歯の定期検診のあとはアルコール消毒

およそ1年ぶり以上となる歯の定期検診を受けてきた。



昨年の7月に検診を受けてから
 6ヶ月目のダイレクトメールを待っていたのだが、半年経ち1年経ち、全く音沙汰無し。こちらの歯医者は横浜などと違い顧客管理を行っていないのだろうか?



それとも、検診に訪れる患者などより虫歯の患者を治療するほうがよっぽど儲かるというのだろうか?
遂に口の中の歯垢が舌で触っても分かるくらいに不快になってきたので、前回とは別の歯医者へと出かけることにした。



こんどの歯医者はやや古い設備を使っていて患者も少なめ、何となく裏寂れた様子だったが、近くにある高級マンションと見間違う有料老人ホームの掛かり付け歯医者との宣伝文句で、老人の歯はよく見慣れているとのこと。
当方も年寄りの部類なので、歯の定期検診くらいここで構わないかと思ったのである。



歯科衛生士に任せず、院長自ら口の中を丁寧に見てくれたのでなるほど安心と思ったのだが、受付と衛生士が兼任だったのが気に掛かった。不況の影響で歯医者の世界もリストラが徹底しているのだろうか? それともよっぽど患者が少ないのだろうか?



これから、歯垢を取ったり痛んでいる処を治したりと暫く通院することになるのだが、まずは今日、口の中をいいように触られたので消毒しなければいけない。


画像
特別の消毒薬はアルコールに限ると思い、歯医者の帰り 例の地元弱小スーパーへ寄り 日本酒を手に入れた。この時期の季節限定「ひやおろし」が気になっていたのだった。そして、酒の肴は旬の秋刀魚刺しとホタテ刺し。刺身は口の中の菌を増やしてしまうかも知れないが、ひやおろしの純粋米アルコールがタップリと消毒してくれるだろう。



灘の生一本ひやおろし、麹の香りとトロリとした味わいが絶品で、先週飲んだマッコリも 美味かったがさすがに日本酒の敵では無いと思い、口の中をいじられた違和感を雑菌共々綺麗に洗い流してくれるのであった。





越の寒中梅 特別本醸造 ひやおろし 720ml
魚沼の里 芳屋
新潟銘醸 越の寒中梅 特別本醸造 ひやおろし720ml 蔵元自慢の寒中梅 特別本醸造の原


楽天市場 by ウェブリブログ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 続ひやおろし

    Excerpt: 人間ドッグの結果が心配要らないものだったので、とは言っても未だ中間結果ではあるのだが、血液検査では肝臓や腎臓などアルコール障害の疑われるところは無かったし、超音波診断による内臓器官撮影でも異常は認めら.. Weblog: さよならの八甲田 racked: 2009-10-20 19:05