バイクシューズのクリート交換

最近、ロードバイクシューズのツークランプが甘くなってきて、そろそろクリート交換が必要と思っていた。



前回交換したのは、既に記憶も曖昧な数年も前のことなので、相当にクリートが摩耗しているはずであったし、実際、目で見ても先端が酷く削れているのであった。



画像
近頃のバイクシューズは構造が進化していてこのようなクリートを使わないシステムに変わっているのかもしれないが、なにせ、こいつはバイクも含めて15年物のビンテージなのだ。だから、しょっちゅう、心を入れて手入れしてやらないとご機嫌がよろしくない。



SIDIのバイクシューズからLookのクリートを外して、ついでにシューズも数年ぶりに洗濯した。



画像
新しいクリートはいよいよこれが手持ち最後となるLookの赤。これが摩耗してしまうと残りは使えるかどうかわからないLookの黒しかなくなってしまう。今回、交換することによって2年間はもつだろうが、問題はそのあとだ。





画像
新旧のクリート比較。先端の摩耗が酷いうえ、左側のクリートは一部欠けが見られる。ツーペダルとシューズをクランプする際、足の運動に合わせて勘合部が激しく摩耗するからシューズ側のクリートを柔らかい素材で造りツーペダルの金属クランプを保護するようにしているのだ。




画像
新しいクリートをシューズに取り付ける。シューズにはゲージが刻まれているから、それにクリートの底部を合わせて左右の位置決めを行って完成。クリートを取り付けたシューズはご覧のように前上がりとなるので、これを履いて走ったり長く歩くことはできない。あくまでもロードバイク専用である。



2年後、バイクやシューズは17年物となるからさすがに寿命が尽きるだろう。既に、チェーンディレイラーの不調やハブベアリングの異音に悩まされているので、そろそろ更改の時期が近付いている。






LOOK(ルック) Keo クリート
サイクルショップ バイクキング
商品説明Keoシリーズ専用のクリートセットです。シリコンとポリアミドの複合素材を使用し、スムーズなフ


楽天市場 by LOOK(ルック) Keo クリート の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック