秋の大掃除

掃除と言うものがこの世に存在しなければどんなに気が楽かと常日ごろ思っているのだが、生きている限りその呪縛からは逃れられない。



通常の生活の中で掃除を要するものを列挙してみると、

1. 部屋の掃除
2. トイレの掃除
3. 風呂の掃除
4. 車の掃除
5. エアコンの掃除
6. 扇風機の掃除
7. 洗濯機の掃除
8. ベランダの窓ふきと掃除

一軒家であれば更に庭掃除などと云うものも付け加わるのであろうが、ここはマンションであるからしてそこまでの心配はないが、数え上げればきりがない。



そもそも引っ越しするに当たって、老後、庭掃除することで体力や時間を浪費することは避けたいとの思いからわざわざマンションを選んだくらいだから、その掃除嫌いは徹底しているのである。



ここが新興国で人件費が安ければメイドを雇って掃除を任せられるのだが、生憎とこの国ではそのようなことをすると大金が飛んでしまう。止むなく、貴重な時間を費やしてセッセと掃除に汗水流さなければならないのである。



その中でも酷く大変なのがベランダの窓ふきと掃除なのだ。なにせ、窓面積が大きくてベランダは南と西に二つもあるから、いざ、その掃除を行おうと云う気力を奮い立たせても、それに要する時間たるや半端なものではないのである。2年前の年末に掃除したときには、なんと丸二日も掛ってしまった。
もちろん、一日中掃除しているわけではなく、午後の数時間をそれに充てるわけだが、一面のベランダ掃除だけで数時間はかかってしまったので、二日にまたがらざるを得なかった次第である。



このところ、ガラス窓や網戸の汚れ酷く、夏に蜂の子ハッチが飛んで来たときにムービー撮影した際にも、その汚れが見事に記録されてしまった。おまけに原発事故で放射能も降り積もっているだろうから、ベランダを一気に水洗いしたいと思っていたのだった。


画像
ホームセンターへ出かけ、水洗に使えるタカギのコネクタ式20mホースと水の出るスポンジを購入。掃除一つにせよ投資が必要なのであるが、その効果如何に?



良く晴れた秋の日、南側ベランダに付いているシンクに20mホースを接続、勢いよく水を出して窓ガラス6面を水スポンジで洗う。そして、網戸2面も同様に洗う。ついで、ベランダ周りの塀上半分がガラスになっているので、その内側と外側も同様に洗い、最後にベランダ床にジェット水を吹き付けてゴミ塵と一緒に放射能を洗い落とした。


画像
ここまでおおよそ1時間。



2年前の年末に掃除したときは、スーパーで窓掃除用のフェルトとゴム製一体型スイーパーを購入して使ってみたのだが、時間は掛るは、腰や腕に不自然な力は掛るはで、えらい大変な目に遭い時間も数時間要してしまった。



それと比べると、水スポンジは圧倒的に楽!!!
掃除の生産性5倍以上で、投資効果抜群の結果となったのである。



勢いに乗り、西側のベランダも掃除。窓ガラス9面、網戸4面とベランダ周りの塀上半分のガラス内側外側を一気に洗ってしまった。南側ベランダと合わせてトータル2時間余り。この間、水道水はほぼ流しっぱなしとなり相当な料金になったと思われるが、従来であれば2日要した掃除が2時間余りで済んでしまったことを思えば、なんと効率的なことか!!!



さあ~~~、これで憂鬱な窓の汚れから解放され、明日からは晴れ晴れとした秋の日差しを窓いっぱいに受けることができるのである。そして、気になっていた放射能汚染も洗い落したと思えば、それは、なんと素敵な2時間の大掃除だったのであろう。





オールインワン収納 タカギ オーロラNANO【30m】 RM330FJ  ブルー
アークランド楽天市場ショップ
品名 コンパクト ホースリール AURORA nano 【30m】  品番 RM330FJ 仕様 ・


楽天市場 by オールインワン収納 タカギ オーロラNANO【30m】 RM330FJ  ブルー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 生態系の異変?

    Excerpt: 数年ぶりにベランダを丸ごと水洗いし、ついでに除染したであろう後、湿度が高い朝はご覧のようにガラスが結露する。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2011-12-15 19:32
  • 夏はベランダ洗い

    Excerpt: 先日、自主的夏休みを取っているあいだ、ベランダの水洗いを行った。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2012-08-09 17:31