テーマ:旅行

年に一度のブログアップも早めの明けましておめでとう

年に一度アップするだけとなった記事は、昨年に続き、早めの明けましておめでとう。 この一年、すべての時間と投資をYouTubeに費やしたといっても過言ではない。それに対する成果は以下の如く! このジャンルとしてはまずまずの出来か? しかし、問題もないわけではない。YouTube審査基準が日々厳しくなり、且つ、審査…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3度目の釜山ルート その7

前回からの続き: 帰国の日、釜山から名古屋への便は13:00発なのでホテルを遅めの時間でチェクアウト。 ホテル宿泊代は3泊もしたからかなりの金額になったがタックスリファウンドが効いて10%オフ! 手続きだけではなくキャッシュバックもホテルでやってくれるというので、親切この上ないと思っていたら、とんでもない! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3度目の釜山ルート その6

前回からの続き: 撮影二日目、平日の今日は一段と空いていて背景に一般人が映り込むことも少なくイライラせずに撮影することができた。人気のモデル嬢は毎年変わるようで、というか、人気が出るとテレビなどに出るようになるからこのような体力を使うショーには出演しなくなるしギャラも安くて益々出づらくなるのであろう。露出を売りにするモデルはBusan…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3度目の釜山ルート その5

前回からの続き: 翌日、韓国は祝日に当たっていて銀行は休み。ホテルフロントに近辺のATMを尋ねるとホテル内に設置しているというので早速、VISAのデビットカードを使って現金を引き出してみると問題なく20万ウォン出てきた。試しにクレジットカードのキャッシングを行ってみるとこれも難なく現金を借りることができた。昨夜のカジノに設置してあるA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3度目の釜山ルート その4

前回からの続き: 釜山の金海空港には17時前ほぼ予定時刻通り到着、2年ぶりの釜山だ。 入国審査もスムーズ、仁川空港のように大量の中国人でごった返し1時間も審査に並ぶこともなくあっという間に空港の外に出た。ここから市内のホテルまでは軽便鉄道と地下鉄に乗って移動する。日本のSuika同様、CITYPASSという電子カードが普…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3度目の釜山ルート その3

前回からの続き: 中部空港には予定時刻通り13:05に到着、即座に3階国際線搭乗フロアに移動し大韓航空カウンターでチェックイン。 乗客は殆んど並んでいなかったし、事前にモバイルチェックイン済みだったから搭乗引き換え券とパスポートを提示するだけで搭乗手続き完了した。出国審査を受けて搭乗ゲートへ入ったのが13:45ころ、ゲー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3度目の釜山ルート その2

前回からの続き: 6月12日(火)、仙台空港から釜山へ出発。季節外れの台風5号直撃ですべてのスケジュールがアウトかと身の縮む思いをしたが台風は前日に通過、ヤレヤレと安堵したところへ今度は濃霧で欠航便が出るかもしれないとのアナウンス。一難去ってまた一難! 旅行も人生と同じで予測できない苦難の連続だ! それでも天候回復し飛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3度目の釜山ルート その1

北朝鮮情勢の一服を受けて、4月にソウル、6月に釜山へと立て続けに出かけてきた。米朝会談が継続している間は少なくとも朝鮮半島動乱は起こらないだろうとの観測からである。北朝鮮がどのような運命をたどるかについては別の機会に譲るとして、今回は3度目となる釜山訪問についての記事をご覧いただく。 当地から釜山へは直行便がないので、前2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年が明けて今年の見通し

2018年初ブログ。 年末年始帰省のあと、すぐさま台湾出張、年初7日まで大忙しだった。その後もムービー編集などに没頭したためか昨日から急に鼻炎を発症してしまった。 毎週日曜日はプールでスイミングと決めているのだが、さすがに今日は体調管理のために神がくれた安息日と思い、一日休養することとした。 昨年、それまで20年以上使…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

明日から台北調査

北朝鮮問題が長引いていてムービーコンテンツが枯渇してきたが、韓国行くわけにいかず(渡航中に米国が北朝鮮攻撃を始めるとソウルが火の海となり戦死してしまう)、安全な国を探したところ台湾が候補に挙がった。 台北国際写真機材展というのが開催されるのでダメもとで行ってみることに………… ANAのマイレッジで往き乗継便、復りも乗継便…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ソウル・札幌5泊6日 その10

