震災後2回目の確定申告はすっかり猫気分

昨年に引き続き、2月に入って早々に確定申告を行ってきた。



大震災の被害により単年度では引き切れないほどの雑損控除繰り越し分を抱えているから今回も所得税などが全て還ってくるのであるが、昨年春に実施した住宅修理費を 更に損失計上しようとしたところ、それはうまくいかなかった。



市民的感覚からすると、大震災により毀損した不動産価値に加えてそれを元に戻すべく修理するに要した費用も当然のことながら損失費用に含まれると思うのだが、税務署の大雑把な説明では修理費が当初損失額を上回った場合のみその差分を損失計上できるとのことで、住宅修理が内壁ボード修理や壁紙張り替え程度では微々たる金額としかならず、当初の損失額は変わることが無かった。



e-Taxに損失額を入力した時点で損失0円と計算されて何故??? と思ったのであるが、計算の背景を優しく解説してくれるまでの機能はそのソフトには無いから、結局のところ税務署に出かけて職員から口頭で説明を受けなければならなかった。雑損控除繰り越し分を抱えている多くの被災者が同じ憂き目に遭っているだろう。



いずれにせよ当方の場合、大震災被害による損失額に比べれば住宅修理費は誤差の範囲と云えるほど僅かなものなので大勢に影響なし。今年も雑損控除繰り越し分が残って、稼ぎがよっぽど大きくならない限りあと数年はタックスフリー生活が続く。


画像
税務署の帰り、遅めのランチ。最近お気に入りの定食屋でグラスビールとサバの焼き魚定食を頂く。家で魚を焼くことはできるがガスレンジから発する煙とにおいがリビングの壁紙を汚すと思うととてもそんな調理はできず、焼き魚が食いたくなった時はほぼ毎回外に出てこの店で食べることにしている。地場ものの金華サバを日干しした半身を業務用の強力ガスコンロで焼いたそれは頭から丸ごと食えるほど柔らかで脂たっぷり。



今年も税金が戻ってくると言う嬉しさも手伝い、気持ちはすっかり猫気分なのであった。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 今年の確定申告

    Excerpt: 2013年分の確定申告は大雪が降る前に済ませていたので、このところの2週連続の大雪被害にも慌てることはなかった。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2014-02-17 19:04