2009年八甲田春スキー物語  露天のなかで

前回からの続き
宿に戻り、さっそく温泉へ。そして、恒例の露天乾杯!!!
一年ぶりの露天勘付けの味は格別である。
画像




午後4時過ぎから温泉に入り、ぬる燗でチビチビとやるなか、今年初参加のS氏も解放された気分になってきたのか、思わぬ人生話が始まった。



バツイチの彼は飲み始めると、とことん飲み続け記憶を失うことを信条としているのだという。その所為か、横浜某所で飲んで泥酔し記憶を無くしたとき、追い剥ぎに遭い身ぐるみ持って行かれたことがあるのだという。携帯1個を残して財布やら鍵やらカードやら全てを盗まれてしまったために、家に入ることも会社に入ることも出来なくなってしまったという悲惨な目にあったそうだ。



同じ酒飲みとして、同じく記憶が飛ぶ経験を持つ身としては、笑い話では済まされぬ怖い話である。重々気をつけねばと思い、ほろ酔い気分も冷めてくるように感じられたのだった。



そして、今年結婚したばかりのT氏を前にして、話題は離婚話へと及んだ。会社の元重役が定年後熟年離婚した話題やS氏が何故離婚したのかの話題に及び、酒の肴としてはこれ以上ないビターな味に、すっかり悪酔いしてしまったのだった。
画像




露天を占拠すること2時間余り、次第に気温が下がりお湯の温度もぬるく感じられてきたところで夕食の時間となり、例年とは違う話題で盛り上がった八甲田模様に夕日も渋く染まるかのようだった。



次回へ続く





田酒 『四割五分』 180ml 純米大吟醸酒 16度~17度 西田酒造店 青森県産
源氏蔵
純米吟醸の『米の良さをそのままに、柔らかな吟醸香と芳醇な味わいの、円やかな旨みのある酒。』という特徴


楽天市場 by ウェブリブログ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 2009年八甲田春スキー物語  宴の時間

    Excerpt: 前回からの続き: 露天から上がり、夕食の始まりはビールで乾杯。今年は酒豪が一人増えたのでいつになくビールが進む。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2009-06-08 19:54
  • アイガー北壁

    Excerpt: 朝起きると久しぶりに太陽が照り輝き空は真っ青に晴れ渡っていた。昨夜は冷え込み厳しく辺り一面が雪に覆われているかも知れないと思ったが、それは杞憂に終わった。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2009-12-09 18:46
  • 4月の嵐

    Excerpt: 昨夜、夜半から吹き出した強風、びゅーびゅーと轟音を立てて吹きまくり、夜が明けても荒れ狂っていた。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2010-04-14 19:26