VAIO -TAP21ファンに贈るSSDツインドライブ計画 その7

前回からの続き
TAP21のHDDをmSATA 1TBのSSDに換装した場合、それはHard Disk Drive2として構成される。
画像




この状態から新たにSSDを増設するわけであるが、その手順は以下のとおり。



① SSDを取り付けるためには、「VAIO -TAP21ファンに贈るSSDツインドライブ計画 その2」で取り外したHDDからマウントアダプターを外し、SSDに付け替える。
画像


          ↓↓↓
画像




② TAP21本体にSSDを取り付ける。
ここまでの操作でバックパネルを仮止めしていれば、容易にそれを開けられるはず。
また、内臓電源SWの取り扱いなど注意のこと。
画像

          ↓↓↓
画像




③ 再びバックパネルを仮止めし、ACアダプターをつないでからASSISTスイッチを押してVAIO Care(レスキューモード)を立ち上げてBIOS設定を起動する。
画像




④ Hard Disk Drive1とHard Disk Drive2にそれぞれ1000GBと容量が表示されて、SSD2ドライブ構成となったことを示している。



ここまでできると、ほぼ完成の域に近づいたこととなる。あとはHard Disk Drive1を1GBのストレージとして設定するだけであるから極めて容易。
ただ、「VAIO -TAP21ファンに贈るSSDツインドライブ計画 その2」でも述べたことだが、BIOS設定ではSSDを認識できるがWindowsを起動すると認識できず「ディスクの管理」で表示できないのでにっちもさっちもいかなくなる方も居られるようだが、それはSSDの故障ではなく、Windowsのデバイスドライバー認識プロセスの障害である。



「デバイスマネージャー」を起動し、「操作(A)」の「ハードウェア変更のスキャン(A)」を実行すると、ディスクドライブに新しいSSD用デバイスドライバーが追加される。(今回はSamsung SSD 850 EVO 1TBと表示される)
以降、ディスク管理に新しいディスク情報が表示されてディスクドライブとして認識されるのである。



さて、これで終わっては、いままでの投資額と作業に要した時間に対する成果が物足りない。ここまできたら、最近のUEFI構造のPCがどのように振る舞うのか徹底的に検証してみたくなり、特にTAP21の場合、2ドライブ構成を可能にしながら起動ドライブをBIOS設定で選べない構造なので、両方のドライブにOSを載せたらどうなるのか、試してみることにした。


次回へ続く




【新品】SONY VAIO ビジネス VAIO Tap 21 SVT2122SBJ 21.5ワイド/タッチ/Win8.1Pro64/Ci5/4GB/500GB[在庫あり]
Gnetアキバ
こちらの商品の延長保証のお申込み ⇒※ 新しいウインドウで開きます。こちらの商品の物損保証のお申込み


楽天市場 by 【新品】SONY VAIO ビジネス VAIO Tap 21 SVT2122SBJ 21.5ワイド/タッチ/Win8.1Pro64/Ci5/4GB/500GB[在庫あり] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







MZ-75E1T0B/IT【税込】 サムスン Samsung SSD 850EVOシリーズ 1.0TB(ベーシックキット) [MZ75E1T0BIT]【返品種別B】【送料無料】【RCP】
Joshin web 家電とPCの大型専門店
在庫状況:入荷次第出荷□「返品種別」について詳しくはこちら□2014年12月 発売【ご購入後のお問い


楽天市場 by MZ-75E1T0B/IT【税込】 サムスン Samsung SSD 850EVOシリーズ 1.0TB(ベーシックキット) [MZ75E1T0BIT]【返品種別B】【送料無料】【RCP】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック