず、毎日曇天が続くこの頃、多少の雨なら毎朝のランニングは欠かさず行っているのだが、 いつものように心臓破りの坂を 喘ぎあえぎ登っていると、突然、目の前を山雉が羽ばたきながら飛んでいく姿を見かけたのだった。 雉が飛ぶことは鳥類に属するから当たり前と思ってはいたのだが、実際にその飛ぶ姿を見たことはなかったし、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

6月のセーラー服

梅雨冷えの土日が過ぎて、漸く陽射しが戻ってきた月曜日、前日までは雨の中、二日続けてスイミングに通っていたからすっかり身体が疲れ切っていたのだが、それでも朝の7時には起床しゴミを出す。 6月だというのに、朝の空気は凛として冷たく、半袖のTシャツでは辛いものがある。それでも久しぶりの朝日を見た心地よさから、そのまま早朝ランニン…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

野に咲く青い不思議のアリス

気温の変化が激しいこの頃、それでも朝晩の冷え込みもだいぶ弛んで来たのでトレーニングウェアも春用の薄手に着替えたところだが、毎朝走るランニングコースで気になっていることがあった。それは、体調のことや精神的なことではなく、ましてや女のことでもない。 坂の多いランニングコースを走り心臓破りの登りに 差し掛かると、路側にある植樹帯…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

朝のおはようはイタリア気分

曇り空の朝、昨日は雨で出来なかった 早朝ランニング に出かけると、新学期が始まったのか、学生の登校姿が見えるようになった。下り坂でそのセーラー姿の女子高生を追い抜くとき、後ろからの駆け足の音に振り向いたその子は、おはようございますと、勢いよく挨拶してくれた。 顔なじみでも何でもないし、第一、引っ越してから3週間ちょっとしか…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

女子高生と出会った休日の朝は雨で始まった

引っ越してから 初めての休日、春分の日は朝から雨が降っていた。どんよりとした空から雨とはいえぬほど細かい霧雨がけぶる。 それでも9時過ぎ頃から雨も上がり、きっと最近降ったことのない雨はたちまち地面に吸収され、ロードも生乾きの状態になってきたので、引越荷物の整理は止めてランニングに出かけることとした。 湿った朝…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

切れる寒さの中、早朝のランニングハイ

大寒波襲来のこの頃、三寒四温には未だ遠く、毎日毎日ひたすら寒い。 掛け布団3枚掛けて寝ていても夜中寒さで目が覚めるときもある。ここ、30年来このような経験はない程、今年の寒さは異常なのか? それでも、毎朝、 電波時計の定刻 よりはやや遅れた時間に冷たい布団から抜け出し、ランニングを行っている。 昨日あたりは走ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪の日、霧笛が響き渡る

23日(水)は期待通り朝から雪模様。 電波時計の目覚ましで起きては見たものの、窓からの景色は天気予報通り真っ白。おまけに吹雪いていてチョー寒そう、いや、ギザ寒そう。 ベランダから見える東京湾も完全にガスっていて、航行する船の霧笛が響き渡る。 こんな日はトレーニングなんかサボって、 ヌクヌクと暖かい布団の中で朝寝するのが一番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more