死者に捧げる紅い太陽

嵐が過ぎた翌日、鮮やかな晴天。清々しい五月晴れの夕方、山の稜線に掛かる太陽がやけに紅く見えた。

画像



薄紅に浮かぶ山々を背景に、落日の太陽が空を紅く染め、正に稜線に沈もうとする。
印象的な風景だった。



この日の夜、ぽんの逝去 を知る。



先日、メタボ疑惑で 診察を受けたばかりなのに、なんと早い死。



夕方の紅い太陽は、ぽんの魂だったのだ。わざわざ、こんな遠くまで知らせてくれてありがとう。そんなぽんに感謝。


ぽんよ 永遠に眠れ 安らかに眠れ そして輪廻の揺りかごに眠れ
きみに捧ぐ  谷山浩子の 「冷たい水の中をきみと歩いていく」 を

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 地震の予兆と被害

    Excerpt: テレビでは悲惨な山崩れや崩落した道路そして罹災した方々の救出状況を刻々と伝えてきている。その度に、災害に遭われた方々には深くお悔やみを申し上げたい。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2008-06-15 16:24
  • ナザレの落日

    Excerpt: また見てしまった……… 禍々しいナザレの落日を。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2008-07-07 20:00