F1開幕戦を見て

日曜は朝からプールへ行き、いつものように 5クオーター 泳いできた。そして、プールの後はお楽しみのランチビール。勢いよく、グッと渇いた喉に流し込んだ。

画像




夕方、家に戻り、夕飯を食いながら勿論酒も飲みながら、録画しておいたF1中継を見る。昨年、引っ越しして初めて判ったことなのだが、このマンションの共聴システムでは CSの第2衛星が受信できなかったのだ。そのことの意味するところは、フジテレビの衛星チャンネルが受信できないと云うことであり、而してF1リアルタイム中継も見ることができないと云うことであった。やむなく、地上波の編集ものを1年間悲しい気持ちで見ていたが、今年は デジタルテレビに買い換えたし、おかげでe2のハイビジョン映像でF1リアルタイム中継を楽しむことができるようになった。



迫力満点の超リアル映像で開幕戦に見入ったわけだが、その結果は既にお判りのようにブラウンレーシングのバトンとバリチェロの1-2フィニッシュ。



昨年まではホンダファクトリーのBARと呼ばれていたチームであるが、金融危機の影響でホンダは早々と撤退を決めてしまった。そして、今年用に開発したマシン含めてチーム毎、マネージャーのブラウン氏に売却してしまったのである。



3度目のF1参入でこの参入期間では未だ一度も優勝したことのないホンダが撤退した途端に、その後継チームが悲願の初優勝を遂げるとは何と皮肉なことか。エンジンは死したホンダ製ではなくメルセデス製に装換されていたので、優勝に貢献した半分はメルセデスということになるのだが。



F1を主催する欧州世界の人々はこの出来事をどのように見ているのであろうか。
かつて、ある雑誌でF1はハレとケの世界であると断じた記事を読んだ記憶が甦ってきた。ハレとはお祭り騒ぎのことであり、ケとはそのことを理解できない虚けどもが狂気の沙汰で頑張ることである。



F1の歴史はそれほど長くはないはずだが、そもそも自動車が発明されてから未だ150年ほどしか経っていないから、レースの歴史など遙かに短くて当然のことではある。しかし、その発祥地たる欧州の人々は過去、2回の世界大戦を挟みその前後に襲いかかった世界大恐慌に怯えながらも、それら幾多の困難を乗り越え、連綿とF1の血筋を守ってきた。近年でこそ、オイルマネーやジャパンマネー(といわれた時期もあった)を当てにしてサーカスのように世界各国を転戦しているのだが、元々は競馬と同じように欧州域内でのお金持ち達の社交スポーツだったのである。



その精神に根ざしその文化維持に情熱を傾けている欧州メーカーは今回の金融危機の影響を受けても一社たりとも撤退をしなかった。撤退は唯一、日本のホンダのみ。それどころか、彼らは、このような困難な時代であるからこそF1継続をより一層切望し、メルセデスなど門外不出のエンジンを弱小チームに供与したのである。



この彼我の違いは大きいと云わざるを得ない。そのことを理解せず、経済的理由のみで参入撤退を繰り返すメーカーは如何なものかと思ってしまう。そのようなところに限ってシャカリキに技術開発し、それまで微妙なバランスの上に成り立っていた伝統的チーム間の競争力を尽く破壊してしまうのだ。その結果が、度重なるレギュレーション変更である。勝てないチームにもチャンスを与える、欧州チームが勝たなければスポンサーが逃げてしまう、それがハレを旨とするF1社会の暗黙の仕来りと云えよう。



大夫昔のことではあるが、とある筋からの招待でバルセロナGPを観戦したことがあった。マクラーレンホンダの2階スポンサー席に陣どり、眼前を走り去るマシンを轟音の中で観戦するのだが、そこは良くしたもので、フレンチのフルコースが提供されるのである。レース本番の日、ワインを飲みながらチームお抱えのシェフが作るフレンチに舌鼓を打ち、この世のものとは思えないマシンの轟音に酔いしれる、浮き世の世界がそこにはあった。



歓喜と熱狂の内にレースは終了し、ドライバーのマンセルが2階スポンサー席に現れてスピンした理由を興奮した面持ちで説明してくれる。いくつかの質問を交えながらの応援者との歓談、F1とはこのような社交的競技であり、それはハレを旨とし、決してケを見せてはならない成熟した文化なのである。







BMW Sauber F1 ロバート・クビサ CAP 2009 ネイビー(BMWザウバー Robert Kubica キャップ NV)
モノコレ
BMW ザウバー F1 TEAM ロバート・クビカ(クビサ)キャップサイズ:フリー(58cm)F1 


楽天市場 by ウェブリブログ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 連休中にSDカード当たっていました

    Excerpt: テレビを薄型に買い換えた後、F1中継を ハイヴィジョンで録画するためにBDレコーダーを早速に買い求めていた。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2009-05-08 21:03
  • ホヤの季節と韓国ドラマ

    Excerpt: これは連休前にヨドバシまでBD-ROMを買いに行ったときのことである。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2009-05-12 22:12
  • 秋日和の牡蛎と韓ドラ

    Excerpt: 先週金曜日は秋晴れの絶好日、久しぶりに市街中心部に出てみた。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2009-10-26 21:34