VAIO -TAP21ファンに贈るSSDツインドライブ計画 おまけ

VAIO-TAP21をSSDツインドライブ化し2TBのモンスタータブレットとして快調に使用しているが、Windows10へのバージョンアップ終了時期が迫ってきたところで、とりあえずOS延命措置を実行してみることとした。
VAIO-TAP21ファンに贈るSSDツインドライブ計画 その1
           ↓ ↓ ↓
VAIO-TAP21ファンに贈るSSDツインドライブ計画 その8


そもそもVAIO-TAP21を購入した切っ掛けは、SONYがPC事業撤退を決めたことからVAIO Movie Creatorが手に入らなくなる恐れがあると思い、そのソフト最新版を入手するためであった



したがって、VAIO Movie CreatorがWindows10上でも問題なく動作することがOSバージョンアップ時の最大関心事であるのだが、事前の調査では、それに関する一切の情報が無かった。ただし、MSからの催促メッセージでは、TAP21上で動作するすべてのアプリはWindows10と互換性ありと謳われていたので、それを信ずるならばバージョンアップを行う価値ありと判断したのである。



もしもVAIO Movie Creatorが動作しなくなったら、OSを元のWindows8.1に戻せばいいや、と軽く考えてのことではあった。Windows10が気に入らなければ、1カ月の猶予内に元のOSに戻せるという特約付きなのである。
それでも念には念を入れて、ドライブC:のイメージドライブとドライブD:の映像ファイルをバックアップしておいて、MSの都合に関わらず、いつでも元に戻せるようにはしておいたが。



画像
Windows10へのバージョンアップは以外に簡単。操作メッセージ通り行えば、数時間も掛からず終了してしまった。



画像
早速Windows10を起動して一通り各種アプリを動作させてみると、サクサク動くようである。但し、一つ問題が起こった。それは動画再生時に画面右半分が流れるという現象が発生したのである。



画像
Webで調べてみると、VAIOの設定項目にX-Reality for Mobileという項目がありそれをOffにすると治るとあったので、早速試してみると、正常に動画再生できるようになった。SONYの障害報告でもその項目は載っておりX-Reality for MobileはWindows10とは互換性がないので削除対象となっていた。(本来、削除ではなくWin10対応のためにバージョンアップすべきところなのだが、PCから撤退してしまったSONYには全く誠意が感じられない!!!  コストが全てではないぞ、やるべきことをやって初めてユーザの信頼を維持できるという極めて基本中の基本をいまのSONYは失っている!!!)



さて、肝心かなめのVAIO Movie Creatorであるが、いまのところWindows10上でもムービー作成に支障なく、素人でも子供でも誰でも容易にプロ顔負けのムービーを生成できるという最大の特徴をいかんなく発揮できている。






したがって、今回のOSバージョンアップは成功と言えるのであった。少なくとも今後10年くらいはWinodws10上でVAIO Movie Creatorを動作してムービー作成できるだろう。MSがWindows10のメインテナンスを終了するとしたら、それくらいの時間はかかる筈さ!




【状態良好】液晶一体型PC SONY VAIO Tap 21 SVT2122SBJ 快適Core i5 4200U 1.60GHz 4GB 500GB Win8.1【あす楽】【中古品】【消費税込】【送料・代引手数料無料】
パソコンショップ プラン
商品特徴 どの角度からでも見やすいIPS方式のマルチタッチ対応ディスプレイを採用。 バッテリーを搭載


楽天市場 by 【状態良好】液晶一体型PC SONY VAIO Tap 21 SVT2122SBJ 快適Core i5 4200U 1.60GHz 4GB 500GB Win8.1【あす楽】【中古品】【消費税込】【送料・代引手数料無料】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック