初夏のノンストップロード

初夏を思わせる土曜日、地中海性気候のように湿度低く気温高い



八甲田春スキービデオ編集に 忙殺している中、朝の陽光は沈んだ精神を2週間ぶりのロードトレに誘う。そして、その爽やかな空気は新しい道を試してみようという勇気を与えた。


画像
それは、いつものアップダウン激しい道の途中に、最近できた舗装も真新しい産業道路なのだが、リーマンショック以来、限りなく続く不況をものともせず、東京○○○○ロンの半導体製造装置最新工場が起工することになった。



走ってみて直ぐに分かったことは、山を切り崩した造成地の周辺を巡る産業道路がロードトレにはうってつけで、一周10km程度の周回路を左回りに走り交差点で信号無視するとノンストップで何周でもできるという理想的コースとなっていた。



その新しい道を走りながら思ったこと、それは、以前住んでいた横浜と同じ環境に近付いているという 不思議な相似形



横浜の時も、それは海岸の埋め立て地にできた団地だったのだが、海寄りには都市計画で造られた工業団地があり、升目のように整然と区切られた産業道路が 土日ごとのロードトレにうってつけだった。



こちらに引っ越してから、ロードトレだけは横浜時代のようにはいかないと残念に思っていたのだが、新しくできた道はその無念を払しょくし、従前と変わらぬトレーニングを約束してくれるに違いない。



ただ一つ違いがあるとすれば、横浜時代は平坦路のてれてれ道路だったが、こちらの新しくできた産業道路を周回するコースには厳しく長い登りが一か所あり、それは18段ギアのロー側下から5段目のギアを要求するのだった。



心臓破りの坂を一体、何周できるだろうか?
未知の不安はときとして繊細な意欲を削ぐものだが、初夏を思わせる快適な暑さが意識を錯覚させ、それは、苦痛を伴いながらも汗吹き出す快感となるのであった。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック