テーマ:

日本酒塾 第5回目 大寒のmy日本酒仕込み

前回からの続き: 1月下旬、未明から大雪が降るほぼ大寒の日、第5回目の日本酒塾でmy日本酒仕込み。 雪降る中、早朝から出かけるためタクシーを呼んで駅まで。バスも走ってはいるがこの雪では遅れているかもしれないし、事実、道路は真っ白で車線が見えないほど雪が積もっていてバスはおろか車もほとんど走っていなかった。電車が遅れないか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012八甲田春スキー物語その2「出発前、安全祈願の飲み会」

前回からの続き: 午後3時30分ころシュルパマンションに到着。その足で アウトレットへ出かけmont-bellショップで S氏は携帯バーナー用の燃料購入、そしてmont-bellクラブに加入。 監督は既にクラブ加入済みだったが、このクラブカードを提示するとベースキャンプの宿でウェルカムシャンパンサービスに与かれるので各人…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

秋深まるころのランチビール

秋の味覚サンマと並んで食をそそるもの それはいろいろあるでしょうが、このごろ気に入っているものはこれでした イカげそ天そば! イカのシーズンがいつかは知りませんし一年中獲れる気もしますが、カラッと揚ったげそ天と蕎麦の組み合わせはベストマッチ ランチビールがたまりませんな!!! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

炭火焼きオリーブオイル漬け

最近、アウトレットに隣接する食品店で こういうの見つけました。 炭火で焼いた牡蠣やホヤ、ホタテのオリーブオイル漬けです。 酒のつまみそのものですが、一体、どんな味がするのでしょうか? 期待が膨らみますね! 気仙沼産牡蛎の炭火焼オリーブオイル漬け夢みつけ隊 ONLINE SHOPP…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の蔵元探訪

このごろ春めいた日差しが続き、なんとなく浮ついた気分になってきたところ、以前から話に聞いていた日本酒の蔵元探検へと出かけてみることにした。 行き先は塩釜にある老舗、浦霞。初めて乗るJR仙石線で30分ほど電車に揺られていると本塩釜に到着。駅構内にあるタウンマップで場所の見当をつけて街中をぶらつくと、5分ほど歩いた目抜き通り沿…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

今年の飲み納め

毎日のように酒を飲んでいるが、1年の飲み納めとなると12月30日と云うことになるであろうか。 何故なら、31日の大晦日は夜通し飲み明かし、108つの煩悩の鐘を聞いているうちに新年の1月1日になってしまうから、それは厳密には飲み納めとは言えないのである。 したがって、30日の今日飲む酒はほんとの飲み納めの酒。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ゴールド免許更改のお祝いは星鮫の心臓

今年は 3年ぶりの運転免許更改時期なのだが、先日その通知のはがきが来て、めでたくゴールド免許を取得。 苦節6年、思えば長い道のりであった。その間、数々の危機に 遭遇し 長年の努力も水の泡と化すかと思われたが、神はひたすら真しに 法定速度を守り続ける老人を 見捨てることはなかった。 以前、ゴールド免許に変わった…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

猛暑の年、ボジョレーの味は?

11月18日(木)は今年のボジョレー解禁日。 早速、ジャスコへ買い物に行き、白と赤の2本をget。昨年は赤1本しか買わなかったが予想外においしかったので、今年は2本にしてみたのだが、猛暑の影響で味の方は如何に? ワインのおつまみはいまが旬の地場ものの牡蠣。 牡蠣についても今年は受難の年とな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

台風一過秋の空ではあるが

台風の影響はほとんどなかった当地、それまでの猛暑から一転、秋の空気に入れ替わった。 朝9時の室温は30℃から26℃に下がり、非常に過ごしやすくなったこのごろではあるが、猛暑の影響はあちこちに傷跡を残し、秋刀魚などの秋の魚や果物など、例年ならどっと出回っているべきものをめったに目にしないのである。 飲み屋に行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アフタヌーンビールは駅前留学の味

昨日の金曜日、相変わらず猛暑が続いていて家に居ても危険な状況なので午後から出かけた。 実はちょっと用事があって、その時間が来るまでカフェに入ってアフタヌーンビール。冷たいビールとホットコーヒーというミスマッチな組み合わせが、いかにもこのところの異常気象を現している。 今日はこれから、5年ぶりの駅前留学な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暑さにやられました!

