テーマ:風邪

初霜初雪

先週土曜の夜、急に発熱、悪寒、怠さと風邪の諸症状。このところ、ある調査に夢中になり晩飯も食わず深夜までPCにへばり付いていたせいかもしれない。 毎週日曜はプールでスイミングと決めているのだが、急な風邪では休むにしくは無いと昨日は丸一日安息日に充てたのだが部屋に閉じこもっていても真冬並みに寒い一日であった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真冬の風邪

このところ下界を絶って仙人暮らしをしていたのだが、何故か真冬の風邪をひいてしまった。 それは一昨年の4月以来、掛かり付けの内科に行っても久しぶりだったので先生も前回がいつか分からずカルテを見ても、あぁ~、昨年の春以来だね~、と1年も間違えてしまうほどだった。 熱、鼻水、のどの痛み、だるさ等、ありとあらゆる風邪…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

来週から八甲田

今年も八甲田の季節がやってきた。 例年と同じくGW初めから八甲田行き。そのために、年間通して体調管理に努めてきたつもりだが、季節の代わり目毎に罹る春の風邪も早めに済ませてしまったから 昨年のように風邪ひき山登りの悪夢は 避けることができそうだ。 しかし、寄る歳波には勝てずか、原因不明の右肩から腕にかけての腱鞘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軽い病み上がりロード

日本酒塾打ち上げの後、久し振りに飲みすぎたせいか、やや風邪気味。 この時期、風邪をひいて拗らすと昨年の二の舞いになり、せっかくの八甲田行きが無に帰してしまうので、万全を期すため2週間ほどじっと安静にしていた。 その間、2度ほど病院に行き薬を処方してもらったが、幸いにも熱は出ず軽く喉が痛むだけの軽い風邪症状に落…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

2012八甲田春スキー物語その8「箒場岱コース」

前回からの続き: 翌日、月が変わって5月1日となるも依然として天候は快晴。朝風呂に入り体調を確認し今日は登り1時間以上の箒場岱コースでも大丈夫と気合いを入れた。 ロープウェイ山頂駅から1kmほど軽く滑り降り、登山出発地点の標識から登り始めたのは午前10時ころ。気温高く無風なのでたちまち汗ばみ上着を脱ぐ。 病…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

2012八甲田春スキー物語その6「八甲田温泉コース」

前回からの続き: 翌4月30日(月)、朝から快晴。朝風呂に入り眠気を覚ましながら体調を確認するが微熱があるのかスッキリせず。 微妙な体調では板を担いでの山登りなど体力を使うことは差し控えなければと思い、ロープウェイ山頂からほとんど下るだけの八甲田温泉コースを選び、いざ出陣。それでも結構なロングコースだから滑りきるまで2時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012八甲田春スキー物語その5「シャンパンディナー」

前回からの続き: フォレストコースで足慣らしのあと、スキーの上手い酒豪先生は更にダイレクトコースのこぶ斜面を試したかったようだが、監督の体調に合わせて貰い、申し訳なかったが早々にベースキャンプに引き上げることに。 宿の露天に入り燗酒を飲みながら2年ぶりの八甲田に染みいるも、身体ややだるく例年のように1時間も2時間も長湯す…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

2012八甲田春スキー物語その4「フォレストコース」

前回からの続き: 4月29日(日)午後、ベースキャンプとなるホテル城ヶ倉へ到着。昨年は大震災と原発事故のために春スキーを自粛したので二年ぶりのチェックイン。 早速、宿の車でロープウェイ山麓駅まで送ってもらい、山頂駅を目指す。ことしは Mont-Bellカード 持参したのでロープウェイ利用料金が10%引きとなる優待特典。こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012八甲田春スキー物語その1「シェルパマンション到着」

漸く今年の春スキービデオ完成につき、ブログに時間を割くことができるようになった。今日からその春スキー物語第1回は「シェルパマンション到着」。 4月28日(土)昼ころ、空港にてS氏搭乗の飛行機を待つ間、1階の到着ロビーにある牛タン専門店でラーメンをいただく。 いままでいろんなラーメンを食べてみたが牛タンラーメン…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

タイヤの記録5

GW明け、八甲田から帰ってから直ぐにタイヤ交換するつもりが風邪の後遺症と全身蕁麻疹発症のために、それら症状が回復し出した5月中旬に漸く夏タイヤ交換を行った。 マンションのタイヤ置き場から重い夏タイヤ4本を車に積み込み、ディーラーに持ち込んで交換してもらったのだが、病み上がりの体には酷く堪えた労働であった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病的ロード

GW明け、八甲田行きを挟んでも 風邪完全には治らず 咳が残り微熱も続く状態だった。 それでも全身蕁麻疹からは ようやく回復し体中に発生した紅い浮腫も消え、死の境界から生還できた。しかし、蕁麻疹になって初めて分かったのだが、死とはまさにこのように体中に浮腫が発生し意識とは無関係に肉体が腐って行くことなのだろう。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

陛下と病み上がりランニング

陛下がホテルに宿泊された翌日、御来訪を祝福する如く爽やかな五月晴れとなった。 そのような天候のもと、全身蕁麻疹も ほとんど回復し熱も下がってきたところだが未だ気管支炎の咳が残っていて気になるところだが、体調確認のために数週間ぶりの早朝ランニングに出かけた。 ホテル周辺は陛下の警護のために制服警官がほぼ10m…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

八甲田の後も体調不良で踏んだり蹴ったり?

GW最終日漸くシェルパマンションに戻ってきたが、体調は八甲田出発前とほぼ変わらず具合悪い。 山に登って新鮮なオゾンを思う存分吸うと風邪も飛んでいくかと思ったが、現実はそのような勝手な思い込みどおりにはならなかった。咳がでて熱もある。 週明け、早速診療所に駆けつけると慢性気管支炎になったかもしれないと言うこと…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

今年の八甲田は3日3晩快晴無風

GWの始まった4月29日、福岡からやってきたS氏と共に車で八甲田へ出かけた。 昨年の3.11大震災のあと八甲田行きは見送っていたところだが、今年どうすべきかだいぶ迷った挙句、余震のリスクや新たな北海道沖地震のリスクを排除できない中、ある意味無謀にも出かけたのである。 今年どうすべきかをメンバーに図ったときには…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

八甲田の前にデジカメ物色

先週風邪ひいてから 3日3晩寝込んで安静にしていたが、熱下がらず39℃の状態がずっと続いていた。 激しい咳は薬が効いたのか治まってきたのだがその分、熱として症状が不安定な小康状態を保っているようで、いつ、爆発するか分からないテポドン状態であった。 あまり安静にしていても自己免疫機能も低下するに違いないと思い、…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

昨年度電気ガス消費量はやはり最大か?

今日は風邪をひいてかなりヤバイ。 来週末から八甲田行きというのに咳が出て熱もある。水曜日は病院が休みだから更に具合悪く、絶不調。 これでは八甲田直前のトレーニングは絶望的。病み上がりでいきなり板担いで山登りとなるのだろうか? いままで風邪などめったに引かずに居たのだが今年はどうしたことかこれで3…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

花粉飛ぶ季節、震災復旧工事は進む

雛祭り豪雪の後、漸く気温が上昇し始め花粉が飛び始めた。 日曜にプールへ行ったので水を吸い込んでそれが原因で鼻水が出るのかと思っていたが週の半ば過ぎても具合悪く熱もあったので病院に行って観て貰ったところ、花粉症ならぬ風邪とのこと。 37度5分の熱が続いているので、その間早朝ランニングもお休みにしてずっと安静にし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

厳冬の日、高熱襲う

記録的大雪と厳冬の日々、原因不明の発熱。 先週金曜の朝起きると体だるく元気出ない。起きがけの体温測るも36度5分と平熱なのでそのまま10cmは積もっている新雪の上をランニングに出かけたが、粉雪の上をシューズが沈み込んで靴跡を付ける程足元が冷たくなり、いつになく不調トレーニング。 30分間のランニングのあと家に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

カフカの微熱 その結果

GW明けから続いていた原因不明の微熱、3週間目にして漸く平熱に戻ったのだが、念のために受けた2回目の血液検査の結果が出た。 それによると、白血球数5000/μℓと基準範囲の下限近く、C反応性蛋白定量は0.02mg/dℓと発熱時の1000分の4まで劇的に減少した。 医者いわく、やっぱり単…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニンニクの力

東日本大震災が発生してから丸3日間は停電が続いていたから、その間、水道は止まるは、トイレは使えないは、ガスももちろん使えないは、エレベータも止まるはのサバイバル生活を送っていた。 近くのコンビニに行っても停電しているからレジが使えず、通常の営業形態とは言えない電卓を使って店内の在庫品を売りさばいていたのだが、交通網寸断や配…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カフカの微熱3

連休明けから体調崩し、ずっと微熱が続いていた。 GWも終わり漸く家に戻ってきたところで酷い運動不足とばかり、2日続けてロードバイクトレをこなしたまでは良かったのだが、その翌日から発熱。 近くの内科へ通うも3週間余り微熱が続くこととなった。最初はただの風邪かと思っていたが発熱から鼻水や咳や下痢などへの症状転化が…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスイブの日、結婚式ビデオ完成

今日はクリスマスイブ。外は午後から小雪が舞い一面真っ白な銀世界となりそうな予感。久しぶりに雪のクリスマスとなるのであろうか。 ここ3週間ほど、風邪をひきがてら 結婚式ビデオ編集に 時間を取られてしまったが、風邪が治ると同時にビデオも完成。デジカメの写真とムービーをミックスし5本のショートムービーに仕上がった。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

冬嵐の翌日

寒波襲来の 翌日、外は快晴。そして、雪も融け凍結路も乾いてしまった。 遥か彼方の山頂と山麓にうっすらと雪が残っているだけ。 しかし、風邪をひいて弱っている体には気温が低く感じられ体感温度は氷点下かと思われるほどの寒さ。 今日も咳が酷く喉が痛い。でも結婚式ビデオ編集早くやってしまわなくては。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12月の寒波

朝起きてみるとご覧の雪景色。 昨夜から気温下がり嵐の予感だったが、積雪は1cm程度と少なめだった。しかし、外の気温は氷点下4℃。 遂に、今冬初めて車も道路も凍りつき、夏タイヤでは運転できそうもない氷の世界がやってきた。 青森から帰って来てから 甥の結婚式ビデオ編集に取りかかっていたが、今週は体…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アウトレットランチで言うリップサービス

先週土曜日、病院で風邪の診察を受けた後、昼食を取るためにアウトレットへ寄ってみた。 ちょうど、お昼時だったのでレストラン街は混み合っていて、トンカツ屋の銀座和幸も席待ちの状態だった。こんな人混みの中で待っていてはインフルエンザならぬ新たな風邪菌に感染しかねないと思い、少し離れたコーヒーショップへ行ってみることにした。 …
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

再び、カフカの微熱

年末から引いていた軽い風邪がなかなか治らず、依然として微熱があり咳が出ていた。 【カフカの微熱】 年明け、医者に行き飲み薬をもらって来たのだが、咳が治まったように見えたことから、新年の 泳ぎ初めプール に出かけのが良くなかったのだろうか、その後、一進一退の症状となり、再び咳と微熱が出だした。 しかし、死ぬほど苦…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

氷点下3℃のスイミング

1月11日の日曜日、よく冷え込んだその日の朝の気温は氷点下3℃。しかし、雪は積もっておらず、ドライな道が顔を覗かせている。日本海側では大雪のニュースが流れていたが、太平洋側に属するこちらには積雪はない本来の冬型天候となってきたようだ。しかし、気温は低い。 この日、今年の泳ぎ初めに行ってきた。本来なら一週間早い先週の…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

嵐の翌日

季節はずれの 冬の寒気が嵐のように訪れた 翌日、朝からスッキリと晴れた秋空が拡がった。 遠くの山々は白く冠雪し、里の緑と鮮やかな対比をなす。いかにも気持ちよさそうな空間へ、今日もこれから早朝ランニングに出かけた。 トレーニングウェアを重ね着し気温の低下に備えたが、走っている側から汗ばんでくる。秋の陽射…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祝 風邪完治

プール行きを強行 した9日の日曜夜、ワインを飲んで寝る前に体温を測ると37.3℃。やはり、まだまだ熱が残っているのだが、それでも更に悪くなる気配はない。 翌10日、月曜の朝の体温は、36.7℃。やや高めだが、気分は悪くない。ここ3週間ほどで一番すっきりと気持ち良いかも知れない。やはり、運動して肉を食べた効果が出てきたか。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

微妙な平衡点

7日の金曜日、ランドマークタワーまで出かけたが、 微妙な風邪の症状 変わらず。むしろ、危うい平衡点を踏み外し一気に悪化する予感。 依然として、熱があり、朝測ると36.6℃、夜測ると37.3℃くらい。平熱と比べて0.5℃~1.0℃くらい高い。 ここ、2週間この状態が続いている。 先週の咳き込む症状は咳止めが効いてきたのかだい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more