今年の八甲田春スキービデオはBDレーベル印刷

画像
夏真っ盛りの7月、今年の八甲田春スキービデオが フルHD規格でようやく完成した。



作業を始めたのが5月下旬であったから、それから丸1カ月と2週間余り、夜だけ作業してようやく完成にこぎつけた。おかげでブログを更新する暇がなかったのであるが、昨年は8月下旬完成で2.5人月余りもかかっていたことを思えば、今年はサクサクと軽く出来上がったというべきか、否、それなりに手間とコストは掛ったのである。



今年は撮影から編集、出力媒体までフルHDとなったので、編集していてもそのプロセスはとても楽しいものだったのだが、買い換えた64ビットWindows 7搭載マシンの性能を持ってしても HD画像編集負荷は相当重いものだった。



そもそも、デジカメで撮影されたAVCHDムービーファイルを 扱えるソフトが未だ十分でなく、Adobe Premiere Elements 7でも対応していなかったので、プリインストールされているVAIO Movie Storyを使わざるを得なかった。MicrosoftのMovie Makerは昨年の落ち障害で懲りたので 端から使う気はしなかったし、AVCHDに対応しているかどうか調べることさえしていない。



VAIO Movie Storyはショートムービー作成用ツールなので、作り手の勝手にロングムービーを作成できるわけではない。BGMとなる曲1曲分の長さが限度なのである。



したがって、今年の編集は3人分それぞれの映像をショートムービー仕立てに合計9本製作することにしたのであるが、1本あたりの長さはおよそ5分から7分程度なので、見ている途中で飽きることもあるまい。1曲終わればムービーも終わるので、忙しくせっかちで直ぐに結果が求められる時代、結構よろしいかもしれない。



今年使った曲はChris ReaとSting。昨年までは谷山弘子と小椋桂だったから、洋盤ロックアーティストの選定は大変貌であるが、ショートムービーにはこちらのほうが合っていそうな気がする。今年のムービーをご覧になったみなさん、いかがでしょうか?



もしかすると、今年で最後となるかもしれない八甲田春スキー。その記念にBDレーベルをきれいに印刷するために インクジェットプリンターを奮発し、春スキー史上、最初で最後のレーベルプリントビデオが完成した。




オン・ザ・ビーチ~グレイテスト・ヒッツ(プレミアム盤)(DVD付)
インペリアルレコード
2009-05-20
クリス・レア

ユーザレビュー:
ん?、渋くておしゃれ ...
色褪せない輝き 20 ...
New record ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 田酒もらいました

    Excerpt: 連休の間、実家へ帰って久しぶりにゆったり過ごし、余震の恐怖から逃れていた。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2011-05-10 17:29