テーマ:地震

ほぼ夏至の太陽

今年は6月22日が夏至の日となり一年でいちばん陽の長い一日。 写真は6月19日撮影のほぼ夏至の太陽。西の山に沈む太陽の位置は 震災前の昨年と同じだろうか? 地球から見える太陽の運行軌跡は1年経過くらいでは全く同じはずだが、震災により観測点となる大地がずれたので気になっていた。 デジカメのGPSデー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アウトレット再開も

高速道路休日1,000円ぽっきり政策が終了した6月19日を目指して、震災で休業していた近くのアウトレットモールが 営業再開した。 高速を1,000円で利用できる最後の土日となったので大変な人出で込み合ったのだが、隣のホテルは依然として修復中。3月11日の震災から既に100日以上も過ぎようとしているのに、修復個所は次第に広…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ケヤキの狂い咲き

タンポポ咲くこのごろ、この地に引っ越ししてから3年経つがそれまで気付いたことのなかった樹木に花が狂い咲きした。 木や植物についてはその名前とか種類などに興味が無いので、一体なんという樹木なのかさっぱりわからないのだが、おそらく当市のシンボルとなっているケヤキではなかろうかと思うのだが、定かではない。 幹…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

扇風機買いました

3.11東日本大震災の被害で収納ロッカーに入れていた扇風機が倒れて壊れてしまった。 メタルのフロントフードが外れプラスチックの羽根が割れてしまったので、もう使えない。羽根だけ交換しようにも20年以上も昔々に買った代物なので補修部品として羽根が残っているとも思えなかったし、そもそもそのメーカーはリストラ厳しく扇風機事業…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

震災前後の消費電力

東日本大震災で電気ガスとも止まってしまったが、さて、消費電力や消費ガス量に与える影響は如何に? 3日間止まった電気の3月分は308kWh。エネルギー源が電気しかなくなったのと酷い寒さのせいで前年3月分よりオーバー。そして年度平均でも前年度よりややオーバー。やはり昨年夏の暑さが異常であった。 3週間以上も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニンニクの力

東日本大震災が発生してから丸3日間は停電が続いていたから、その間、水道は止まるは、トイレは使えないは、ガスももちろん使えないは、エレベータも止まるはのサバイバル生活を送っていた。 近くのコンビニに行っても停電しているからレジが使えず、通常の営業形態とは言えない電卓を使って店内の在庫品を売りさばいていたのだが、交通網寸断や配…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

龍飛崎へ……その4

前回からの続き: 雨上がりの翌朝、雲が厚く垂れこめていたが、風はなぎ。東の海上は幾分明るく、津軽半島最北端から見る津軽海峡は冬景色ならぬ春景色。 デジカメに付いている精度の悪いGPSでも、地図上、ホテルは岬の最果てに位置する。 窓を開けてフルHDムービー撮影。カモメの鳴き声が最果ての侘し…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

キリンでしょうか?

3,11大震災発生から 2カ月経過したが、その後の修復、未だ遅々として進まず。 ホテルも震災直後から修理が始まったが 未だ工事中だし、併設するアウトレットモールも 外壁修復と並行して中の損傷設備修復が始ったところ。 この大きなキリンで吊り下げているものはなんでしょうか? ここは福島第一原発では…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

田酒もらいました

連休の間、実家へ帰って久しぶりにゆったり過ごし、余震の恐怖から逃れていた。 弟のヒロチンとも久しぶりに再会。ヒロチンからの震災見舞いはなんと田酒二升!!! そして、こちらに戻ってからは毎日が田酒漬け。おかげですっかりアル中ぽくなってきているが、うまいのなんの、ちっとやそっとじゃ止められね~~~、、、、、 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

1週間ぶりに戻ってきました

暫らく実家に避難していたが、ほぼ1週間ぶりに戻ってきた。 この間、毎日10時間ずつ熟睡し、地震の揺れから解放される生活を送って、すっかり子供時代に戻った生活を送ってきたが、天候に恵まれず運動不足。 GW明けとともに再び線量と戦う環境に戻るも、さっそくロードトレ。ほぼ1カ月ぶりとなるロードは 酷くきつかったが…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ミスティブルー

今年も咲きました、ミスティブルー。 震災の襲来とはかかわりなく自然は時を刻む。 地震や津波も自然の気まぐれな出来事と思えばその通りなのだが、何事も理屈をつけたがる人間に取っては決して納得できない事故となる。 家族を無くしたり財産を失ったり、一瞬にして人生が変わってしまったりと、取り返しのつかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイヤの記録3

紅桜満開のころ、車も6カ月ごとの定期点検の時期となった。 ほんとはもう少し早く4月上旬の予定だったのだが、震災の影響未だ色濃く、大手ディーラーにも拘わらず商売物のエンジンオイルが無くなっていつ入ってくるか判らないとのことで2週間ほど延期していたのである。 前回秋の定期点検からは およそ880kmしか走ってい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

今年の八甲田は………

東日本大震災が発生する2週間ほど前から今年の八甲田行きを調整していたのだが、思わぬ大震災発生!!! そもそも、参加メンバーの転勤などがあり、昨年で八甲田春スキーツアーは終了のつもりだったのだが、雪山の姿を見るたび気持がうずき出し、性懲りもなく再びメンバーの募集を始めたところだった。 一人だけになっても、今年…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

罹災証明書

東日本大震災当日は出かけていて地震に遭遇した時はヨドバシの店内だったので、家のマンションがどれくらい揺れたのかは皆目見当もつかなかった。 当日は地震直後に大停電となり、全ての交通機関が止まってしまったから帰るに帰れず、雪降る寒波の中を駅ビルに避難し一夜をその地下で明かしたのち、翌日、運よく動き出したバスに乗り、家まで漸くの…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

治まらない余震

このところ、毎朝余震の揺れで目覚める毎日。まったく冗談じゃないよ! と怒り心頭の日々なのだが、この怒りは誰に対するものなのか? 総理に文句言っても無能な空き管じゃ混乱を招くだけだし、早く辞めて貰いたいところだが、この状況じゃ辞めるにやめられない最悪のシチュエーション。全世界が最強のリーダーシップを発揮できる人材を願っていて…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

昨夜の余震による被害

昨夜11時30分過ぎ、蒲団に入って眠りに着いたとき、突然マグニチュード7.4の大余震が襲ってきた。 3.11大震災以来、マグニチュード5を越える余震は既に400回以上も発生していて、それは平時年平均120回程度であることを考えると、40倍にも達する異常な発生頻度となっている。 地震発生とともにいままでの余震と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィットネスクラブ再開も

都市ガス復旧に 合わせるかのようにフィットネスクラブも一昨日の日曜から営業再開した。 しかし、スイミングプールは震災のダメージ大きく営業再開の見通し立たずとのこと。朝一、せっかく懸けつけたのに、残念ながらドライサウナと風呂だけ入って帰ることに。 昼飯を食うために地下鉄駅ビルの様子を見に行くと いつものうどん屋…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

漸く都市ガス復旧

先週の金曜日、震災以来3週間目にして 漸く都市ガス復旧。 お湯を沸かせなかったのでその間、風呂やシャワーを使えずサバイバル生活を強いられていたし、汗をかかないために毎朝のランニングもできなかったので酷い運動不足になっていた。 ガスが復旧して真っ先にシャワーを浴び、3週間分の垢を落として漸く生きた心地がしたが、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

余震に怯える日々

地震など好きな人がいるはずもないが、東日本大震災では家は何とか倒壊しなかったものの、異常なほどの余震の多さと大きさに、日々、戦々恐々として首をすくめながら過ごしている。 日ごろ鈍な私でも、毎日鳴る携帯の緊急地震速報にはビクリと身構えてしまうし、車が道を走る時のわずかな振動も地震ではないかと疑ってしまうのである。だから、テレ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

彷徨える100万人のユダヤ人

震災以来、半月以上も風呂に入っていない。 電気と水道は震災後3日から4日で復旧を果たしたが、公営の都市ガスは未だ復旧ならず。役所上がりの女性市長が仕切っているのだが、どこかの空き管と同じくリーダーシップ不在? 緊急時にも拘わらず、お上品に振る舞うばかりでガムシャラに問題解決することが苦手なようだ。 ガスが復…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

偵察ドライブ

震災以来、ガソリン不足が深刻化していたので車の運転は控えていた。 このところのニュースで漸く物流に改善の兆しが見えてきたと伝えられていることもあり、様子を探るために2週間ぶりにチョイ乗りに出かけてみたのである。2週間も車を動かさなければ、こちらの低温気候ではバッテリー上がりを心配しなければいけないし、メインスーパーであるジ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

郵便局と生協と冷水シャワー

この震災でお見舞いの電話を頂きながら、たまたま小用を足していたために留守電預かりになってしまった伝言が何件かあった。 元会社役員で営業のドンと云われたF氏からの電話もその一つだった。留守預かりの伝言を聞いたとき、最初間違い電話かと耳を疑ったが間違いなくF氏。しかし、氏の電話番号を記録していなかったものだから止むなくハガキで…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

パンとワイン

イエス・キリストが異教徒の汚名を着せられ放浪の旅に出たとき、パンとワインがあると生き伸びることができると述べたことがあった。 昨日の時点で、私のところではワインの在庫はあっても遂に最後のパンの一枚を食べ尽くしてしまった。 ガソリンを使わないよう近隣のスーパーへ歩いて買い出しに出かけたが、およそ3時間も並んで…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

サバイバル生活の始まり

停電は 地震発生時から 丸3日続いた。 その間、マンション上階の水は出ないから1階の水道まで汲みに行かなければならない。マンションの受水槽には未だ水が残っていたのである。この水が無くなるときには周辺住民と同じように、給水車が来るまで近くの学校や公民館で長い列を作って待たなければならない。 そして当然ながら都市…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

白日夢

駅ビル地下一階に避難したものの停電状態に変わりはなく、非常灯だけがうら淋しく灯っているだけだった。 ホテルの説明によると、この非常灯も燃料が無くなり次第、消灯してしまうとのこと。地震前の地下の賑わいが残した余熱だけが恐ろしい現実に対する唯一の救いとなった。 多くの被災難民とともに過ごした夜は、ひっきりなしに襲…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

みなさま ご心配をおかけしています

東日本大震災で一時連絡とれなくなりましたが、昨日、漸く停電が復旧しPCの立ち上げができるようになりました。 その間、多くの友人の方々や 八甲田春スキー仲間のみなさん、そしてはるばる スペインのJuanからも 安否問い合わせのご連絡を頂き、大変ありがとうございました。ここに厚く御礼申し上げます。 前回 および …
トラックバック:14
コメント:3

続きを読むread more

余震は続く雪は降る

昨日正午前に発生した三陸沖大地震、その後、余震が30回以上も頻発している。 今日も早朝、背中に大きな揺れを感じて目が覚めたが、未だ朝の6時30分前。気持ち悪い超長周期の揺れがいままでにない恐怖感を呼び起こす。もしも海岸近くに住んでいたとしたら、きっと津波警報が発令されて早朝の緊急避難勧告が出されているだろうとうっとうしく思…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

遂にきた宮城県沖大地震!!!

30年周期で繰り返し発生すると云う宮城県沖大地震。今日の昼前、遂に恐怖の大魔王が襲来した!!! 午前11時45分、突然微振動発生。数秒後、横揺れが大きくなり地震発生と分かるが、いつもの地震と異なり揺れがさらに加速するように大きくなり、部屋中の物がガタガタと揺れだし恐怖感に襲われた。 3年前のあの岩手宮城内陸…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

雉が鳴くと地震の前触れ?

先週日曜(6月13日)の昼過ぎ、いつものようにプールで5クオーター泳いだあとジャグジーに入ってくつろいで居たところ、突然地震に襲われた。 それは最初、普段は揺れることのない浴槽のタイルが不気味な微振動を繰り返した直後、お湯の塊が大きく揺れたので地震だと分かったのだが、どの程度の震度かはお湯が緩衝材となりはっきりとは判らなか…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

濃霧に包まれた朝、雉は鳴く

4月に入っても天候は安定せず気温の低い日が続いていたが、今週月曜は一日中冷たい雨が降り続いた。そして翌日は朝から一面の濃霧。 明け方、キッチンの薄いカーテンから透けて見える外は乳白色に包まれていて、寝ぼけ眼に半開きとなった目には、視界はきっと10mあるかないかと思われる程だった。 いつもなら、ぐっすりと寝込…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more