迷走SONY デジカメXAVC S 対応でついに墓穴を掘る

8月下旬、ひっそりとデジカメDSC-RX10のバージョンアップが行われた。


画像
それは日頃、既存製品についての機能アップを実施しないSONYにしては珍しいことで、4KフォーマットのXAVC S でのムービー撮影を可能とするものであった。もちろん、RX10ハードウェアとしてはムービー解像度として1,920×1,080ドットが設計上の上限だからそれが4Kの3,840×2,160ドットになるわけではなく、2K解像度のままXAVC Sフォーマットを採用し書込みビットレートを50Mbps/60pまで高速化するというものである。



従来のAVCHD方式では28Mbps/60pが最高速だからおよそ2倍近く高速化され動画画質の向上に寄与することになるはずである。実際、RX10で撮影した写真と動画をミックスしてVAIO Movie Creatorでショートムービーを作成してみると、写真の切れの良さに比べて動画がくすんで見えることが現実なのだ。





だから、このバージョンアップは非常に好ましいことと思われた。併せて、画像管理ソフトPlayMemories HomeもXAVC S対応したのであるが、何故か肝心かなめのVAIO Movie Creatorが非対応なのである。PlayMemories Homeのツール機能にVAIOクリエーションというものがあり、そこから「ショートムービーを作成する」をクリックするとVAIO Movie Creatorが起動するようにリンクされているにもかかわらずである。



VAIO Movie CreatorはSONYがデジカメやビデオカメラ拡販のためのキラーツールとして開発したソフトで(もちろん、PC拡販目的もある)、ムービーのシナリオをテンプレートとして標準提供することにより素人でも子供でもプロ顔負けのショートムービーを手軽に作成できる画期的なソフトである。



考えられることは、業績低迷でVAIO売却のやむなきに至りPCから撤退してしまったことでPCハードのみならずそれにかかわるソフトまで撤退しなければならないと誤解したことであろう。



しかし、賢明な経営者ならわかるはずであるが、PCハードは売却のやむなきに至りVAIOユーサーを失うことになるとしても、PCを利用するデジカメであるとかビデオカメラであるとかブルーレイであるとか、それらユーザーを同時に失うことは極力避けるはずである。
デジカメならば、いままでVAIOにかかわっていた部分、PlayMemories HomeとVAIO Movie Creatorを真っ先に所管異動しデジカメ部門のソフトとして開発継続しなければならないはずだった。
少なくとも私がSONYの社長ならそのように決断し、VAIOハードは売却するが、他の商品にかかわるキラーソフトはPCソフトとして提供継続しようと経営判断しただろう。





PCを失ったSONYが今後どのようにAV部門の商品世界を構築するつもりなのか、今回のデジカメの一件を見ると傍目にも不安でならない。PCハードとそれにかかわるソフトの区別もつけられず、自社デジカメ防衛のためにはPCから撤退しPCハードを失ってもPCソフトは依然として開発しなければならないというごく当たり前のことさえ理解できない経営者では、この競争激しい業界を生き残ることはできないであろう。



いままで、VAIO Movie Storyやそれに続くVAIO Movie Creatorというキラーソフトがあったからこそ、SONY製の高価なPCデジカメを何台も購入してきたしテレビだってそれに合わせてわざわざBRAVIAにしたものだが、そのソフトが失われたいま、SONY製にする必然的理由がなくなってしまった。



Adobe Premiere Elements 13がVAIO Movie Creatorと似た機能を備えようとする昨今、遂にSONYの呪縛から解き放されメーカーフリーの立場で最適なデジカメやPCを選択できるようになることは喜ぶべきことなのかそれとも悲しむべきことなのか、それはシェイクスピアのリア王にも似た複雑な心境なのであった。





【あす楽】 ソニー Cyber-shot DSC-RX10 (Sony コンパクトデジタルカメラ)
カメラのキタムラ
【製品特徴】■1.0型裏面照射型CMOSセンサー”Exmor R”有効約2020万画素■チルト式3.


楽天市場 by 【あす楽】 ソニー Cyber-shot DSC-RX10 (Sony コンパクトデジタルカメラ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック