真冬の高速ドライブ 那須高原に降る雪

前回からの続き
国見SAを出発すると霧はますます濃くなり、視界は100mほどにも低下してきた。



曲がりくねった山岳道路なので元々見通しが悪い上、この霧で更に視界が遮られ先を行く車の影も霞んでくる。安全確保のため、真昼にも拘わらずライトとフォグを点灯し、そして、後ろからの追突を防止するため高速道路で初めてリアフォグを点灯した。ライト全開運転である。



深い霧の中、雪が降ることはなかったが時々弱い雨がフロントウィンド-を濡らす。いくつかのトンネルを抜け南へ南へと向かっても一向に霧が晴れる気配はなく、運転の最中、あまりの単調さに頭脳の半分がよからぬ妄想を始めてしまった。



それは、交渉毎のように対応してしまった車の買い換えで、きっと気持ちのどこかが満足していなかったのだろう。仕事と同じようにコスト・フォー・バリューとして条件交渉すべきことであったのだろうかと煩悶するのであった。本来であれば趣味の領域に属することであるから、それは強い情熱の元、初志貫徹すべきではなかったかと苛むのであった。



もう10年も若ったら、確かにそうしたかも知れない。我を忘れて、あらゆるリスクを恐れず、暴走も厭わなかったであろう。しかし、もはや、そのような情熱を燃焼させ、輝くばかりの欲望に酔いしれ、唯一無二の自我の世界に溺れる勇気は失ってしまった。


画像
年齢を重ねることは情熱を失うことであり平々凡々と世過がを送ることである、などと霧の中で考えているうち、車は那須高原SAに到着した。およそ200kmほどのロングランとなったのである。ドアを開け外に出てみると、那須高原SAは除雪の跡が残り、空からはチラチラと小雪が舞い降りていたのであった。



次回へ続く







天明ブランドの中で当店人気No,1!準定番商品の純米吟醸生酒!季節により変わる味わいも面白い!福島県 曙酒造 天明【てんめい】 純米吟醸 無濾過本生 1800ml 【1101pt】
地酒・焼酎の「小野酒店」
天明ブランド当店人気No,1!準定番の純米吟醸生酒!食中酒にピッタリ!天明のラベルはそれぞれの味わい


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 真冬の高速ドライブ 北の温室暮らし

    Excerpt: 前回からの続き: ナビの指示に従い、料金最安ルートよりは¥300円多く支払って佐野藤岡ICで下りると、国道の工事渋滞が新年早々始まっていて、結局の処、目的地には相当に遅れて到着することとなった。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2010-02-02 21:05