前回からの続き: 翌朝9時ころ、ロイトン札幌で朝食を取る。aikoライブが旧厚生年金会館で行われるのでそれに隣接するホテルなら何かと便利だろうと思って宿泊したのであるが、ホテルのお客は半分くらいが中国や東南アジアからの観光客であった。 7月初旬であればすがすがしい初夏の北海道を期待していたのだが、残念ながら梅雨のない北海…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソウル・札幌5泊6日 その9

前回からの続き: アシアナOZ174便は定刻17:00頃に新千歳空港に到着。20年ぶりに空から見る北海道の景色は雄大そのもので延々と広がる小麦畑が日本離れした異国を思わせるのであった。 空港からホテルまでは直通バスがあるとのことだったので、新千歳空港の海外ターミナルからそのバスに乗ったのだが、国内ターミナル発のその車内に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ソウル・札幌5泊6日 その8

前回からの続き: アシアナOZ174便は14:20分定刻に仁川空港を出発し一路札幌を目指す。 15席あるビジネスシートには僅か4人が座っただけだったので、予約時の2席しか空いていないという情報はいったい何だったのかと訝しく思われたのだが、コードシェアするANAの取り分としてそれしか確保できないということだったのだろうと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソウル・札幌5泊6日 その7

前回からの続き: 翌日10時過ぎホテルをチェックアウト。10:15発のリムジンバスに乗り仁川空港に向かう。 札幌便の出発時間は14:20だから余裕は4時間以上、しかし空港到着まで1時間30分は見込まないといけないしサマーバカンス時期は搭乗手続きと出国審査にもそれぞれ1時間ずつ見ておかないといけないので決して余裕があるとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソウル・札幌5泊6日 その6

前回からの続き: 夕方撮影終了しホテルへ戻ってカメラを置いてから昼食兼夕食を食べにCOEX地下街へ出かけた。 今日も6時間以上立ちっぱなしで散々疲れ果てて、更に飯のために歩き回ることは嫌だったので、COEX地下街で繋がっているオークウッドプレミアホテルの地下にある石焼ビビンバの店へ。 一昨年ソウルに来た時、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソウル・札幌5泊6日 その5

前回からの続き: 翌日10時、再び撮影のためSeoul Auto Salonの会場へと出かけた。 Heo YunMiが出演しているKONICA-MINOLTAブースは相変わらずもの凄い人だかりでとても立ち入る隙間もない。ここで体力と時間を使い果たすわけにもいかず、今日もせっせと新人発掘に勤しむとしよう。 午…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ソウル・札幌5泊6日 その4

前回からの続き: 夕方、7時間にも及ぶ撮影を終えてからホテルへ戻り、昼食兼夕食を食べにCOEXモールへ出かけた。 撮影の間は食事を取る暇もなく水の補給程度。その間、立ちっぱなしだから体に堪える。このような厳しい現場を終えたあとの食事では韓国料理みたいな辛いもので冒険して失敗すると明日に影響するので、今日はカジノ近くにある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソウル・札幌5泊6日 その3

前回からの続き: 翌日午前中、COEX会場で開催されるSeoul Auto Salonへ撮影のために出かけた。 昨年はMERS感染症騒ぎで訪韓できなかったので2年ぶりのSASである。2年前の印象と比べると会場の規模は変わらないものの、勢いが衰えているように感じられる。出展社数が減っているとか来訪者も減っているとか、この2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソウル・札幌5泊6日 その2

前回からの続き: 7月某日、ANAとコードシェアのアシアナ航空に乗りソウルへと旅立った。 飛行機の席は二カ月も前にマイレージの無料航空券で予約した通路側。3列シートの一つ間を空けて窓際には40代くらいの女性が座る。飛行機が予定通り空港を飛び立ち巡航速度に達したところで、その女性、意を決したように空いている真ん中の席に移動…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ソウル・札幌5泊6日 その1

今年二度目の朝鮮半島遠征は7月の初旬だった。 今回の旅はちと変則的で、ソウル遠征の後、札幌に立ち寄りそこでMちゃんと落ち会うというもの。aikoの札幌公演チケットを手に入れたので観に行かないかという申し出に、20年ぶりくらいの札幌も悪くはないと思え、ソウルからの帰国便を札幌に変更したのであった。特にaikoに関心があっての…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

