なごり雪その2は5年ぶりの大雪

3月初めに降った雪が今年のなごり雪と思っていたところ、昨夜から荒れた天候となり大雪が降りだした。


画像
水分を含んだ雪は重く、かなりの降雪になるだろうと思ってはいたが、翌朝の積雪は25cm、ニュースによると5年ぶりの大雪とのこと。



いつものように早朝ランニングをしようと外へ出てみたが、雪が深くてとても走れないと分かり、代わりに駐車場の雪掻きをすることに。



車の上にも20cm以上の雪が降り積もり、自然に融けるまで放っておいてもよかったが、その間、雪の重みでボンネットやサスペンションが痛むに違いないと思い、とにかく、必至になって雪を払い退けたまではよかったが、車の周辺に雪の壁ができてドアを開けることや発進すらままならない状態となってしまった。



どうせ、こんな日は車を出さないから、そのままにしておいてもよかったが、隣に住んでいて駐車場も隣り合わせの若奥さんがエスクードの四駆で降り積もった雪を蹴散らして出勤した後、やはり、雪の壁は邪魔になるだろうと思い、お隣の分まで雪掻きに精を出すのであった。



数十年ぶりに行う雪掻きに子供のころの記憶が重なり一時は楽しくもあったが、いつもは使わない筋肉と態勢に次第に腰に苦痛が走りだし、これはやばいことになりそうだと、思わぬなごり雪の不意打ちに戸惑うのであった。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 大雪の翌日

    Excerpt: 5年ぶりの大雪が降った翌日、湿った雪は融けることもなくそのまま降り積もっていた。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2010-03-11 19:42