ナザレの落日

また見てしまった………
禍々しいナザレの落日を。



梅雨が明けたかのような夏の陽射しが照りつけた7月6日の日曜日。しかし、それも長続きはせず、夕方には空は厚い雲に覆われ始め、たちまち曇天模様となった。



何故かその時、コリドールの上に聳えるモスクの天蓋に雲の切れ目が現れ、そして落日の太陽が真っ赤に降臨した。

画像



出来上がったばかりの白いモスクを、燃え上げるように紅く染める光は一体なにを意味するのだろう。災いの影なのか至福の光なのか、いまはその意味を謀りかねる。



この地がジェロニモの地であり、修道院を取り囲むコリドールの尖塔にその紅い太陽が射したなら、それは ファティマのような奇跡 を意味しただろう。



しかし、ここは唯の アウトレットモール。単にコリドールを真似た紛いものに過ぎない。おまけに未だ建設中ときていれば、奇跡など起こりようもなく………



ならば、再び 大地震の予兆なのか、あるいは 死の知らせなのか


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 夏のスピル

    Excerpt: 梅雨明けの雲が西風に流され陽光を遮る。夏のざわめきが聞こえてくるようなそんな風の匂いがした。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2008-07-15 20:48
  • 真昼のエレベータは停まった

    Excerpt: 土曜の早朝、昨夜の雨は嘘のように晴れ上がり、絶好のトレーニング日和。早速、ロードトレ20kmとランニングを小1時間こなし、蒸し暑さのなか、へろへろになりながらマンションに戻った。 そして、エレベータ.. Weblog: さよならの八甲田 racked: 2008-07-19 20:50
  • 夏の嵐は絵画のような風景

    Excerpt: 暦の上では夏の季節、そして実際の天候も夏模様。だが、梅雨前線がまだ列島に居座っている。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2008-07-29 20:32
  • ナザレの天使たち

    Excerpt: 厚い雲に覆われた夏の日、紛いもののコリドールの天蓋に 天使たちが踊った。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2008-08-15 20:09