鶴が旅立つ朝

昨日の雪がすっかり消えた朝、手足と臀部の傷も 大夫癒えてきたので早朝ランニングへ出かけた。

画像




この時期になると太陽の陽射しも強くなり、多少の積雪ならその日の内に消えてしまう。夜間の冷え込みは相変わらず厳しく、濡れた路面の凍結は続いているのだが、乾燥してしまえば凍結の心配もない。ランニングシューズも夏用の軽量シューズへと切り替えていた。



プールの後で入ったお風呂で、何故、貧血を起こしてしまったのか その原因を考えながら走っていたのだが、はっきりとは分からなかった。ドライサウナの後、いつもなら温めのシャワーを浴びて体温調節するのだが、その日の気温が高かった所為で、冷たい水シャワーを浴びて急激に体を冷やしたことが原因ではないかと思うのだが、確たることは分からない。



昨年まで横浜にいた時、やはり、ドライサウナのあと冷たい水風呂に入り 手足の痺れも感じなくなり意識も薄れる仮死状態の直前までがんばった後に、熱い湯船に飛び込み手足を伸ばして寝転がりホッとしていると、その浅い湯船にもかかわらず、腹部を圧迫する水圧に押し潰されそうな感覚を覚えたものだった。そして、湯船から立ち上がろうとしたときに、クラクラと貧血気味になることが何度かあった。



このときは、冷たい水風呂に入ったことで仮死に近い状態となることから脈拍が遅くなり血圧も下がった所為ではないかと思っていた。そのあと、熱いお風呂に入っても容易には脈拍の回復に合わせて血圧も高くはならないのであろう。
それと、同じことが起こったのだろうか、水風呂と水シャワーの違いはあるが身体の防衛信号を起動することに違いはあるまい。それに、やはり、お風呂の中で腹部に水圧を感じ押し潰されそうになる感覚も覚えた。



などと、考えながらランニングをし、いつものストレッチポイントへやってくると、晴れ上がった青空からクァ~クァ~と鳴き声が聞こえてきたので、その空を見上げると、頸がスッと長く伸びた 白い鶴が 5羽6羽と雁行を為し、西の方向へ飛んで行くのだった。



2月も中旬の頃、鶴は早くも冬の終わりの旅立ちへと勤しみ、シベリアへの長い旅路へ向かうのだった。





モンベル (mont-bell) ウイックロン.ウール ラガーセーター 1106270 送料無料
Sportsman 楽天市場支店
ウイックロンの吸水拡散性とウールの暖かさを併せ持ったセーターです。ごわごわ感がなく軽快で、長い間着続


楽天市場 by ウェブリブログ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック