線量計入手

震災による原発事故以来、周辺の放射線量を測定してみたいと思っていたのだが漸く線量計入手。



エステー化学が半導体方式による線量計を開発していたが最近ようやく市場に流通し出したとみえてヨドバシでもそれなりの価格で販売するようになった。



半導体方式はガイガー管方式に比べて測定精度の安定感高く消費電力も少なくて小さく軽くできるから、家庭で手軽に測定するにはうってつけである。おまけに生産性もよいから価格も安い。



ガイガー管方式ではなにせ真空管と同じだから測定誤差較正のために定期的に調整検査を受けなければならないが、家庭用途としてはほぼ不可能なことだ。その点、半導体方式なら出荷から10年は安定しているだろうから製品寿命が尽きるまで較正なしてほぼそのまま使えると思って良い。


画像
早速、家の中の空間線量を測定してみると、概ね0.08μSv/h以下(年換算で0.73mSv以下)、心配していたベランダの排水溝付近でも0.09μSv/h以下(年換算で0.82mSv以下)と日本におけるこの地域の自然放射線0.90~0.99mSvを下回った。



震災前の実測値を持ち合わせていないので原発事故によりどれだけ放射線量が増加しているのかは判らないが、少なくともこの地域の自然放射線量を下回っていると言うことは、事故による放射能飛散の影響をほとんど受けていないと確信できるのである。



もっとも、この手の測定は1回とか数回程度では信頼度に欠けるから、体温計と同じで毎日毎朝定期的に測定しグラフ化して観察できるようにしておくのが良い。事故を起こした原発だって未だ終息しているわけではないし、日々相当量の放射性物質を放出し続けているわけだから、今後、完全廃炉に到るまで毎日毎日地道に観察を続ける必要があるだろう。




【2sp_120307_a】エアカウンターS(国産放射線測定器)エステー化学(ガイガーカウンター)【限定数在庫あり楽天最安値挑戦価格】
シート類ならカウ太郎・楽天市場店
製品名エアカウンターS希望小売価格税込み7,900円発売日2012年2月3日出荷(発売時出荷数:10


楽天市場 by 【2sp_120307_a】エアカウンターS(国産放射線測定器)エステー化学(ガイガーカウンター)【限定数在庫あり楽天最安値挑戦価格】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



"線量計入手" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント