郵便局と生協と冷水シャワー

この震災でお見舞いの電話を頂きながら、たまたま小用を足していたために留守電預かりになってしまった伝言が何件かあった。



元会社役員で営業のドンと云われたF氏からの電話もその一つだった。留守預かりの伝言を聞いたとき、最初間違い電話かと耳を疑ったが間違いなくF氏。しかし、氏の電話番号を記録していなかったものだから止むなくハガキで無事を連絡することに。



最寄りのポストへ行ってみると、何故か投函禁止措置となっていて郵便局窓口でしか受け付けないと張り紙がしてあった。何故だろう?



二日後、散歩がてら、そして情報収集を兼ねて近くの郵便局へ行き窓口で投函。そして、ガソリンスタンドに延々と並ぶ給油待ちの車を見ながら、ちょっと離れた生協へ行ってみると、近くの弱小スーパーとは違って 入場制限もなく普通に買い物ができる雰囲気だった。


画像
そこで、パンは売っていないものかとなかへ入ってみると、ありました!!!
丁度、パン屋さんが焼きたてのバゲットを店頭へ並べたところだった。一人1本限定ではあったが、早速GET!



店内の棚は売り切れ空間が多かったが、弱小スーパーほどでもなく、刺身や魚なども売っていたので、生協などの大手は次第に物流が改善して来ているのだろう。買い物数一人当たり15個までと制限付きで肉団子や保存食やトイレットペーパーを仕込んだのである。



帰り、陽が照っていた所為か、パンを仕入れられた嬉しさからか、歩いて帰った所為か、すっかり汗ばんでしまった。震災以来10日以上も風呂に入っていなかったしシャワーも浴びていなかったので、かなりキツイ。



都市ガスの復旧は一カ月以上も先のことになりそうなので、ここは覚悟を決めて修行僧よろしく冷水シャワーを浴びることにしたのである。



外気6℃、室温15℃、水温はきっと5℃くらいか?



風呂に温風暖房を入れて、素っ裸になり、いざ、冷水を浴びん!!!



冷水シャワーを頭に浴びると、久しぶりの気持ち良さが一瞬過ったが冷たい水が頭皮に達するころ、ジッン~~~と頭が痺れて、これ以上 無理 ムリ むり と身体が拒否反応を示してしまった。それでも、強引にシャンプーで洗い、再度、冷水シャワーで洗い落し、それを二度繰り返してなんとかなんとか頭を洗い終えたのであったが、頭皮の血管がキュッと収縮する感じがし脳卒中寸前だったかもしれない。



ついでに身体もシャンプーで洗い落し、久しぶりに、ほんとに久しぶりに、気持ち良かったのであった。
あ~~~、しかし、こんな辛いこと、二度とやりたくない!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 彷徨える100万人のユダヤ人

    Excerpt: 震災以来、半月以上も風呂に入っていない。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2011-03-28 17:25
  • 漸く都市ガス復旧

    Excerpt: 先週の金曜日、震災以来3週間目にして 漸く都市ガス復旧。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2011-04-04 17:27