テーマ:

早めの明けましておめでとう

年末年始留守につき、早めに明けましておめでとう。もしも年賀状届かない方がいらっしゃれば、それは卒業年賀ということでお許し願いたい。 平成30年は満70歳になった年であり、それ自体は目出たいことでも何でもなく単に老齢時間が一歩進んだことに他ならない。 年の後半、怪我することが多く普段使わない健康保険証を連続で使用した。信…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3度目の釜山ルート その7

前回からの続き: 帰国の日、釜山から名古屋への便は13:00発なのでホテルを遅めの時間でチェクアウト。 ホテル宿泊代は3泊もしたからかなりの金額になったがタックスリファウンドが効いて10%オフ! 手続きだけではなくキャッシュバックもホテルでやってくれるというので、親切この上ないと思っていたら、とんでもない! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3度目の釜山ルート その4

前回からの続き: 釜山の金海空港には17時前ほぼ予定時刻通り到着、2年ぶりの釜山だ。 入国審査もスムーズ、仁川空港のように大量の中国人でごった返し1時間も審査に並ぶこともなくあっという間に空港の外に出た。ここから市内のホテルまでは軽便鉄道と地下鉄に乗って移動する。日本のSuika同様、CITYPASSという電子カードが普…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年のボジョレーヌーボーは漆器の魔術とともに

今年は何故か盛り上がらないボジョレーヌーボー。11月16日の木曜日、スーパーへ買い出しに出かけたがひと頃のように売り切れを心配する必要は全くなかった。 赤白、各一瓶ずつget! 毎年毎年、ヌーボーの出来についてウンチクがあるが必ず今年が一番と毎回同じことを言うので、最早誰も信じてはいない。 新酒の若い酒故、酸っぱ味やブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一周忌の法事など

1月下旬から2月にかけて確定申告やら一周忌の法事やらでほとんど時間がとられてしまった。 毎度この時期は税金の還付申請に忙しいのだが、昨年からはさらに法事が重なることになったので一層時間の切迫感を感じるようになった。 この歳で時間に追われる生活など想像しづらいことではあるが、世間で思うほどにはリタイア生活者は暇ではないので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年のボジョレーヌーボーは地味に

11月17日(木)、ボジョレーヌーボーの日。近年盛り上がりに欠ける新酒祭りだが、今年はさらに一段と地味。 例年ならイオンまで新酒の買い出しに行くのだが近くのコンビニで済まそうと夕方、ローソンへ出かけたが店頭には置いていなかった? すでに売り切れたのかと思ったがそれらしい展示物もなかったので、ローソンでは全くヌ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソウル・札幌5泊6日 その10

前回からの続き: 翌朝9時ころ、ロイトン札幌で朝食を取る。aikoライブが旧厚生年金会館で行われるのでそれに隣接するホテルなら何かと便利だろうと思って宿泊したのであるが、ホテルのお客は半分くらいが中国や東南アジアからの観光客であった。 7月初旬であればすがすがしい初夏の北海道を期待していたのだが、残念ながら梅雨のない北海…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソウル・札幌5泊6日 その9

前回からの続き: アシアナOZ174便は定刻17:00頃に新千歳空港に到着。20年ぶりに空から見る北海道の景色は雄大そのもので延々と広がる小麦畑が日本離れした異国を思わせるのであった。 空港からホテルまでは直通バスがあるとのことだったので、新千歳空港の海外ターミナルからそのバスに乗ったのだが、国内ターミナル発のその車内に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ソウル・札幌5泊6日 その8

前回からの続き: アシアナOZ174便は14:20分定刻に仁川空港を出発し一路札幌を目指す。 15席あるビジネスシートには僅か4人が座っただけだったので、予約時の2席しか空いていないという情報はいったい何だったのかと訝しく思われたのだが、コードシェアするANAの取り分としてそれしか確保できないということだったのだろうと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソウル・札幌5泊6日 その4

前回からの続き: 夕方、7時間にも及ぶ撮影を終えてからホテルへ戻り、昼食兼夕食を食べにCOEXモールへ出かけた。 撮影の間は食事を取る暇もなく水の補給程度。その間、立ちっぱなしだから体に堪える。このような厳しい現場を終えたあとの食事では韓国料理みたいな辛いもので冒険して失敗すると明日に影響するので、今日はカジノ近くにある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソウル・札幌5泊6日 その2

前回からの続き: 7月某日、ANAとコードシェアのアシアナ航空に乗りソウルへと旅立った。 飛行機の席は二カ月も前にマイレージの無料航空券で予約した通路側。3列シートの一つ間を空けて窓際には40代くらいの女性が座る。飛行機が予定通り空港を飛び立ち巡航速度に達したところで、その女性、意を決したように空いている真ん中の席に移動…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

夏休みは帰省

今年の夏休みは初盆につき帰省。 帰る日にちが直前まで決まらなかったので、いざ帰るとなると新幹線の切符取れず右往左往。結局、グランクラスの最後の一枚しか残っていなくて已む無くそれにした。 初めて乗るグランクラスはなかなか快適。飲み放題、お弁当付き。一両僅か18座席に二人のアテンダントが付くサービスぶり。乗り心…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

釜山3泊4日とジャックポット2発 その1

6月第2週、BIMOS開催に合わせて2年ぶりに釜山へ出かけてきた。 当地から釜山直行便がないので2年前同様、新幹線で成田まで行き、成田発LCCのエアープサンに往復とも乗ったのであるが、その時と比べて大きな機体(A320?)になったのは良かったのだが、乗客は満席に近く、そのくせトイレ設備が機体前方と後方の2か所しかなく嫌な感…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

運転免許更新の日はボジョレーヌーボー

11月19日(木)、5年ぶりの運転免許更新に行ってきた。 この5年間、走行距離は伸びず、およそ2万キロ程度か、年平均4千キロというところである。しかもその走行距離のほとんどは高速道路で稼いだものだから、事故とか違反とかとは無縁の生活を送っていたのである。ただし、追突などの貰い事故は自分では防ぎようがないものだから不運としか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年もボジョレーヌーボー

11月20日(木)は今年のボジョレーヌーボー。 昨年同様、スーパーに買い出しに出かけて白1本、赤2本Get! ついでに惣菜も何点か購入し今夜は調理なしで飯を食う算段。 スーパーの後は1,000円カットオンリーの床屋に行ってきてその帰り、ローソンで晩飯用のおにぎりと更に懲りもなくボジョレーヌーボーの赤を1本Get。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

SEOUL 4 Nights  最後の晩餐

前回からの続き: 明日の帰国便は仁川空港を午前10時発だから、少なくとも8時には空港に着いていなければならない。 となると、ソウル市内から空港までは2時間みなければいけないから、ホテルから乗るリムジンバスは午前6時ころ発のやつと思って時刻表を探したら、6:15発と5:40発があった。 但し、ホテルから直行す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SEOUL 4 Nights  夜のサプライズ

前回からの続き: ベジタブルレストランで晩飯を食べた後、まだ明るい江南の街をぶらぶら散布しながらホテルへ戻ると、ビッグサプライズ!! なんと、ワイン1本とガス入りミネラルウォーター小瓶1本、チェリーやチョコレートのおつまみ、それとフルーツが差し入れられていた。 レターがあったので読んでみると、今朝方出かけ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

日本酒塾生会パーティ 2014年度

夏真っ盛りの7月下旬、第12回うらかすみ塾生会に出席。 1年ぶりの日本酒塾生会につき、浦霞酒造のレアな日本酒が頂けるのでとても楽しみ。 場所はDUCCA仙台駅前店というイタ飯屋なのですが、日本酒との相性は如何に? 乾杯の音頭とともにいただく酒は純米吟醸浦霞禅、癖のないおいしい酒です。 イタリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

友、遠方より来たる

3月19日(水)、40年ぶりに学友I氏と再会し、それは大阪以来のことであった。 定年後自由な時間を手に入れたいま、青春時代の軌跡をたどって思い出の地巡り。彼の時の人々、今や如何? と春の一人旅を企画した1氏。 お互いの健康を喜び乾杯! 亡き友に惜別の情をこめて別れ酒! 遠くの未だ生きている友に思い出酒!…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

天賞吟醸当たりました

JR大人の休日クラブの懸賞に応募したところ、天賞吟醸当たりました。 酒蔵は中勇酒造店の傑作、太向山にごりとひょうたん純米吟醸。めったに手に入らない逸品のようです。 さっそく太向山にごりから頂きましたが、濁りのくせに全く甘くなく寧ろスッキリした味わい。日本酒塾で試飲したときのモロミのような感じにむむむっ…………
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そろそろ刺激が欲しくなった?

