久々のロードバイクはブレンボ気分

今日の気温は16℃。昨日と空気がすっかり入れ替わり、暖かい春の陽気となったので、久しぶりにロードバイクを漕ぎに出かけた。



2月初旬にブレーキシューを交換してから 土曜ごとに天候に恵まれず、また、仮に好天であったとしても出かける用事があったりして、本日まで試乗の機会がなかったものだから、およそ、2カ月ぶりのロードバイクトレーニングとなった。



その間、ランニングとスイミングはいつものように行っていたのだが、バイクトレが欠けると、やはり筋力が衰えるようで、毎朝走る力にもいまいち勢いがないと感じていた。



ブレーキシューを交換してから初めてのライディングなので慎重に走り出したが、テストのために軽くブレーキレバーを引いてみたところ、その感触に驚いてしまった。



ブレーキを掛けたときの剛性感がなんと高いこと!!!
そして、音もなくスッと止まる快感!!!



これぞ、ブレーキという言葉そのものの感触はいままで味わったことがないものであった。いわば、車におけるブレンボの4ポッドキャリパーも左もあらんという感じで、凄まじく良く効くのである。


画像
これだけ効果があるならもっと早くパッド交換しておくべきだったと悔やまれるくらいで、これだけ信頼感が増すと、長い下りのコーナーを思いっきり攻めることができると思ったのである。一切の不安なく、剛性感たっぷりに音もなくスッと止まるブレーキ!



トヨタの車に乗って 最初に感じたのはそのカックンブレーキ傾向であった。いまどき、そんな時代遅れのブレーキがあるのかと驚いたが、止まらないよりはとにかく止まるほうがよいでしょうという説明にも納得がいかなかった。その車はプリウスではなかったのだが、ブレーキ設計において同じ基準や同じ評価方法を採っているとすれば、すべからく似た傾向を示すのであろう。



あるいは、トヨタのみなさんはロードレーサーの素晴らしい効きを示すブレーキ感触をご存じないのであろうか、ブレーキを掛けてから一切の空走感なく思いどおりに止まるブレーキ性能は、なによりもドライブに余裕を生み出し安全運転を約束する基本なのである。





◎ [8,000円以上で送料無料!]★☆その他のお買得セットも必見! ページ内おすすめバナーをチェック!★☆   ソニー Cyber-Shot DSC-TX5 グリーン 《 》
デジカメ オンライン
防水・防塵機能を備えた、夜景や室内も美しく撮れる、スタイリッシュスリム■動く人物も自然に写せる、進化


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



"久々のロードバイクはブレンボ気分" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント