八甲田の歯医者さん

このところ、歯の定期検診のために 歯医者に通いだした。とは言っても、引っ越して未だ間もないので、どこぞの歯医者は腕がよいとか、あそこの歯医者はナースが可愛いとか、そのような情報は一切持ち合わせようもなく、取りあえず様子見をかねて、歩いていける範囲で、尚かつ、患者が少なそうで混み合っていない所を選んで行ってみたのである。



歯医者というのは、とにかく技量が第一だと思うので、本来なら地元で評判の所を探し出してから行くべきなのだが、今回は単に検診が目的だから、多くは望むまい。



横浜時代、かれこれ30年ほど前に通った歯医者は、それはもう熱心に治療してくれる先生で、偏執狂かと疑われるほど念には念を入れて口の中を見てくれたのだった。



当時もいまも開業医は夜5時ともなれば終わってしまうのが常だが、ある時など、夕方6時から始まった治療が延々と続き、終わったのが何と夜の10時過ぎだったことがある。歯医者の治療で実に連続4時間も治療を受けたのであるが、その間、ずっと口を開けっぱなしにしていなければならなかった患者(つまり私……)も大変だったが、同じ患者に延々4時間も立ちっぱなしで治療を続けてくれた先生も更に大変だったと思う。



漸く治療が終わり、額にうっすらと汗をかいた先生は疲れ切った顔で言ったものだ。
……… やれやれお疲れさん、お腹も空いたでしょう。メロンでも如何ですか? と。

歯医者に行って食い物を勧められたのは初めてのことで普通はありえないことだったのだが、治療を受けた方も疲れ切っていたので、ありがたくそのメロンを頂いたのだった。
それから30年あまりが過ぎ、その時治療して貰った前歯の差し歯、2本はいま尚、完璧な状態で機能している。


…………………………


その後、受け続けた定期検診では、ざっと口の状態をチェックし、歯についた歯垢を丁寧に取り去ってくれ、最後は綺麗に磨き上げてくれるものだったが、定期検診など全国どこでも同じようなものだろうと思って受けたこちらの治療は、また違うものだった。



驚いたのは、最初、歯のレントゲン写真以外に、全身の写真と頭部の写真、そして口の中の口腔写真をデジカメで撮られたことだった。そして更に、口の中の細菌検査を行い、その結果をMacのディスプレイで見せてくれたのだった。



歯の治療に口の中の写真はあった方がベターかもしれないが、全身と頭部の写真がどの様に必要なのか理解できないまま、ディスプレイに表示される私の生バイ菌がうようよと動き回るさまを見ていると、怪しげな医者の言うことも理に適っていると思われてくるのだった。



医者曰く、口の中に細菌がいる限り、歯垢はいくら取っても無くならないのです。細菌が歯垢を生み出し、更にカビも増殖しやすくなるのです、と。



カビと聞いて更にビックリ。その医者の説明だと、口の中や皮膚にもカビは繁殖しているのだという。そして、歯垢除去の前に、まず、細菌を退治しましょうと抗生物質を渡してくれたのだった。



それは、以前、風邪を引いてなかなか治りづらかったとき、一度呑んだことがあるヤツで、1日1回2錠づつ3日連続して呑むと1週間は効果が持続する強力な抗生物質だった。



ある意味、抗生物質呑んで細菌を殺して綺麗にしてからじゃないと、おまえみたいなバイ菌ウヨウヨの汚い口は見てやらないぞと言われているようなもので、かなりヤバソウだと思いつつも、その医者はひどく簡単そうに、なぁ~に、昔からある抗生物質で歯医者ではよく使っていますよと宣うのであった。



そして、最後、これは保険適用外だが歯垢やカビの増殖を良く抑えますよ、と歯磨き用の液体クリーナーを勧めてくれた。



その日の夜、いつものように酒を飲みつつ食事し、食後、抗生物質を飲んでみた。アルコールと抗生物質を同時に摂取するとどのような相乗効果になるのか判らなかったが、細菌を殺すための抗生物質だからアルコールで多少白血球が酔っぱらっても影響はあるまいと勝手に決め込んで呑んでみたのである。



そして、寝る前に歯磨き用のクリーナーを使ってみると、これがどこかで嗅いだことのある懐かしい匂いがするのだった。それは檜チオールというヒバの木から精製する樹木のオイルが香る匂いであった。



毎年、八甲田春スキーの帰り、空港売店で必ず手に入れていた檜チオールのオイル。それはシャンプーや石けんや入浴剤等に香料として入れられ、アロマいっぱいのヒーリング剤として使われているのだが、それらの入浴剤を使っている間、経験上、浴室のカビ発生が抑えられるということが分かっていた。だから、かなり高価なものにも関わらず、八甲田の帰りには必ず檜チオール入りバスセットを手に入れていたのである。



そして、更に、それは水虫の特効薬としても使われることがある。檜チオールオイルを水虫が発生した幹部に直接塗りつけると、相当頑固なものでも綺麗に治ってしまうとのことである。



とにかく、檜チオールは、その香りでヒーリング効果があるばかりでなく、カビや水虫抑制の効果も兼ね備えている。自然の力とは偉大なものなのだ。だから、その成分を含んだ歯磨きクリーナーなら、なるほど、口の中のカビや細菌の除去にも効果があるのだろうと、安心してそれを使うことが出来たのだった。



そして、このクリーナーを勧めてくれた歯医者の先生が急に身近な信頼のおける先生という風に思われ、それ以来、八甲田の歯医者さんと名付けたのであった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • スピリチュアル ヒーリング

    Excerpt: 江原啓之さんの経歴・・・最近テレビなどでよく拝見する、スピリチュアルカウンセラーの江原さんに関する質問です。ずばり、10年?12.3年前は何をしてらっしゃったのでしょうか?私は当時、.. Weblog: スピリチュアルな世界 racked: 2008-07-18 18:24
  • 魔界の金曜日  内科医はトライアスラー

    Excerpt: 前回からの続き: 先日、国民健保に加入した ことで特定検診の案内と膀胱癌検診の案内が送られてきた。この手の健康診断については4年前に人間ドッグに入り詳細な検診を受けていたのだが、CTスキャナーによる.. Weblog: さよならの八甲田 racked: 2008-09-08 20:34
  • 歯の定期検診のあとはアルコール消毒

    Excerpt: およそ1年ぶり以上となる歯の定期検診を受けてきた。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2009-10-13 20:30