今年の健康診断

先月中旬、今年の健康診断を受けた。



昨年はドッグ検診を受けて特に異常がなかったので、念入りな検診は暫らく受けなくても大丈夫と思っていたのだが、今年、健保提携病院が追加され近くの歩いて行ける病院が追加になっていたものだから、予定を変更して半日ドッグ検診を受けることにしたのである。



この病院は、引っ越し当初通っていた例の赤ちょうちんのマスターから 老人専科と揶揄され、高級老人ホーム兼マンションも経営している総合病院なのだが、幸いと云うべきか、いままで一度も利用する機会がなかったので、どの程度の診療レベルなのか、一度、試してみたいと思っていたのである。



申し込み手続きの行き違いで、バリウム検査のつもりが30年ぶりに胃カメラを飲むことになってしまったことが気がかりではあったが、検診そのものはスムーズに進んでいった。



その胃カメラの結果は、バリウムでは分からない症状を見つけ出した。それは、逆流性食道炎。



飯を食った後、直ぐに横になると胃液が食道に逆流し炎症気味になるとのことで、晩飯を食ってから2時間は寝ないようにとのことであった。ポリープとかは見つからなかったので、まだまだ症状は軽度なのだろう、特に治療に通えとも言われなかった。



考えてみれば、現役のころから、晩飯は夜10時過ぎに延々2時間以上も時間を費やして食べ、そのあと、直ぐ寝る生活を30年以上も続けていたし、おまけに酒も飲むものだから、胃腸に良いわけはないとずっと思っていたが、バリウム検査では食道内壁の炎症までは見つけられなかったようである。



老人専科と言われる病院は、例外的に職員の訓練が行き届いているようで、患者にはにこやかに接することを徹底しているようであった。だから、老人と言われる寂しい年寄りたちがこの病院に集まるのかと納得した次第である。その気になれば老人ホームもあるし介護付き高級マンションも併設している。まぁ~、私は入りたいとは思わないが。



検査が終わった後、昼食をとるために病院近くのイタリアンへ寄ってみることに。ここは、地元の情報誌にも載る有名な店なのだが、こちらへ引っ越してから2年半は経つのに一度も来るチャンスがなかった。今日は、初病院と初レストランと云う訳である。


画像
ランチのメニューは旬の烏賊とみょうがを使ったスパゲッティ。グラスワインとともに頂くその味は、結構、ジャパナイズしていて違和感を覚えなくもなかったが、あっさりし過ぎているその味はやや好みの分かれるところか。



夜のメニューでもう一度試してみたいと思い、営業時間を尋ねると夜9時までとのこと。ずいぶんと早い終了時間に、ここは住宅地の中なので遅くまでは営業できないのだという。飲みと食を兼ねるディナーでは宵の口に終わるも同然の営業時間ではあるが、逆流性食道炎と診断された身にはベストな時間帯とも思われたのであった。





一ノ蔵 すず音飲み比べ6本セット[宮城県](クール便扱い)【楽ギフ_包装】※当店からの出荷は11月19日以降です。
地酒のリエゾン 楽天市場店
花めくすず音3本とすず音3本のセット。 色合い・味わいの違いをお楽しみください。 -必ずお読みくださ


楽天市場 by 一ノ蔵 すず音飲み比べ6本セット[宮城県](クール便扱い)【楽ギフ_包装】※当店からの出荷は11月19日以降です。 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック