この時期は不思議とデジカメ物色

手持ちのデジカメDSC-HX9Vは未だ1年も使っていないのだが、実は昨年の秋、酔いつぶれて記憶が無くなったときに落として壊してしまった。



温泉の露天に入り気持ち良さの勢いのままカラオケで独唱したまでは良かったが、途中から記憶が飛んで気が付いたら部屋の中でいすに座ったまま寝ていた。翌日、二日酔いの寝ぼけ眼でデジカメをチェックしたところ、何故かズーム動作がぎこちない。酔っている間にデジカメを落として壊してしまったのである。



デジカメなくては商売できぬ時代だから、早速、ヨドバシに持ち込んで修理依頼。購入してから1年以内なので当然無料と思っていたが、取り扱いの問題があると判定されれば有料もやむを得ないところだったが、10日ほどで修理完了となり、結局のところ無料。やれやれ…………



その後、復調したデジカメを何度か使っていたものの、ズーム動作の際に何となくぎこちなく、先日、大寒の日に開催された日本酒塾の時、石巻マンガ電車をムービーで撮影した際、ズーム動作音がノイズとして録音されてしまった



これでは、せっかくの映像が無駄になってしまうと思い、新たなデジカメ物色が始まった。



要求条件はムービー機能がフルHDで60p撮影可能、且つ、ムービーフォーマットがAVCHDであること。デジカメなのにムービーの条件だけが優先される訳だが、いまや、動画投稿サイトは無視できない存在なのだ。へたなビデオカメラよりはデジカメムービーの方が高性能な時代だし。



それと、MOV系フォーマットは編集のことを考えるとWindowsと相性が悪いのでパス。無償のWindows Liveムービーメーカーでは読めないので膨大な時間を費やしてフォーマット変換しないといけないのは到底耐えられないことである。



これら条件を満たすデジカメとなるとSとPしかないので、両社検討するもPは性能が1年遅れでそのくせ価格も高いから自動的にSとなってしまった。それもモデルチェンジ間近のDSC-HX30V。昨年の春に発売されてからほぼ1年経過するので価格もこなれている。ヨドバシで交渉するとほぼネット最安値(いまどき極あたりまえのこと)の21k。更に下取りも可能と言うので、手持ちの古いデジカメを処分のつもりで提示。


画像
それはいまから10年以上も昔、初めてデジカメなるものを使い始めた時の記念すべきモデルだったのだが、当時からムービー機能は付いていて、しかもインナーレンズ方式と言う極めてユニークだったミノルタのDimageX。デジカメ時代の荒波にもまれてミノルタと言う老舗のカメラメーカーは既に倒産しカメラ部門はSONYに買収されて一眼レフのαレンズとしてその系譜を残しているわけで、DimageXは何となく記念のつもりで残していたのだが、粗大ごみになるのも嫌なので遂に下取りとして処分決定。



バッテリーを充電して電源を入れてみるとご覧のように現在でも立派に使える。解像度も1,600×1,200ドットもあり捨てるのは惜しいくらいだが、時代の趨勢には逆らえない。


画像
新たに我が家の一員となったDSC-HX30Vは前モデルのDSC-HX9Vとほぼ同じ大きさ。重量のみやや軽くなっているが、解像度は1,600万画素から1,800万画素、光学系は16倍ズームから20倍ズームへと向上。デジタルズームを活用すると40倍となり、それは35mm換算で1,000mm相当!!!


画像
ポケットに入る大きさのコンデジで1,000mmの撮影が可能となれば、UFOでも 雉でも 何でも撮影可能、運が良ければロシアに墜落した隕石だって撮ることもできる。



さぁ~て!  これから春間近、デジカメの出番が増える季節である。




【あす楽】 ソニー Cyber-Shot DSC-HX30V (B) ブラック【kt01】 【SSspecial03mar13_appliance】
カメラのキタムラ
楽天市場の翌日配送サービス詳細はこちら■センサータイプ:1/2.3型 "Exmor R&q


楽天市場 by 【あす楽】 ソニー Cyber-Shot DSC-HX30V (B) ブラック【kt01】 【SSspecial03mar13_appliance】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • スプリング トワイライト

    Excerpt: 春の訪れ遅く、左世界に沈んだ太陽も そろそろ臨界を越え輪廻の右世界に近付く この頃、痺れを切らしたように鮮やかな夕焼けが現われた。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2013-03-09 20:08
  • 爆撃機

    Excerpt: 春の青空が広がった3月のある日、爆撃機飛ぶ。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2013-03-18 18:35