週末はホヤの里へ

風邪のやつ、結構熱が出てきやがってずっと安静にしていたが、23日の金曜に予定していたお出かけは急遽中止。
翌24日はお天気良く体調も回復してきたので恐るおそる定例トレーニングメニューをやってみる。熱も平熱に下がって来たようなので、明日は延期していたお出かけを決行。


行き先はまたしても仙台でした。今回は雪が心配だったので新幹線による日帰り。
朝10時過ぎに家を出て東京11:56発のはやて17号に乗る。


約1時間40分ほどで仙台着。早い!!!


心配した寒さも意外なほどの暖かさ! 横浜と気温的には変わり無さそうだったので風邪治りかけの寒がりジジィに取ってはほっと一安心。




用事を済ませたのが夕方5時30分。帰りの新幹線までには未だ時間があるので、仙台駅ビルの地下にある飲み屋へと直行し一杯やることとした。


写真のように牛タン焙りと生牡蠣、手前の小鉢はホヤとこのわた。
いずれも仙台名品の肴。

画像



ホヤは初夏が本来のシーズンなのだが、この時期でもなかなか美味しい。
ホヤの一番美味い食べ方はホヤ刺しに尽きるのだが、微かな苦みのなかにホヤ本来の甘さが口の中に拡がりビールのつまみに最高。但し、地元の新鮮なヤツじゃないと味わえません。

ホヤとこのわたとの和えものは初めて食べるが、ウニの味がして美味。
ホヤとかこの手の生物は海中でウニと同じ海苔系のものを餌として食しているに違いないので、構造的にみな同じウニ味がするのだ!!!


八甲田春スキー仲間では、5月の連休に八甲田を訪れるときには必ずと言っていいほど、ホヤの薫製を地元空港売店で仕入れてくる。田舎特産らしく鄙びていてネイティブな感じの薫製なのだが、その乾燥したホヤからは外観とは似つかわしくない凝縮したウニの味がドッと染み出てくるのである。

毎年、このホヤ薫製を食うことで今年も八甲田へやって来たぞとの思いを強くする、そのような印象深い食べ物なのである。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 厳冬に贈る定番

    Excerpt: 先週土曜日、12月15日は早朝から仙台へ出かけていた。 最近何故か立て続けに訪問 しているのであるが、この日はこの冬一番かと思うほどの寒さのなか、東京駅から北上する人となった。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2007-12-21 19:09
  • 北国に雪はなかった

    Excerpt: 2月3日の日曜、未明から大雪の日、今年初めての遠征で仙台へ出かけた。こんな日に限ってなにも大雪が降らなくてもと思ったが、日頃の行いが悪い所為か天は我に味方せず。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2008-02-04 20:02
  • 閏年のその日は今年2度目の遠征

    Excerpt: 2月29日、今年は閏年であるが、思えば西暦2000年は2000年問題というコンピューター処理の大問題の発生した年であると同時に閏年でもあった。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2008-03-01 20:33