テーマ:

真冬の高速ドライブ ミッシングインターチェンジ

前回からの続き: 那須高原SAを出発すると山岳路は終了し、あとは平らな関東平野を一気に駆け下りるだけだ。それまで霧が出ていて小雪混じりだった天候も回復し冬の青空が見えてきた。 国見SAで給油してからの燃費はリッター18kmと最良の値を示していた。東北道は北に行くほど標高が上がり緩い勾配が付いているので、北から南へ向かうと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真冬の高速ドライブ 那須高原に降る雪

前回からの続き: 国見SAを出発すると霧はますます濃くなり、視界は100mほどにも低下してきた。 曲がりくねった山岳道路なので元々見通しが悪い上、この霧で更に視界が遮られ先を行く車の影も霞んでくる。安全確保のため、真昼にも拘わらずライトとフォグを点灯し、そして、後ろからの追突を防止するため高速道路で初めてリアフォグを点灯…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

真冬の高速ドライブ 国見峠の怪

前回からの続き: 菅生PAを出発し南下を続けるうち、天候が次第に怪しくなり、路面がチョークの粉をばらまいたように白く汚れだした。 どうやら、この汚れは融雪剤によるもののようで、雪を溶かした残渣が路面にへばり付いているものと思われた。このあたりの山岳地帯は雪深い地域で、高速道路の中央分離帯や側壁には白い残雪が目立つようにな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

真冬の高速ドライブ 出発の朝

1月7日、元旦から吹き荒れた真冬の嵐が過ぎ去ろうとする日、高速ドライブへと 出かけた。 朝の気温は氷点下、快晴の空模様が新年早々のドライブを祝福することになるのか、それとも冬の嵐がその爪痕の影響を見せつけようとするのか、こればかりは行ってみなければ分からない。 気温の上昇を待って、午前10時前に車のエンジン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新雪のランニング

昨日の雪は 夕方には降り止み大雪もこれまでかと思われたのだが、今朝起きてみると、明け方から再び降り始めた雪があたり一面を新雪のベールに覆い尽くしていた。 日本海側で12月としては記録的な大雪が降り続いているようだが、その雪雲が アイガー北壁を 越えて流れ込んで来たようだ。この様子ではもう暫く雪が降り続くかもしれないと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一夜明けて白銀の世界

気温がやけに低いと思っていたところ、昨夜から 雪が降り出し、一夜明けた朝は白銀の世界。南に続く丘陵もすっかり雪化粧となった。 雪が積もっても朝のランニングに出かけたのだが、さすがに道路はスリップしやすいだろうと思い、今日は スタッドレスシューズに履き替えた。この効果はてきめんで、積雪3cmほどの雪を踏みしめても足下が…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

Zの金団雲

太陽が西の稜線に沈んだ頃、金団運が現れた。 Z4のロゴにそっくりなそれは、まるで高性能なスポーツカーのように紅く染まる夕空を飛んでいく。 もしもし、孫悟空は乗っているのかい? もしもし、三蔵法師を探しているのかい? もしもし、わたしもつれていって欲しいのだけれど? 京城スキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2009年八甲田春スキー物語  十和田湖巡り

前回からの続き: 強い南風が吹き荒れ始発からロープウェイが運休してしまったので最終日の滑走を諦めざるを得なかった我々は、急遽、十和田湖巡りへと予定を変えることとなった。 その気になれば、風の強い日でも動いているリフトに乗り ゲレンデスキーを楽しむことも出来たのだが、雄大な山岳スキーを体験したあとでは、如何にもそれはつまら…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

2009年八甲田春スキー物語  北緯40°40′へのドライブ

前回からの続き: 早朝の太陽が真横から光を射るなか東北道を北上するが、それはドライブする眼にはそれほど邪魔になるものではなかった。春の朝日は光が弱々しく、明け方の原野に霞のような陽炎を昇らせるのだった。 気温はなかなか上昇せず、車載の外気温計は4℃を指したままだった。処によってはその表示がフラッシュし、3℃にまで低下する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2009年八甲田春スキー物語  出発の朝

4月29日早朝、朝の冷え込みは厳しく、昇り掛けた朝日に照らされて吐く息が白く輝くなか、午前5時30分に車のエンジンキーを捻った。いや、正確にはエンジンスタートボタンを押したというほうが正しい。近頃の車はキーレスエントリーになっていることからエンジン始動もボタンを押すだけの味気ない所作なのだ。 温度計が指し示す外気…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

何故これにしたのかのワケ

テレビを薄型に買い換えた後、レコーダーも最新式のBDレコーダーに買い換えることにしたのだが、テレビと同じメーカーのものという訳にはいかなかった。 いまどきのレコーダーではHDD搭載は当たり前として、アウトプット媒体としてDVDで我慢するかBDまで手を伸ばすべきかだが、将来のことを考えるとやはりBDは必須条件となる。そして搭…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

明日から八甲田春スキー

連休の始まる明日から八甲田行きである。 一昨日、荒れた天候の所為で気温が下がり八甲田は積雪20cmを記録。青森市内も満開の桜の上に雪が積もったとニュースで騒いでいた。今年は車で行くことにしていたのだが、3月下旬から4月上旬に掛けて好天候が続いたことから、とっくに夏タイヤに交換してしまったので、スタッドレスに戻さないといけな…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

タイヤの記録

今日の八甲田の気温は 八甲田ロープウェー情報 によると山麓15℃、山頂8℃とひどく暖かい。視界も良好のようである。 冬のスタッドレスタイヤを先週、夏タイヤに交換したのは、このような気温の上昇とこの先も寒の戻りは少ないだろうという予想からである。 結局の処、スタッドレスを履いた期間は 昨年の12月上旬から 今年…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ロードに絶好の気候は悩める季節でもある

4月11日土曜日、桜の花が漸く満開になった頃、気温はグングン上昇し26℃を越える夏日となった。一方、湿度は低くカラリと乾燥した地中海性気候を思わせる。 2週間ぶりのバイクは 前回までの冬の重ね着を捨て、半袖のバイクトレーナーと膝までのバイクタイツに着替えて、春風の吹くロードへと出かける。強い南風は往きのフォローとなるが復り…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

春のドライブ その2

前回からの続き: 4月5日の日曜日、栃木での用事を済ませ帰途につく。出発した時間は11時20分頃か、家に着いてから聞いたところでは、私の車がちょうど出発した直後、北朝鮮のテポドン2が発射されたとのことだった。そうとはつゆ知らず、春うらら桜満開の栃木路を快適にドライブしていたのだった。 今日は日曜なので高速は何処まで乗って…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

春のドライブ

4月3日の金曜日、午前10時頃東北道に乗り南下開始。快晴の空模様は快適なドライブを予感させた。 まだスタッドレスタイヤを履いたままなので、路面温度には気を遣う。車載コンピュータが表示する外気温は13℃~14℃と春の強い陽射しにも拘わらず安定しているので、やや安心したのだが、路面温度表示でないところが残念なところ。これが、以…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

スタッドレスドライブ

3月に入って夏のように暑くなったり元の寒さに戻ったりと天候の変化が激しいなか、良く晴れた土曜の朝、久しぶりにドライブへ出かけた。 ロングドライブは 昨年の10月以来、ほぼ5ヶ月ぶりのこと。決してドライブが嫌いなわけではないのだが、ずいぶんと間が空いてしまった理由は、その間、天候が思わしくなかったの一言に尽きる。昨年は10月…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

再び三寒四温の日は、遅刻より安全第一

今週2度目の雪が降り、ご覧のように積雪10cm強。晴れたり雪が降ったりの周期が早くなり、季節の変わり目が近いことを感じさせる。 昨夜真夜中から降り始めた雪は今日の昼頃まで降り続き、辺り一面を雪野原と化した。しかし、午後から雪は止み陽射しも出てきたので、道路の暖かさもあり、車道の雪が溶け始めた。 車が沢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魔界の金曜日  3日3晩降り続く大雪

前回からの続き: 【最初から読む】 【最初のあらすじを読む】 【2回目のあらすじを読む】 12月26日から降り始めた雪は、3日3晩降り続く大雪となった。樺太沖合に停滞した爆弾低気圧が寒冷な大陸性高気圧を呼び込み、典型的な冬型気圧配置となったのである。 北国では冬の1月や2月に吹く強い西風や北風を ヤマセと呼び、ひと…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

凍結のクリスマス

昨日の夕方から降り始めた雪は雨に変わり、夜の冷え込みと伴に路面の凍結が始まったようだ。 翌朝、車が通るたびにシャリシャリという音に目が覚め、いつもとは異なる雰囲気に心が騒いだが、ランニングのために外に出てみると、駐車場一面に氷が張っていた。 ランニングシューズもつるつると滑り、走るどころかまともに歩くことさえ…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

