木枯らしのロードレーサー

11月1日は土曜日、朝から良く晴れていたが北風が強く吹き荒れ、木枯らし1号かと思うほどだった。しかし、気温の低下はそれほどでもなく、ぎりぎり半袖サイクルジャージーでもいけそう。



いつものコースを 北に向かい走り出すが、アゲインストの風が行く手を阻む。パドルシフトを操り、いつもよりはローギアで進むしかないが、時折、風が強く吹き、それがハンドルをぶれさせるので真っ直ぐ走ることが出来ない。直ぐ脇を車が通りすぎるから接触しないよう細心の注意が必要だが、後ろから来る車も風の強い日にはロードレーサーが走っていたら十分に注意して欲しい。突風により、突然進路が乱れがちになるからだ。



漸くの思いで上りが終わり下りの緩斜面に入っても、今日は強い向かい風が走行抵抗となり、ペダルを漕ぐ足を休めることが出来ない。いつもなら、重力の勢いを借りて下りは絶好の足休めポイントとなるはずが、吹き上げる風に逆らい必死にペダルを漕がなければ勢いよく下ることも出来ない。サイクルメットの隙間から北風が容赦なく吹き込み、頭を冷やすと同時に頭蓋骨の血管も収縮させる。あ~ぁ、血圧、血圧が上がる と思うが、自然の力には逆らえず、とにかく所定のロードをこなすより手だてはなかった。

画像




いつもの給水ポイントで持参したペットボトルのお茶を飲む。バックの丘陵が綺麗に草刈りされて整備されているのがお分かりだろうか?
2週間前には草茫々であったが、どうやら、冬を前に芝の手入れが行われたようだ。この街一帯がいつも芝を刈るチェインソーの音で賑わっているのだが、その度に紫蘇のような紫の匂いが立ちこめ、解毒の芳香を嗅いだように気分爽快となるのである。とにかく、感心するほど手入れ行き届いた街並となっていることに、その環境維持の真摯さ に脱帽するのであった。



往復する帰りのコースは北風がフォーローの風となり、いつもよりはハイギアを選んで楽に進むことが出来た。風に舞う落ち葉がブレーキシューとリムの間に挟まり、キューキューと擦り音を上げる。これから、冬を迎えるにあたり、毎回、このようなロードになるかと思うと憂鬱になってくるが、何より寒さ対策が必要だろう。横浜よりは気温が5℃以上は低いだろうから。





非常に使いやすいトレイルランニングザック【送料無料】グレゴリールーファス フレームオレンジ
信州トレイルマウンテン
グレゴリー・ルーファス 日本のトップトレイルランナー石川弘樹氏とグレゴリーが共同開発したバッグです。


楽天市場 by ウェブリブログ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 氷点下1℃のランニング

    Excerpt: 昨夜からの雨はすっかり上がり、冬晴れの清々しい朝、早朝ランニングへと出かけた。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2008-12-23 20:12
  • 魔界の金曜日  雪降る中のスイミング納め

    Excerpt: 前回からの続き: 【最初から読む】 【最初のあらすじを読む】 【2回目のあらすじを読む】 朝から雪が降り続く日曜日、辺り一面銀世界の中を今年最後のスイミングへと出かけた。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2008-12-29 21:45
  • シーレの枯れ木が待ち望むもの

    Excerpt: このところの冬型高気圧の影響で昨夜の気温も氷点下3℃。朝の路面はご覧のように凍結し、その上に粉雪がうっすらと降り積もる危険な状態。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2009-01-16 21:47
  • 春一番が吹いた日

    Excerpt: 昨夜からの雨が上がり強風が吹き荒れる土曜日、気温も上昇し春一番となった。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2009-02-14 20:33
  • 秋晴れのロード

    Excerpt: 先週土曜日は朝からよく晴れ上がり、絶好の秋日和。いつものようにバイクをロードへ漕ぎ出した。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2009-11-12 19:02
  • この季節のトレーニングウェア

    Excerpt: 夏の猛暑が尾を引いている今年、11月に入っても気温が高めに推移しロードバイクトレーニングは夏もの半そでトレーナーと短パンで済ませていたが、さすがに少しずつ寒さを覚えるようになって来た。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2010-11-23 17:14