3度目の釜山ルート その3

前回からの続き
中部空港には予定時刻通り13:05に到着、即座に3階国際線搭乗フロアに移動し大韓航空カウンターでチェックイン。



乗客は殆んど並んでいなかったし、事前にモバイルチェックイン済みだったから搭乗引き換え券とパスポートを提示するだけで搭乗手続き完了した。出国審査を受けて搭乗ゲートへ入ったのが13:45ころ、ゲートでの搭乗締切時刻は15:00だから1時間以上の余裕であった。



大韓航空に乗るのは初めての事なのだが、どちらかというと乗りたくない航空会社の代表格という印象があった。それは歴史上の悲惨な事件の影響でもある。
1983年、ニューヨークから金浦空港へ向かう大韓007便が日本海上で旧ソ連の戦闘機により撃墜され乗客乗員269人全員死亡。
1987年、バグダッドから金浦空港へ向かう大韓858便が北朝鮮工作員によりビルマ西部アンダマン海上で爆破墜落、乗客乗員115名全員死亡。
直近では大韓航空経営陣趙一族の不祥事が華々しい、長女:ナッツリターン事件、二女:水かけ暴行事件、会長:巨額脱税事件、奥様:暴行パワハラ事件、長男:裏口入学事件と韓ドラの上を行っている!!!



安全第一の飛行機において撃墜事件や経営陣の不祥事に事欠かないということであれば、そのような航空会社は利用しないことが鉄則であるが、他に釜山行きの飛行機が限られる状況下では背に腹は代えられず、怖いもの見たさも手伝ってやむなく乗ってみることになった。



15:35定刻より10分遅れで大韓754便は釜山へ向けて飛び立った。
乗ってみて第一に驚いたことはエコノミークラスのシートピッチがLCC並みに狭いことであった。アシアナより明らかに狭くエアープサン並みか? 国内線のANAボンバルディアの方がはるかに広い。
それでも各シートにテレビモニターが付いていることが唯一の救いだが目との距離が近すぎて観づらいこと見づらいこと!!


画像

機内食は昼食でもないし夕食でもない時間帯なのでいわゆる軽食らしきものだが、コンビニおにぎりとおつまみという変わった組み合わせ。アシアナ同様ビールは出ないのかと思ったが、要求するとなんと! バドワイザーが出た!!!
国際線だから酒が出て当然と思うのだが、さてはて、それではアシアナでビールや酒が出ないのは一体全体どうして???

次回へ続く




《新品》SONY (ソニー) α7III ボディ ILCE-7M3【α9カメラグランプリ受賞記念キャンペーン対象】[ ミラーレス一眼カメラ | デジタル一眼カメラ | デジタルカメラ ] 【KK9N0D18P】
マップカメラ楽天市場店
種別:デジタル一眼カメラ NOTEソニーの最先端カメラ技術を凝縮した“フルサイズミラーレス”ベーシッ


楽天市場



"3度目の釜山ルート その3" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント