ロードバイク 消耗品? 壊れる

このところ夏のように高い気温とそれにもかかわらず低湿度、ロードバイクにとっては絶好の季節。



長く厳しい冬が終わり4月から絶好のロード日和。今年は八甲田春スキーを火山噴火の恐れから断念したので、いつもの年より運動不足。その分をバイクトレで取り戻そうと必死こいているのだが、先日、坂道の不正路面に嵌って危うく転倒しそうになったがそこはベテランライダー、何とか体制立て直し転倒を免れたのであったが、繊細かつ精密部品であるバイクタイヤに異常を来してしまった。



高速でロードを快進撃中、突然、前輪から、ばーーーぁぁぁ~~~という爆発音が響き渡りチューブが破裂、タイヤロックしたのである。
その直前、交差点をユーターンしたのだが、どうやら、その時のサイドストレスが不正路面で痛めたチューブに致命傷を与えたようで、家まで1時間ほどかけてバイクを引いて帰って調べたところ、エアーチューブのサイドが約5cmに渡り切れていたのだった。タイヤやホイールは無傷にもかかわらず。



さっそく手持ちのスペアチューブに交換したが、横浜時代以来、およそ7年ぶりの交換となった。こちらに引っ越してきてからは初のチューブ交換である。手持ちのチューブはこれで無くなってしまった。



翌週の土曜日、チューブストックのために買い出しにでかけなければと思いつつバイクトレから戻ったところ、長年使っていたサングラスの柄が根元ヒンジからぽっきりと折れてしまった。このサングラスもかれこれ10年は使ったであろうか、毎土曜ごとのロードトレ、毎年の八甲田春スキーと随分と活躍したのですっかり寿命となっていたのかもしれない。



そして、これも10年は使ったかもしれないエルボープロテクターのゴムが汗ですっかり伸び切ってしまい、役立たずとなっていたのだった。


画像
そこで、怪我する前にと思いエルボープロテクターをネットで探すと、それまで使っていたローラースケート用と同じものは無かったが、それと似ていると思われるものを楽天のミリタリーショップで発見、即発注。米国HATCH製でやはりゴムひもで固定するタイプだから汗で伸びが来て寿命となってしまうだろうが安いから仕方ない。


画像
サングラスの方は実物装着しないと全く感触判らないので、近くのモンベルショップで調達。SWANSの軽量トレッキング用であるがかなりお高く、モンベルカードの割引使ってもずっしりと高い!!!



タイヤチューブは来週にでも駅前に出かけるときサイクルショップで調達することとしよう。消耗品補充、一度に固まって来るとはこれ如何に???







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • この一年を振り返って

    Excerpt: 12月27日(日)、山里に遅い初雪が降った。そしてこの日は今年の泳ぎ納めの日でもあった。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2015-12-28 18:21