今年も残すところあとひと月、晩秋または初冬いずれもそれらしく表現できる微妙な季節ではあるが、気分的には早く沈む夕日のようになにか物足りないうら淋しさ。 平平凡凡、日々酒を飲む生活が続いていても決して満たされることはない。それはまた、日々酒を飲まないと決心しても納得のいく生活を送れないことと同義語である。 人生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年のボジョレーヌーボー

11月21日(木)はボジョレーヌーボーの日。 早速スーパーへ買い出しに出かけたが、アベノミクスにもかかわらず今年はちょっとさみしい品ぞろえ。 昨年相当数売れ残ったので今年は数量を絞ったか? それとも円安傾向による価格上昇でたくさんは売れないと思ったのか? その所為か白のフルボトルは入手できず、已む無くいつもは飲まないロ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

日本酒塾同期会

昨日11月9日(土)は 浦霞日本酒塾の 同期会。 夕方、駅近くの飲み屋に集合。参加人員僅かに4名であったが、楽しい同期会。 浦霞をはじめ、県産品銘柄をくまなく順に飲み比べ。 そして季節の牡蠣や焼き鳥、お刺身等山海の幸を頂く。 美味しかった。 幹事ご苦労様。 来年はもっと多くの皆さまが参加できるとよい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋刀魚とオリーブと日本酒

日本近海の海水温上昇の影響で秋刀魚が不漁とのことだが、魚屋の店頭には8月下旬ころから北海道産が並びだした。 プールの帰り、今日の夕飯を仕入れにスーパーに寄ると秋刀魚刺しは既に売り切れ。刺身用秋刀魚のサクが1パックだけ残っていたのでめんどうくさいがそれを購入。サク3つで313円は高いのか安いのか? 刺身にして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本酒塾生会パーティ

7月下旬、個人的夏休みに入る前日に浦霞日本酒塾の塾生会パーティがありました。 場所は仙台の六本木ヒルズと呼ぶべき37階ホテルの最上階。毎年、浦霞主催で塾生親交と日本酒文化発展のために開催しているとのこと。昨年度で14期を数えるので卒業生は総勢3百数十名、内、今年の参加者は100名弱でしょうか。 会場はご覧のよ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本酒塾の成果

日本酒塾を卒業した翌週、早速その成果が到着。 my日本酒6本が宅急便で着いた。最大8本(内2本は蔵元から贈呈+6本はほぼ原価で購入)のうち、2本は親戚に発送し残りを手元へ。 ラベルはオリジナルmyラベル。杜氏見習として酒を仕込み中のスナップの中から任意に選んでラベルに仕上げて貰った。この図柄は酒米をざるで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本酒塾 第7回目 卒業式

前回からの続き: 3月下旬、第7回目の日本酒塾は卒業式。 昨年の9月から始まった浦霞日本酒塾は 月1回の講義と利き酒と蔵見学、酒の仕込みを経て、とうとう卒業と相成った。 最終回も講義があり、地酒の元締めとも言える宮城県産業技術センターの橋本建哉先生による「日本酒の原料と各地の取り組み」を拝聴。ちなみに同じ講…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

日本酒塾 第6回目 日本酒のある豊かな生活

前回からの続き: 2月下旬、第6回目の日本酒塾は「日本酒のある豊かな生活」。 相変わらず雪降り道凍結する寒い日だったが、講師の福留奈美博士の熱心な講義を聞きながら美味しい料理と絶品の酒にあっという間に時間が過ぎてしまった。 今回は酒だけではなくて、酒に合う料理も講義テーマだったので、いつものただ飲むだけと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この時期は不思議とデジカメ物色

手持ちのデジカメDSC-HX9Vは未だ1年も使っていないのだが、実は昨年の秋、酔いつぶれて記憶が無くなったときに落として壊してしまった。 温泉の露天に入り気持ち良さの勢いのままカラオケで独唱したまでは良かったが、途中から記憶が飛んで気が付いたら部屋の中でいすに座ったまま寝ていた。翌日、二日酔いの寝ぼけ眼でデジカメをチェック…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

日本酒塾 第5回目 大寒のmy日本酒仕込み

前回からの続き: 1月下旬、未明から大雪が降るほぼ大寒の日、第5回目の日本酒塾でmy日本酒仕込み。 雪降る中、早朝から出かけるためタクシーを呼んで駅まで。バスも走ってはいるがこの雪では遅れているかもしれないし、事実、道路は真っ白で車線が見えないほど雪が積もっていてバスはおろか車もほとんど走っていなかった。電車が遅れないか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more