夏休みは帰省

今年の夏休みは初盆につき帰省。 帰る日にちが直前まで決まらなかったので、いざ帰るとなると新幹線の切符取れず右往左往。結局、グランクラスの最後の一枚しか残っていなくて已む無くそれにした。 初めて乗るグランクラスはなかなか快適。飲み放題、お弁当付き。一両僅か18座席に二人のアテンダントが付くサービスぶり。乗り心…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

釜山3泊4日とジャックポット2発 その6

前回からの続き: さて、ひと月以上も間が空いてしまったがその間に実はソウル3泊札幌2泊の5泊6日旅をこなしていたから、それらも踏まえて今回の旅の総括を。 最大の目的は新しい武器:α6300/SELP18105Gの性能がいかなるものであって、それが満足できるものか? に尽きるわけであるが、結論から言うと、大変に満足!!! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釜山3泊4日とジャックポット2発 その5

前回からの続き: 夕方ホテルに戻り昨日同様、昼食兼夕食を喰いに行く。 このような撮影は飯も食う暇もないほど過酷なものだとはここ数年何度か経験していたので知ってはいたものの、いざそのような状況に陥ってみると何故ここまでも己をギリギリの瀬戸際に立たせるのか不思議でならなくなる。仕事中毒の現役時代でさえ、よっぽどプロジェクトで…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

釜山3泊4日とジャックポット2発 その3

前回からの続き: BEXCO会場は2年前と変わらず。平日の所為か比較的空いている模様。 入場料は₩8,000だが、外国人はパスポート提示で無料なことも前回と同じ。但し正門から入場するのではなく端じにある再入場用の入り口から入れとのこと。 午前10時過ぎから早速、撮影開始。 昨年のソウルモーターショーでもそ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

釜山3泊4日とジャックポット2発 その2

前回からの続き: 翌日9時過ぎ、ホテルを出発、地下鉄に乗りBEXCOを目指す。 今回からデジカメをRX10からα6300に変えた訳であるがその理由は以下の通り。 RX10の手ぶれ補正やオートフォーカス性能に相当な不満を持っていたので、それらを改善できる機種を探していて、RX10の進化型も当然候補の一つにはなっていたのだ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

釜山3泊4日とジャックポット2発 その1

6月第2週、BIMOS開催に合わせて2年ぶりに釜山へ出かけてきた。 当地から釜山直行便がないので2年前同様、新幹線で成田まで行き、成田発LCCのエアープサンに往復とも乗ったのであるが、その時と比べて大きな機体(A320?)になったのは良かったのだが、乗客は満席に近く、そのくせトイレ設備が機体前方と後方の2か所しかなく嫌な感…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

朝鮮半島遠征の旅より帰国

先週金曜日に、朝鮮半島遠征の旅より帰国した。 朝鮮半島に渡ることは昨年春のソウル訪問以来で、その後、韓国がMERS感染症に汚染されてからは彼の地に渡ることを控えていたのだが、1年近く経過して漸くMERS感染症汚染から脱したらしく、このところ、外務省の感染症危険国情報からも韓国の名前が消えたところだ。 今回訪れ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

避けるべきは真夏の東京

先週金曜日、久しぶりに横浜へ行ってきた。この時期、避けるべきは真夏の東京なのだが、所用已む無し。 東京ついでに、Tちゃんと会おうと思っていたのだが、顧客との打ち合わせが入っていて無理とのこと。そのうち次回にでも時間取れれば。 日帰りなので帰りの新幹線の時間まで秋葉原のヨドバシへ行ってみた。目的はドローンと3軸…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Shooting Grip 入手

SONY RX10で動画なり写真なりを撮影して1年ほど経過したが、常に気になることは手振れとピント外れが酷いことである。 RX10では光学式24~200mm電動ズームレンズが特徴の一つとなっているのだが、そのズーム能力に見合うほどの手ぶれ補正機能が実装されていないのだ。そのため、テレ端になるほど微妙な手振れが常に付きまとい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ソウルモーターショー2015 その1

4月6日、アリラン伝統舞踊で空港出発を見送ってもらい、その日のうちにソウル到着。 この時期、平日ということもあり昨年7月のように雲蚊のごとき中国人団体客も見かけず入国審査ゲートは待ち時間なくストレートに通過できた。 日本円で\30,000を現地通貨ウォンに両替すると手数料引かれて₩252,000に…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more