ノルウェイの湖

こちらに引っ越してから 気が付いたことであるが、近くには湖ほど大きくはないが沼よりは大きい湖沼がたくさんあり、それはまるでヨーロッパに行くときに飛行機がロシア航路から北欧航路に乗り入れるころ遥か真下に見えるノルウェイの湖沼地帯のような雰囲気なのだ。



この地区は泉区と称し、名は体を表す如くあちこちに泉が湧くのであろう、いたる処に小さな湖や沼が点在するのである。その泉の源流はどこかと思えば、それはきっと 近くの山々や 遠くのアイガー北壁で あるかもしれない。



森林に囲まれたそれら湖沼は鶯や燕、はては雉などの 野鳥の楽園でもある。一年中、水を絶やさない湖面には時として白鳥等の渡り鳥も訪れる。冬の間、寒さ厳しい日には夜間に水面が凍ることはあっても翌日明るいうちにはたいてい融けてしまうのであった。


画像
ところが、今年の寒さは特別に厳しいのだろうか、1月中旬から凍りついた水面は一度も融けることなく日々白い氷で埋め尽くされその厚みを増していき、遂に湖面全体が凍りついてしまった。



こちらに住み始めてから3年目にして初めての現象、凍結する湖。この地はノルウェイの森ならぬノルウェイの湖なのだろうか。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック