夏野菜頂きました

それは未だ残暑厳しいころ、心身ともにヘトヘトになってプールから戻って来た日の出来事だった。



エレベーターで一緒になった住人の方から、段ボール箱に入っている野菜を見せつけられ、いま畑から採ってきたばかりなのでよかったらどうぞと、お裾分けに与かったのだった。


画像
小ぶりな段ボール箱には、トマトとかナスとかゴウヤが盛りだくさんで、いかにも採りたてで新鮮な野菜たちがどうか貰ってくれとばかりに嬉しい声をあげていたので、初対面の方ではあったが野菜たちのご要望に応えて遠慮なく頂くこととした。



いつもはスーパーで購入する野菜だが、地場ものの比較的新鮮なものが入手できはするのだが、お裾分けいただいた野菜はそれ以上に採れたてのほやほや故、超新鮮!!!



普段、野菜は手間暇のかからないトマトとキュウリと決めていて、水洗い後そのままカットして食べているのだが、今日はゴウヤとナスゆえ、特別にゴウヤちゃんぷるを作ることとした。とは言っても、ガスコンロは使わず電子レンジで。何故かというとレンジ周りが油で汚れると掃除が大変なので、基本、ガスコンロは使わないことにしているからなのだ。


画像
電子レンジ用魚焼き鉄器? に胡麻油がないのでオリーブオイルを敷きカットしたゴウヤとナスを並べてレンジでチン(温野菜コース)、6~7分で出来上がり。鉄器の蓋を取って調味料を適宜振りかけ卵を載せる。そして再び蓋をして卵に熱が入ったところで出来上がり。あっ……、豚肉入れなかった!



胡麻油じゃなくオリーブオイルだったので味は全くいただけなかったが、ゴウヤとナスのうまみは十分感じられた。しかし、ちゃんぷるなるもの、やはり、豪快にフライパンで強力火力の元、一気に過熱するのが基本、それが油と野菜のシンナリさが引き立つ技なのだ。それは重々知ってはいるものの、ガスコンロ周りが汚れることは食の欲求以上に切ない出来事なのであった。







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック