雪降る中の銀輪トレ

画像先週土曜日、気温低く5℃程度、この時期としては酷い厳寒の中、今年2回目の銀輪トレ。



GW期間中、2年ぶりの八甲田春スキーに出かけるので板を担いで山登りする体力を作るため(と言ってもいまさら手遅れだが………)、天候の回復に伴って脚力腹筋背筋を鍛えようと、かなり焦って銀輪トレを再開した



東日本大震災の余震が依然として続いているので、山の中では雪崩に要注意。したがって、単独行動やグループ行動などは慎まなければならない。だから今回は宿のバックカントリーツアーに参加の予定なのである。地元のガイドが引率するバックカントリースキーなので山あり谷ありの難コース。カンジキとビーコン必須の体力のいるツアーなのだ。



冬の間、例年になく雪の降る日が多く、ほぼ毎週のように雪が降り積もったので、ロードバイクなど到底不可能な状態だった。そのせいか、深刻な運動不足となり、左足大腿筋のなかに何かしこりの様なものを感じ、その部位の筋肉が痛むようになった。毎朝のランニングだけでは到底解消しえない筋肉萎縮症か?



理由は分からないが、とにかくトレーニングしなければと寒冷曇天のなか、ロードへ出かけたのであるが、いつものコースを3周もしないうちに更に気温低下し雪が降り始めた。



北風に吹かれて雪雲が流れてきたことに因るので、降り積もるほどではなかったが、まさか、雪の中でロードトレとなろうとは、ついぞ思わなかったのである。



この寒冷な気候、このままGWに突入すると山道を車で越えることも困難になってしまう。なにせ、スタッドレスタイヤを履いているだけで、チェーンなど持っていないし長い人生のこの年までそれを装着したこともないのである。



願わくは、明日から突然に気温上昇し熱帯の気候となってほしい。それは決してあり得ない奇蹟とでも言えることであるが、このところの異常気象はその奇跡を願わずにはいられないほどの天変地異なことなのである。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 空港まで行ってきました

    Excerpt: 魔法の呪文が効いたのか、奇跡のような気温上昇。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2012-04-12 19:28