テーマ:春スキー

3月に降る雪

暖冬の今年、3月1日は雪で始まった。 例年3月に雪は降るものだが、暖冬の今年は降らないのではないかという淡い期待もあったが、季節の繰り返しは覆しようもない。 やはり、冬は寒いものだ。暖冬傾向といいながら常夏の世界になるわけでもなく、四季折々に降るべきものは降り照るべきものは照る。それがこの国の姿なのだ。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

八甲田春スキービデオ2014年版 1年振りに完成

2014年版の八甲田春スキービデオようやく完成。 昨年4月末から5月にかけて撮影し編集に取り掛かったのだが、5月下旬からBIMOSやソウルオートサロンなど立て続けに中断事案発生し遂に今年3月まで引き延ばしとなってしまった。 なんとか2014年度内には完成に漕ぎ着けることができたことがせめてもの救いか、八甲田…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ひつじ年は我慢の年

明けましておめでとうございます。元旦からだいぶ日が経ってしまいましたが、修行が長引いてしまいました。 今年の抱負とか計画を述べるべきであろうとは思いますが、個人的な事なので別の機会にと思っています。その代わり一般的な事ではありますが、ひつじ年の動向について。 ひとことで、ひつじ年は我慢の年とか。卑近な例では、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八甲田春スキー物語2014 その1

八甲田から帰ってきてから次の予定のために準備忙しく、しばらく何も手がつかない状態が続いていた。恒例の八甲田春スキービデオ作成も然りであるし、このブログ更新もそうである。 ようやく次の目途がついてきたところで久しぶりに八甲田報告。 今年の八甲田は3日3晩天候に恵まれ絶好の春スキー日和。 新たな武…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい武器を入手して明日から八甲田

今年の八甲田、行くべきか否か迷ったが結局また性懲りもなく出かけることに。 左足の具合はだいぶ良くなったとは言えまだ完全ではなく、時々鈍い痺れが残っているのでストレッチが欠かせない生活だが、週末ごとのロードバイクトレを再開してからは格段に改善してきているので、山スキーで負荷を加えてやるほうがもしかしたら更に良いかもしれないと…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

初ロード

小氷河期到来かと思わせるほど寒い冬、気温低く降雪甚だしかったが、漸く遅い春の訪れ。 今日の土曜日は久々に気温上昇、とはいっても摂氏5℃程度か、北風吹きつけ空気冷たいが道路が渇いていたので今年初のロードトレへと出かけた。 思えば昨年11月2日以来のロードトレーニング。その間、例の原因不明な仙腸関節障害で 思うよ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

おうちキャンプ

今年の八甲田春スキーが終わって残ったもの、それは山用携帯ガスボンベ。 毎年ガスボンベを新調して八甲田へ持っていくのだが、山で使うチャンスは多くて3回程度。ほとんどは使い残して帰ってくるのでそれら使い残しのガスボンベが4つも5つも家の中にころがっていて、中にはボンベの底にさびが発生しているものもありやや危険な状態。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013八甲田春スキービデオ完成

7月に入って漸く今年の八甲田春スキービデオ完成。今年のハイライトは酒豪先生が参加したバックカントリーツアーの大岳小岳硫黄岳縦走コースでしょうか。 私は初日に膝をやってしまい、以降、温泉で休養の日々でした。昨年の風邪ひきと言い 今年の膝故障と言い、このところ八甲田はついていません。 さてその後の八甲田春スキー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

先週金曜日は久しぶりに東京へ

6月14日、花の金曜日は久しぶりに日帰り東京。 早朝5時30分起き、シャワーを浴びてトイレ行って朝バナナ食べて7時には家を出てタクシー捕まえる。 8時17分発のはやぶさ6号でいざ1年ぶり以上の東京へ……… ********************* 東京駅には5分遅れの9時56分ころ到着、…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

右ひざリハビリ開始

八甲田春スキーで右ひざ靱帯損傷、軟骨損傷の怪我をし痛みが引くまで4週間ほど様子を見るとの診察結果を受け、安静にしているべきか適度に運動すべきか悩みどころであった。 右ひざはまっすぐ歩く分にはやや不自由ながら何とか歩を伸ばせるものの、捻ったりするとたちまち痛みが走るので無理はできない。それにもまして通常の感覚と異なることは、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

右ひざ診察の結果

GW明け、病院へ行って 春スキーで痛めた右ひざの 診察を受けてきた。 楽天の主治医やベガルタの主治医がそれぞれスポーツ整形外科専門病院を開業していて、どちらも車で10分程度で行けるところにあるのだが、もっと近くに歩いて行けるところの結構大きい総合病院にもスポーツ整形外科があったのでそこで見て貰うことに。 診察…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

今年の八甲田は天候に恵まれず………

八甲田からは5月4日に帰ってきたが、今年の八甲田は低温異常気象の影響で天候に恵まれず、おまけに豪雪と雨の所為で滑らない重い雪質に板を捕られて右ひざねん挫。もしかしたら靭帯損傷してしまったかもしれない。 4月28日(日)の午後から滑り始めたが、一寸先も見えないガスが立ち込め足慣らしのフォレストコースへは行けず。なんとかダイ…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

来週から八甲田

今年も八甲田の季節がやってきた。 例年と同じくGW初めから八甲田行き。そのために、年間通して体調管理に努めてきたつもりだが、季節の代わり目毎に罹る春の風邪も早めに済ませてしまったから 昨年のように風邪ひき山登りの悪夢は 避けることができそうだ。 しかし、寄る歳波には勝てずか、原因不明の右肩から腕にかけての腱鞘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軽い病み上がりロード

日本酒塾打ち上げの後、久し振りに飲みすぎたせいか、やや風邪気味。 この時期、風邪をひいて拗らすと昨年の二の舞いになり、せっかくの八甲田行きが無に帰してしまうので、万全を期すため2週間ほどじっと安静にしていた。 その間、2度ほど病院に行き薬を処方してもらったが、幸いにも熱は出ず軽く喉が痛むだけの軽い風邪症状に落…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

日本酒塾の成果

日本酒塾を卒業した翌週、早速その成果が到着。 my日本酒6本が宅急便で着いた。最大8本(内2本は蔵元から贈呈+6本はほぼ原価で購入)のうち、2本は親戚に発送し残りを手元へ。 ラベルはオリジナルmyラベル。杜氏見習として酒を仕込み中のスナップの中から任意に選んでラベルに仕上げて貰った。この図柄は酒米をざるで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我覚醒冬眠

3月16日の土曜日、天候は薄曇り無風で気温13℃。 昨年12月以来、ほぼ3カ月ぶりにロードトレに出かけた。 最初は足慣らしのつもりで いつもの周回コースを 軽く1周程度と思っていたが、久しぶりのロードの感触に体が反応し結局のところいつもと変わらね3周半も走ってしまった。 ゼーゼー!! 昨年12月から気温…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

2012八甲田春スキー物語その8「箒場岱コース」

前回からの続き: 翌日、月が変わって5月1日となるも依然として天候は快晴。朝風呂に入り体調を確認し今日は登り1時間以上の箒場岱コースでも大丈夫と気合いを入れた。 ロープウェイ山頂駅から1kmほど軽く滑り降り、登山出発地点の標識から登り始めたのは午前10時ころ。気温高く無風なのでたちまち汗ばみ上着を脱ぐ。 病…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

2012八甲田春スキー物語その7「再びシャンパンディナー」

前回からの続き: 八甲田温泉コースを午後1時までに滑り終えた後、シャトルバスでロープウェイ山麓駅に戻る。 天候は依然として快晴。風邪の後遺症による体調も悪化はしていないようなので、再びロープウェイで山頂駅まで登り本日2本目となる城ヶ倉温泉コースを目指す。 このコースは山の南面を滑走するコースで宿となるベース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012八甲田春スキー物語その6「八甲田温泉コース」

前回からの続き: 翌4月30日(月)、朝から快晴。朝風呂に入り眠気を覚ましながら体調を確認するが微熱があるのかスッキリせず。 微妙な体調では板を担いでの山登りなど体力を使うことは差し控えなければと思い、ロープウェイ山頂からほとんど下るだけの八甲田温泉コースを選び、いざ出陣。それでも結構なロングコースだから滑りきるまで2時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012八甲田春スキー物語その5「シャンパンディナー」

前回からの続き: フォレストコースで足慣らしのあと、スキーの上手い酒豪先生は更にダイレクトコースのこぶ斜面を試したかったようだが、監督の体調に合わせて貰い、申し訳なかったが早々にベースキャンプに引き上げることに。 宿の露天に入り燗酒を飲みながら2年ぶりの八甲田に染みいるも、身体ややだるく例年のように1時間も2時間も長湯す…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

2012八甲田春スキー物語その4「フォレストコース」

前回からの続き: 4月29日(日)午後、ベースキャンプとなるホテル城ヶ倉へ到着。昨年は大震災と原発事故のために春スキーを自粛したので二年ぶりのチェックイン。 早速、宿の車でロープウェイ山麓駅まで送ってもらい、山頂駅を目指す。ことしは Mont-Bellカード 持参したのでロープウェイ利用料金が10%引きとなる優待特典。こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012八甲田春スキー物語その3「ベースキャンプへ出発」

前回からの続き: 4月29日(日)、春の霧に覆われた朝、勇躍ベースキャンプへ出発。 10分ほど走って高速に乗り一路北を目指す。GWに入った最初の日曜日ということで比較的込み合っていたが渋滞になるほどでもなく、順調に距離を重ねる。 およそ4時間ほど走って津軽SA到着。 ここでは津軽富士と言われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012八甲田春スキー物語その2「出発前、安全祈願の飲み会」

前回からの続き: 午後3時30分ころシュルパマンションに到着。その足で アウトレットへ出かけmont-bellショップで S氏は携帯バーナー用の燃料購入、そしてmont-bellクラブに加入。 監督は既にクラブ加入済みだったが、このクラブカードを提示するとベースキャンプの宿でウェルカムシャンパンサービスに与かれるので各人…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

2012八甲田春スキー物語その1「シェルパマンション到着」

漸く今年の春スキービデオ完成につき、ブログに時間を割くことができるようになった。今日からその春スキー物語第1回は「シェルパマンション到着」。 4月28日(土)昼ころ、空港にてS氏搭乗の飛行機を待つ間、1階の到着ロビーにある牛タン専門店でラーメンをいただく。 いままでいろんなラーメンを食べてみたが牛タンラーメン…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

2012八甲田春スキービデオ完成

今年の 八甲田春スキービデオ が完成したので、いつものように春スキー仲間に発送した。 今年は大震災余震の心配大のところ、地獄の揺れをも恐れぬふとどきもの2名の参加となったが 山は好天に恵まれ絶好の春スキー日和となったが、このようなときに限って体調おもわしくなく、風邪の後遺症を引きずって の山スキー&温泉となってしまい、同…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

夏ロードと春スキービデオ

風邪の後遺症も ほぼ完治し、先週土曜日はいつものロードへ出かけた。 気温22℃、湿度55%くらいと決して夏とは言えない気象条件ではあったが、晴天無風につきバイクウェアも半そでジャージーと短パンと完全夏スタイル。 極端に暑くもなく、かと言って寒くも涼しくもなく、初夏の丁度良い気象条件のもと、4月に風邪をひく前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八甲田の後も体調不良で踏んだり蹴ったり?

GW最終日漸くシェルパマンションに戻ってきたが、体調は八甲田出発前とほぼ変わらず具合悪い。 山に登って新鮮なオゾンを思う存分吸うと風邪も飛んでいくかと思ったが、現実はそのような勝手な思い込みどおりにはならなかった。咳がでて熱もある。 週明け、早速診療所に駆けつけると慢性気管支炎になったかもしれないと言うこと…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

2年ぶりにメモリーカード増設

今年の八甲田行きに合わせてデジカメ新調し フルHDムービーで60p撮影が可能となったものだから、その記録媒体も容量アップを図った。 60p撮影なので60iに比べて2倍の容量が必要となるはずなので手元のSDHCカード32GB+16GB+16GB=64GMでは不足すると思い、PCボンパーでclass10のSDXCカード64G…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

今年の八甲田は3日3晩快晴無風

GWの始まった4月29日、福岡からやってきたS氏と共に車で八甲田へ出かけた。 昨年の3.11大震災のあと八甲田行きは見送っていたところだが、今年どうすべきかだいぶ迷った挙句、余震のリスクや新たな北海道沖地震のリスクを排除できない中、ある意味無謀にも出かけたのである。 今年どうすべきかをメンバーに図ったときには…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

八甲田の前にデジカメ物色

先週風邪ひいてから 3日3晩寝込んで安静にしていたが、熱下がらず39℃の状態がずっと続いていた。 激しい咳は薬が効いたのか治まってきたのだがその分、熱として症状が不安定な小康状態を保っているようで、いつ、爆発するか分からないテポドン状態であった。 あまり安静にしていても自己免疫機能も低下するに違いないと思い、…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more