今年1年の出来事

画像今年1年を振り返ってみると厄年でも何でもない年のはずなのだが意外と怪我の多い年となった。



まずは4月末の八甲田春スキー。初日のこぶ斜面でスキーのビンディングが外れて右ひざねん挫、全治1カ月程度の怪我を負ったが現在は完治。



続いて9月初旬、車でスーパーへ買い物に行った帰り、渋滞で止まりかけたときに後ろから追突され軽いむち打ち症に。
追突した犯人は居眠り運転らしく100%自分が悪いと現行犯で認めたがまだ若いくせに死神のように青白い顔つきが印象的だった。
運が悪ければ、この時に死んでいたかもしれないと思うと不思議な気持ちとなる。



鞭打ちの方はしばらくのあいだ首に痛みが残っていたが、最近はほぼ安定。念のため、相手の保険会社との示談は未だ行っていない。



そして最後は10月初旬に発症した原因不明の左足股関節から下の痛みと痺れ。交通事故の後遺症かと思って緊張したが、腰や脊椎のMRI診察や専門医の診断を受けた結果、交通事故とは直接因果関係はないとの判定であったが、足に激痛が発生するほどの事由が思い当たらず不安な日々を送ることに。



足が痛くなる前日に行ったことと言えば、いつものロードトレと ランニング、そしてスイミングしかないので、それらが原因かと疑われるのだが、毎週毎週行っているトレーニングが足に突然の激痛をもたらすとは考えにくいのである。
そしていまもってその痛みは治っておらず、激痛こそ和らいできたものの、否、慣れてきて不感症になってきたもののその代わり、鈍くてだるい痺れが左尻から股関節あたりを絶え間なく襲うのである。



発症してから3カ月が経とうとしているが一向に回復の兆しなく、医者も原因の特定ができず湿布薬を張って様子見を決め込んでいる。脊椎の第5関節が狭いのでそれが神経を刺激しているかもしれないとは言っているが、何故急にそのようなことになったのか?
原因は不明。やはり衝突事故が引き金になったとの疑念はぬぐえない。



12月初旬に下北半島に行った時、温泉の電気ぶろに入ったら左股関節の患部と思しき個所が激しく反応しものの数秒も入っていられないほどであった。しかし、湯冶のように何度も繰り返し入ることで患部の刺激となったのか、その後、幾分痛みや痺れが和らいできたような気がしているのである。近いうちに再び下北を訪れ電気ぶろ湯治を行うつもりでいる。
もちろん、酒もマグロも美味いから、それが目的でもあるが。




【楽ギフ_のし】【 サンマモルワーナリー 下北ワイン 青森スチューベン 2本セット(ルージュ/ブラッシュ) 】青森県産地ワイン送料込み・産地直送
北彩産直ショップ青森
■商品内容 720ml×2本(ルージュ:赤 / ブラッシュ:白 各1本) ■発送方法 冷蔵 ■のし対


楽天市場 by 【楽ギフ_のし】【 サンマモルワーナリー 下北ワイン 青森スチューベン 2本セット(ルージュ/ブラッシュ) 】青森県産地ワイン送料込み・産地直送 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



"今年1年の出来事" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント