日本酒塾入校

9月下旬、浦霞の日本酒塾に入校。日本酒塾と言っても飲み会の塾ではなく酒造りの塾。毎月1回、来年3月まで通うことに。



申し込んでから3年目にして漸く入校を許可されたが、けっして杜氏になろうとか酒屋を開業しようと思っているわけではない。純粋に酒造りに興味を持ったからかな???



人生、子供のころから酒に関しては飲むことばかり。少なくとも煙草を覚えるよりは酒の方が早かった………と、告白してみても子供のころ飲んだのは正月に親と一緒にお神酒をほんのおちょこ一杯だけなので、無駄な想像など誤解無きよう。
酒を飲むためにも酒造りを知っておくことは当然のことと酒飲みは思うのである。



浦霞は塩釜に本店があり、たぶん酒造りもそこで行っている。昨年の大震災により地震と津波の被害を受けたはずだが現在は綺麗に復興していた。塩釜の街中は塩釜神社をはじめとしてまだまだ復旧工事の真っ最中。政府が企画し増税までして金をかき集めた復興復旧予算が被災地には行きわたらず役人の使い込みで他に流用されているとは日本人として嘆かわしい!!!



そのような破廉恥な発想をした役人とそれを管理監督できなかった政府民主党は即刻死刑だ!!!
少なくとも中国ではそのようになるだろうし、後進国では間違いなく国家反逆罪だ。


画像
さて、本題の塾であるが、入校式のあと、浦霞の社長が日本酒の歴史や種類、製造方法について約2時間弱の講義。そのあと、いよいよお楽しみの利き酒の時間となった。



日本酒はワインなどとは違って香りや味の変化が顕著ではないと思っていたが、人生60数年、伊達に酒を飲んでいたわけではないとの自負から当日、並べられた5種類の日本酒の香りと味は容易に識別できると自信たっぷりだった。



少なくとも最初に利き酒をした純米浦霞まではそのように思っていたが、なにせ初めての経験、次から次へと押し寄せてくる銘柄にたちまち鼻と舌が麻痺し識別不能となってしまった???



生貯蔵酒、吟醸酒、大吟醸酒、純米樽酒と続いたが、利き酒用おちょこに盛られた酒はもったいなから吐き出すことはせず全部飲んでしまった所為もあり、それは凡そ一合を短時間で飲んだことになり、さすがに酔いも回る。おまけに当日は9月も下旬であったが夏の名残り漂う暑い日。酒の香りを嗅ごうとおちょこを手に持って鼻に近づけるも手から発する熱が邪魔をして香りを飛ばしてしまうのであった。


画像
すっかり打ちのめされて自信喪失。己は何の才能もないただの飲んベーだったのか?
そうかもしれないと思いつつ、程良く酔いが回り気持ちだけは愉快な気分。そのあとの懇親会でも銘酒浦霞の数々を存分に味わったのであった。






次回へ続く




【お中元】【御歳暮】【清酒ギフト】がんばろう東北 浦霞 純米酒セット 720ml 2本セット
吉田屋酒店
東北を代表する宮城の銘醸『浦霞』の、純米酒のみくらべセットです。【セット内容】●宮城『浦霞 純米酒


楽天市場 by 【お中元】【御歳暮】【清酒ギフト】がんばろう東北 浦霞 純米酒セット 720ml 2本セット の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 日本酒塾 第7回目 卒業式

    Excerpt: 前回からの続き: 3月下旬、第7回目の日本酒塾は卒業式。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2013-03-29 18:52
  • 日本酒塾生会パーティ

    Excerpt: 7月下旬、個人的夏休みに入る前日に浦霞日本酒塾の塾生会パーティがありました。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2013-08-27 19:01
  • 日本酒塾同期会

    Excerpt: 昨日11月9日(土)は 浦霞日本酒塾の 同期会。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2013-11-10 15:35