シーレの娘たちとアルファのタクシー  その1

何度目かのビエンナを訪れたある夏、トゥルンにあるエゴン・シーレ記念館に出かけたことがある。


エゴン・シーレはグスタフ・クリムトと共にビエンナを代表する画家であるが、彼らの生きた19世紀末の貧困とファシズムと世紀末思想に溢れたその絵には、吾人の誰も真似できない神秘の世界がある。


シーレ(1890~1918)は短命であったため、世に残した絵画は数少なく、いまや、その価値は値段のつけようのないものとなっている。その貴重な絵の何点かは、レオポルド美術館とウィーン市立歴史博物館、それにベルヴェデーレ離宮で観ることができる。


ビエンナ訪問の度にそれら美術館を毎回のように観てはいたのだが、シーレ生誕の地がほど近いトゥルンという町であり、そこに記念館があると言うことを知ってから、機会があれば訪ねてみたいと思っていた。

画像



トゥルンへ行くには、地下鉄Uバーンのハイリゲンシュタット駅でR40号線に乗り換え、トゥルンシュタット駅で降りる。要する時間は各停で約45分、料金は4.5ユーロである。


トゥルンへ着き、早速、町の中心部にあるインフォメーションオフィスへ向かう。シーレ記念館の場所を教えてもらおうと思って。


応対してくれた白髪のおばあさんは、60歳は優に超えている感じで、突然の東洋人の訪問に驚いたのか、会話の途中からドイツ語となり、こちらの英語を理解してもらえないまま、貰った地図だけを片手にオフィスを出ることとなってしまった。


やむなく、ドイツ語で書かれた地図上のMマークを頼りにシーレ記念館を探し、周辺を歩く。
昼下がりの町の中をうろうろと歩き回っていたとき、面白いものを見つけた。



紅いアルファ147のタクシーだ。アルファがタクシーなんてと思ってしげしげと観察するが、紛れもなくそれはアルファであり、且つ、屋根の上にはタクシーの標識灯が付いている。


そもそも、アルファロメオはイタリアでは格式の高い車として知られ、少なくともイタリア国内ではタクシーとして使われているのを見たことがない。イタリア人にしてみると、フェラーリのタクシーが存在しないのと同じことだ。


それが、どうしたことか、ここトゥルンでは、タクシーとして存在している。かなり驚き、好奇心も湧いて、車の後ろに回ってみる。


すると、更にビックリ!!
紅いボディの下から黒く塗られたマフラーがスコーピオンテールのように反り返って出ているではないか!!!



思わず、笑ってしまった。そのマニアックさに!
よっぽど、好き者のタクシー屋が改造したに違いないと。

日本では道交法上、絶対許可されそうもないほど、それは刺激的で、且つ、威嚇的、そしてジョークに富んでいるアルファであった。


と、同時に、アルファを愛するオーストリー人がタクシー商売に使う懺悔の念を込めてスコーピオンテールを奢ってやったのか、と勝手に想像する。
きっと、一時もアルファから離れられないオタク運ちゃんなんだろう、と。



次号へ続く




エゴン・シーレ 魂の裸像 (ART&WORdS)
二玄社
エゴン シーレ

ユーザレビュー:
心に直撃!!青春の痛 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • アルファロメオ147 ALFAROMEO147 (アルファロメオ)

    Excerpt: 「アルファロメオ147 ALFAROMEO147 (アルファロメオ)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてくだ... Weblog: クルマ選び口コミ情報サイト:ブログでbuu! racked: 2007-11-06 23:53
  • ΩΩΩ ブログ開始から半年経過 ΩΩΩ

    Excerpt: 14日でブログ開始から丁度半年経過。 その間、たいして記事をアップ出来なかったし、肝心かなめの八甲田春スキーに関することは時期的にほとんど掲載出来なかった。その代わり半数以上を占めたのが酒と旅行と日.. Weblog: さよならの八甲田 racked: 2007-12-13 18:04
  • ΩΩΩ ブログ開始から半年経過 トラックバックとコメント ΩΩΩ

    Excerpt: 初めてトラックバックを貰った記事は、ブログ開始から1ヶ月以上経過した頃の記事 リカのポケットは不思議の紅マグロ であった。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2007-12-16 18:09
  • ΩΩΩ ブログ開始から1年経過 ΩΩΩ

    Excerpt: 6月14日でブログ開始から丁度1年目。この日、大地震が発生したため、1年間の総括をしようと思っていたのが遅れてしまった。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2008-06-17 19:21
  • ΩΩΩ ブログ開始から1年半経過 ΩΩΩ

    Excerpt: 12月14日でブログ開始から1年半経過。その間の総括である。マイナーブログなので、そもそもヒット件数は期待できないし、俗にヒット件数の半分は自分自身とも云われているので、ほとんど当てに出来ない可能性の.. Weblog: さよならの八甲田 racked: 2008-12-15 21:32
  • ΩΩΩ ブログ開始から2年経過 ΩΩΩ

    Excerpt: 6月14日でブログ開始から2年経過。その間の総括であるが、最近やや飽きがきているところである。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2009-06-19 20:43