引越一周年記念と固定費削減

3月15日は 引っ越しして ちょうど丸一年経過した記念日。



そうはいっても特別に何かを祝うわけでもなく昔を回顧するわけでもなく、唯ひたすら酒を飲むだけなのだが、環境が未だ新鮮に感じられ記憶が新しく気力のある内に 壊れたテレビを 買い換えようと思ったのだった。



時機を逸すると、ずるずるといつまでも壊れて間延びしたテレビ画面にかじりつくことは目に見えていたし、ずっと、このままアナログ停波になるまでこれでいいやと思いかけている今日この頃、意を決してヨドバシとヤマダへ向かったのである。



世の中、超絶不況のまっただ中、テレビメーカーも在庫一掃に躍起となっている折、ある意味、買い時ではあり当然のように安値狙いなのだが、give & take で少しは世の中のお役に立てることにもなるであろう。そういえば、定額給付金は未だ何の音沙汰もなく、一体、いつ来るのやら。高々、12,000円では飲み代くらいにしかならないのは目に見えているのだが、酒を飲んでテレビを買い換える程度の投資をする方が、世のなかの憂さを晴らしつつ景気刺激への多少の寄与にもなるのではないだろうか。



翌日、家に届いたテレビを部屋に設置した第一印象は、
しまった、小さかった!
であった。
もとのテレビは32インチのブラウン管式だったのだが、部屋が広すぎて画面に映る文字テロップがよく見えなかったくせに一人では到底持ち運びできないほど重い代物だったので、新しいテレビは少なくとも40インチ以上で、尚かつ、一人で持ち運びできる軽さのものにしようと思っていたのだった。そして、そのとおり、ジャスト40インチモデルを選んだのであるが、部屋に置いた感じでは50インチでも良かったかなと思うほど、小振りに見えたのである。



選定に当たってはコストも最優先項目だったので、これ以上のサイズは有り得なかったのだが、店頭で見た大きさの感じと実際に部屋に置いて見た感じではずいぶんと印象が異なり、薄型の所為か、サイズ以上に小さく見えるのであった。まぁ~、次ぎに買い換えることがあるとすれば、それは10年以上も先のことだから、その時には50インチサイズでもズッと価格がこなれておまけに軽くなってピクチャーレールに吊すことができるくらいにはなっているだろうと期待するのであった。



画像


DVDとかCSチューナーを繋ぐが、使うのはレガシーポートのみ。デジタルのHDMIは空いたままである。これでは宝の持ち腐れも同然なので、周辺機器も早くデジタル化せねばと思うのだが、これ以上の投資計画は現時点では持ち合わせていないのである。



早速電源を入れて初期設定の後、地デジやBSデジタルを見てみると、いままでのアナログ放送の映像とは雲泥の差で鮮明にデジタル映像が映し出される。当たり前のこともここまで鮮やかに差がつくと感動ものである。そして、いままでデジタル放送については全く関心がなく見ようとする意識すらなかったことが、すっかり浦島太郎生活を送っていたことと同じであることに気がついた。



テレビの用途は日経CNBCを始めとするニュースチャンネルを見るためにあった。それ以上のことは求めていなかったので、設備投資としてはCSスカパー!で十分だった。横浜時代は、更にF1のリアルタイム中継も見ることができたから尚更である。



漸くデジタル環境が整い、同じスカパー!もe2で受信できるようになれば、コスト削減のために、CSスカパー!を解約しようと思ったのだった。しかしながら、何故か、e2には経済ニュースチャンネルの設定が無いのである。日経CNBCやブルームバーグのチャンネルが無い?
e2って娯楽路線専用でBSや地デジと真っ向勝負しようとしているのか、ネームバリューも映像ソースもないスカパー!ではそりゃ無理でしょうと思うのだが、それは年寄りの杞憂だろうか。



畜生!と、折角解約できると思ったCS受信機を恨めしげに思いつつ、もう一度、e2チャンネルを見ていると、フジテレビCSHDでF1中継をやる宣伝が出ていたのである。こちらに引っ越して以来、マンションの CS共聴アンテナの不備から 第2衛星の電波を受信できずにいたことから、F1についてはやむなく地上波の編集ものを見ていたが、生中継に比べると全く迫力に欠くものであった。とくに各チーム間のレース采配の機微が全く伝わってこないのである。



これは美味しいものを見つけたと思ったが、スカパー!の契約とe2の契約が二重に掛かるのはどう見ても無駄である。スカパー!の経営方針や営業方針がおかしいと頭を悩ませていると、そのような契約の場合、追加の基本契約と初期手続き料が無料になることが分かった。つまり、途中の電波経路に関わらず、受信者は任意にチャンネルを選択できるということのようである。但し、そこまでソフィストケイトに洗練されている訳ではなく、パック料金など適用されないものもある。スカパー!の経営陣はもっともっと消費者サイドで物事を考えるべきだと思う。途中の電波経路など消費者にとってはどうでもいいことだし、他のデジタルメディアとまともに競争するためには、数百はある有料チャンネルを経路を問わず任意に選択できることが大きな武器になると思うのだ。



これで、月々、\1,280の持ち出しでF1をハイビジョン中継で見られることになり、それは、CGなどの車雑誌を毎月購読するのに似ていて、その程度の固定費増なら情報通信料として止むなしと思ったのだが、フジテレビCSHDをDVDに録画できるか試しているときに、更に上手いことを思いついた。



それは、引っ越しした当初から薄々気付いていたことなのだが、CATVのリーク信号があり、地上波の上位チャンネルでノイズ混じりながら2~3の放送を見ることができるのであった。そこで、デジタルテレビのアナログチューナーをスキャンしてみたところ、日経CNBCや他数局の番組が鮮明に映ったのである。



CATVには基本料を払っているし、これはCATVからのプレゼントと素直に受け入れることにし、日経CNBC以外のニュースチャンネルについては諦めようかと思いもしたが、BBCについてはBSで随時放送している様だし、CNNだけは9.11の様に事件が起こったときだけ契約すれば良いかと考えて、CSスカパー!のパックを解約し基本契約はそのまま、そして、e2のフジテレビCSHDを1本契約しようとするのだった。これで、月々、NHKの衛星放送付加受信料を 相殺できる程には節約できることになり、結局、今回のテレビ投資により固定費削減に成功することになるのである。








SONY BRAVIA KDL-40F1地上/BS/110度CS液晶テレビ(40V型) KDL-40F1
アキバ流通
商品サイズ LL■映画特有の輪郭のゆれをなめらかな動画で再現する “モーションフロー”スポーツなどの


楽天市場 by ウェブリブログ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 歪んだB-CASカード世界

    Excerpt: e2の 有料ハイビジョン番組を録画するために、HDDレコーダーを増設しようと考えたのだが、数々の問題があることが判った。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2009-03-19 21:08
  • WBC優勝を祝して

    Excerpt: WBCは 買い換えたばかりのテレビで 観戦したので、迫力満点の映像を楽しむことができた。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2009-03-25 19:16
  • F1開幕戦を見て

    Excerpt: 日曜は朝からプールへ行き、いつものように 5クオーター 泳いできた。そして、プールの後はお楽しみのランチビール。勢いよく、グッと渇いた喉に流し込んだ。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2009-03-30 22:38
  • 連休中にSDカード当たっていました

    Excerpt: テレビを薄型に買い換えた後、F1中継を ハイヴィジョンで録画するためにBDレコーダーを早速に買い求めていた。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2009-05-08 21:03
  • ホヤの季節と韓国ドラマ

    Excerpt: これは連休前にヨドバシまでBD-ROMを買いに行ったときのことである。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2009-05-12 22:12
  • 何故これにしたのかのワケ

    Excerpt: テレビを薄型に買い換えた後、レコーダーも最新式のBDレコーダーに買い換えることにしたのだが、テレビと同じメーカーのものという訳にはいかなかった。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2009-05-14 20:21
  • パソコン更新顛末記 その4

    Excerpt: 前回からの続き: 昔はパソコンの世界でRAIDを構成するためには専用ハードウェアが必要であったが、WindowsNTの時代からソフトウェアRAIDが可能になった。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2010-02-27 21:56
  • 何故2台目もこれにしたのかのワケ

    Excerpt: 昨年年末、それまで使っていたBDレコーダーが不調と云う訳でもなかったが、2台目のBDレコーダーを購入してしまった。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2011-02-09 19:45
  • 直下型バックライトテレビ その1

    Excerpt: それは6月末のことだった。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2012-09-12 20:53
  • 直下型バックライトテレビ その5

    Excerpt: 前回からの続き: デジモノは回転が速いと言ってもパチンコのことではなくデジタル家電のこと。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2012-09-20 19:53
  • 直下型バックライトテレビ その6

    Excerpt: 前回からの続き: テレビも遂にスマホと同じデザインになったのか? と思うほどスタイリッシュ。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2012-09-21 20:07