当地の7月最高気温平均が平年比4.2℃高に達したとTVニュースで報じていた。 統計的偏差値としては、2σを通り越して3σに達するのではないかと思われるほどの暑さが連日続いている。100年に一度の大異変!!! この暑さですっかりやられてしまった! 熱中症対策で水分が欠かせないと思い、普段は飲まない…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

ドクトルマンボー食いました

梅雨の不快な湿度に悩まされていた6月下旬、そろそろ 今年の八甲田春スキービデオが 出来上がりそうになったので、BDレーベルを印刷できるインクジェットプリンターを物色するために駅前に出かけた。 去年まではA社のマイクロドライプリンターを使っていたのだが、今年新調したWindows7パソコンでは 使うことができないのである。昨…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

五月の別れ

井上揚水歌う五月の別れは、彼らしい明るく抜けるハイトーンが印象的な名曲であるが、カラオケで喉の調子が出来上がったときに歌う好きな曲の一つでもある。 今年の五月はいろいろなことが立て続けに起こり、公私ともに忙しい一月となった。 そんな中、頂き物の日本酒「月海」を開けてみる。越後の純米吟醸酒で生酒とくれば期待は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

師走のしめ鯖

先日アウトレットで仕入れてきたしめ秋刀魚が 結構いけたので、師走の酒の肴にしようと思い買いに出かけたのだが、残念ながら人気商品らしく売り切れていた。 売れ残っていたのはしめ鯖だけだったので、別に珍しくもなく何処にでもあると思いながらも、しめ秋刀魚と同じ製造元が造るしめ鯖は如何な味かと思い、買って帰ってきたのである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨の土曜日はしめ秋刀魚

昨夜から激しい雨が降り続き、それは翌朝も降り止まず終日雨の土曜日となった。 この雨では バイクや ランも 出来ないので、いつになく時間を持て余し午前中から部屋の掃除をしてしまい、ランチは アウトレットで 仕入れたしめ秋刀魚を頂くこととした。 金華山沖しめ鯖は有名であり、その肉厚で脂が好くのったトロのように美…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

日曜日のスイミング

昨日、日曜日は雨交じりの強風が吹き荒れる嵐のような天候となった。 空は青く晴れ渡っていたのだが、強い風に吹かれて雨が落ちてくる、所謂、天気雨となったのである。奇妙な天候ではあったが、いつものように日曜日のプールへと出かけた。 このところのスイミングの目標はスピードを付けること。クロールで5クオーター、およそ7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続々ひやおろし

先日の日曜日いつものようにプールへ行き、5クオーター泳いだ あとサウナに入りタップリ汗を流してきた。 人間ドックの検診では 問題となるところは見当たらなかったのだが、所謂メタボ検診というヤツだろうか、ドック検診のついでに看護婦さんがおもむろにウエストの寸法を測ったのである。 それによると、74cmとのこと。身…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋日和の牡蛎と韓ドラ

先週金曜日は秋晴れの絶好日、久しぶりに市街中心部に出てみた。 豚インフルエンザが密かに流行してからは人混みへの外出を極力避けていたのだが、今週末に横浜出張を予定しているので新幹線の切符を取りに行ったのだった。JRの駅前に出かけたのは今年の4月以来だから、およそ半年ぶりとなる。 土曜日帰りの指定券は難なく取れた…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

マッコリでいただく近海生マグロ

先週の日曜日、プールからの帰りに アウトレット に寄り、そこの酒屋でマッコリを手に入れた。 このところ韓ドラに嵌っているのだがそれを観ていると、何人もの女優さんがヤカンに入れたマッコリを茶碗に注いでグビグビと飲むシーンが眼に焼き付いていた。まるで終戦直後の日本でよく見かけたであろう情景のように、どぶろくとおぼしき酒を茶碗に…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

連休美味いもの計画

連休2日目の日曜日は、いつものように朝からプールへ出かけた。 秋の日、どこか遠くへ出かけることも考えてはいたのだが、高速道路は混み合うし、海外など豚インフルエンザに感染したら現地足止めを食らうに決まっているし、兎に角、気が滅入るほどリスクが多い。 それでも、そんなことなどお構いなしに危険地帯へ出かける人々が大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホヤの捌きはエイリアン?

連休前に今年初物のホヤを食し非常に美味だったことから、その後、スーパーに出回っている殻付きについ手を出してしまった。 殻付きはいままで買ったことがなかったのであるが、その捌き方を教わったこともあり、何とかなるだろうと高を括ったのである。そもそも、単なる貝類か腔腸類に属する海の生物だからその捌き方は魚より楽なはずである。ホヤ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホヤの季節と韓国ドラマ

これは連休前にヨドバシまでBD-ROMを買いに行ったときのことである。 F1開幕戦に間に合うように BDレコーダーを購入してから 凡そ1ヶ月経ち、録画した番組もHDDフルになるほどに溜まってきたので、そのなかの保存しておきたい番組を連休前にBD-ROMへ吐き出しておこうと思ったのだ。 F1の予選や本戦を保存し…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ぶり味噌

今年はとうとう 国産の鮭が手に入りづらい年と なってしまった。 それでも、魚を食わないわけにはいかないので、偶に活きの良いぶりが並んだときに鮭の代わりに使ってみる。ぶりは活きの良さが命の魚で、ちょっとでも下がってくるとその臭味は耐えられないものとなることから、いつも早めに調理するのである。 ぶりの照り焼きなど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京駅は楽しい

宴の後、八甲田仲間のM君と一緒に帰る途中、東京駅で軽く飲むことに。 実は久しぶりにこちらへ出てきたことから、ノミトモのT氏もわざわざ駆けつけてくれたのだった。T氏との再会は昨年の秋、1泊2日の弾丸トラベラーで 横浜に来たとき以来である。 予定の時間より相当に遅れて東京駅に着き、T氏をだいぶ待たせてしまい申し訳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土曜の横浜は寒かった

土曜の朝、といってもだいぶ日が昇った午前中に新幹線に乗る。正午まではちょっと時間があるが東京到着は午後1時頃になり、そのあと、ゆっくりお昼を取っている暇はない。 そこで、駅弁と酒を買い車内で早めの昼食を取ることにした。駅弁はご当地名産(何故か全ての駅弁はそれぞれご当地名産なのだ?)の鮭はらこめしとこれも地酒の森乃菊川。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

早くも冬の季節到来

昨日今日と気温と湿度が下がり、すっかり冬の空気に入れ替わってしまった。朝晩の最低気温はこの時期としては10℃を切る寒さで、今年は冬の到来が早いことを予感させる。八甲田山麓の温泉、酸ヶ湯では早くも積雪7cmとニュースで報じられていた。 来週週末は横浜へ行く用事があるのだが、この寒さが関東地方にまで及んでいるのかどうか気に掛か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

煙のでない秋刀魚

秋深い頃、秋刀魚喰いたし煙が困る、と斯様な状況になっていて、オープンキッチンのレンジフードが 室内の気密性に比べて流体力学的に矛盾のある設計なので、焼き魚は依然として禁止事項なのである。 しかし、形が良く如何にも活きの良さような今年の秋刀魚を見るたびに、美味い焼魚を喰いたいと強烈な欲求が込み上げてくるのだった。思えば、引っ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

秋くじら

鯨づいている今年、例の弱小スーパーに秋の鯨が入荷した。赤提灯の親父が言うことには、調査捕鯨ものが時々、競りに掛けられるという。競りの単位はかなり大きなブロックなので、赤提灯風情の小さな飲み屋ではとても裁ききれず、親父は欲しくても手を出せないそうな。 競りに掛けられる調査捕鯨とはそもそも何ぞやと思わないでもないが、日本人の伝…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

黄砂の道  人間世界とホヤ世界

前回からの続き: なまはげ太鼓の興奮もさめやらぬうち、圧倒的な太鼓の音と熱狂的仮面舞踏会にも思える麻薬のような時間の残照に浮かされ、まるでロックコンサートにでも参加したかのように意識が高揚し喉が焼けるように渇きだしたので、その勢いのまま近くの赤提灯へとなだれ込んだ。 その店では、秋田民謡の弾き語りをやってくれるという。そ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

黄砂の道

先週の3連休、久しぶりのドライブに行こうとプランを練っていた。お目当ては紫ウニを食べに行くこと、そして、あわよくば生きた紫ウニを持ち帰ることであった。それは、当然ながら 再度の生うにスパゲッティ にチャレンジするためである。 行き先を決め、ルートを決め、宿を決めたその翌日、北海道釧路沖でマグニチュード6程度の海洋性地震が発…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more