雪の翌日

昨日からの続き: 朝起きてみると、快晴の空模様。昨日は一面雪景色だったが、今日は青空が拡がり眩しいほどの緑が甦っている。 早朝ランニングのために外へ出てみると、今年一番の冷え込み。芝が白っぽく凍りついているのだった。車に付いた夜露も屋根の上からボンネット、ウインドスクリーンまで真っ白に凍りついている。塗装への影響…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全国的に雪が降った日

12月7日の日曜日、朝起きて外を見ると、ご覧のような雪景色。今シーズン2度目の積雪である。昨夜は雨模様であったが夜の内に雪に変わったのだろうか、西日本に大雪をもたらした大陸性高気圧がこちらにも張り出してきた。 いつものように スイミングに出かける ために外へ出ると、車の上にも乾燥した雪が3cmほど積もっていて、空か…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

魔界の金曜日  雪降ってます

前回からの続き: 【最初から読む】 【あらすじを読む】 朝起きると、薄暗い部屋のなかでカーテンの隙間から漏れる光がいつもより白っぽく見えた。もしやと思いカーテンを開けてみると外は一面の雪景色。 昨夜からの寒気の張り出しが 本格的な雪をもたらしたようだ。11月にこれだけの積雪を見たことは子供の時以来ではないだろ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

秋の八幡平とウニ丼

いままで乗っていた車の車検が9月下旬で切れたあと、漸く新しい車が先週末に納車されて来たので、早速、慣らし運転を兼ねて秋の八幡平へとドライブに出かけた。 10月13日(月)は体育の日の祝日にして絶好の秋日和。おまけに3連休の最終日ともなっているので行楽地などとっくに賑わいも終わり閑散としているだろうという読みだった。もっとも…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

黄砂の道  北国の風

前回からの続き: 東北道を北に上り、一路、北上ジャンクションを目指す。今日は9月12日金曜日、天候は快晴、絶好のドライブ日和となった。 この週は比較的天候が安定しており、それまでは秋雨前線の影響で大荒れの日が続いていたのだが、女心と秋の空と謂われるように何時また荒れ模様の天候に戻るとも限らず、出かけるなら、少しでも安定し…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

蔵王山頂からのダウンヒル

翌日、宿を後にして蔵王山頂にあるお釜を目指した。朝方、山の天候を確認したところ、うっすらと雲が掛かっていたが崩れる心配は無さそうである。 夏の蔵王はもしかすると初めて来たかも知れない。それまでは 6月の梅雨入りとか、10月秋めく手前の頃とか、比較的オフシーズンを狙って訪れていたのだった。しかし、大抵は天候が思わしくなく、梅…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

5月のドライブと愚者に降る俄雨

昨日はディーラーから車を借りて高速ドライブへと出かけてきた。何故、車を借りたのかという込み入ったことは公には出来ないのだが、今年、車検が迫っている と言えば、事情は察しが付くことと思う。 引っ越ししてから、こちらを拠点としての行きたいところは数々あるのだが、横浜時代には絶対に1泊2日では辿り着けないところを目指して出かけた…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

運転免許更新に行く

今日は雨模様の中、3年ぶりの運転免許更新に行ってきた。 前回更新時、既に違反2件だったのでそれまでのゴールド免許特典である5年更新から3年更新に減らされていた。この3年間、違反0にも関わらず、次はまた3年後の更新。 都合、6年間はひたすら違反0で耐えなければならない。 その間、任意保険のゴールド免許割引特典も受けられない。…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

寂れる東京モーターショー2007 その3

前号からの続き: もうずっと昔からアルファもお家の事情でFFになってしまったので、その伝統あるブランドにも関わらず、正直なところ興味を持てないでいた。 それ以上にボディの造りの丁寧さにおいて、やや疑問符があるのだ。 昔のことは知らないが、展示してあるアルファ159のフェンダー折り返し部やボディスカート下部の処理がお座なりに…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

寂れる東京モーターショー2007 その2

前号からの続き: さて、今年のお目当ての車は何かと言えば、それは下の写真を見て頂きたい。 そもそも車にはある種のこだわりがあり、FFには興味が無くもっぱらFRを選んできた。 その理由は、加速する時の尻からグッと押される安定感のある押出し力に堪らなく痺れるからであり、特にパワーのあるFRでヌルヌルと後輪が路面を滑りながら加速…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more