八甲田春スキーDVD作成記 その3 谷山浩子は歌うの巻き

このように悪戦苦闘して漸く一本目となる素のビデオ原版ができあがった。タイトルとか吹き出しとかも当然入れているが、このままではムービー部だけ同時録音された音声入りだがスチール部の無声映画状態とバランスがとれない。そこで、スチール部にBGMを入れてみる。


昨年はデジカメ音声が故障していたため全編に渡ってBGMを入れたのだが、その時はヨー・ヨー・マ演奏のバッハ無伴奏チェロ組曲と小椋桂の初期の曲を使った。チェロの馥郁とした音色とバッハの特徴である空気の揺らぎのような安定した旋律とが映像と見事に融合し、八甲田の林間に春の風がそよぐさまを彷彿とさせる。小椋桂の曲では彼の伸びのある透き通った声が子供の憧憬の純真さや思春期の春のような侘びしさを感じさせ、板を担いで登る山岳コースが青春時代の無為なる無償の美しい行為を象徴するかのような錯覚を覚えさせる。



今年、まず一本目は小椋桂の「春の雨はやさしいはずなのに」を使ってみる。………虚しさが 夕暮れと雨を つれてきて~注1……… で始まるその曲は、八甲田の自然が醸しだす無情とぴったりだ。なかなか決まっている、と満足し完成。


二本目の曲付けになり、何となく男声では色気が足りないのと、さすがに曲の時代を感じてテンポがスロー過ぎるという風に思う。そこで、手持ちのCDの中から女性ボーカリストのものを探してみるが、数少ないCDの中から見つけ出したのは、谷山浩子であった。



谷山浩子を初めて聞いたのは、いまからもう30年以上も昔、監督が未だ若かりし頃、友人の車で八甲田に出かけたときに車内のテープから流れてきた「時の少女」であった。
そう、監督は「時の少女」に衝撃を受けたのである。その歌の曲調というべきか詞というべきか、はたまた、その声質というべきか、八甲田の自然に勝るとも劣らないその叙情性溢れる清冽な歌に痺れたのであった。
いまでは記憶も定かではないが、Yoko-Hamaに帰ってから早速レコードを購入したに違いない。谷山浩子は歌手としては寡作であったから入手できたレコードはほんの数枚であったろうと思う。その後、レコード時代は終焉しCD時代となったが、CDでの入手も時々思い出したときにという程度だったので、いま手元に残っているものは谷山作品としてはCDがほんの3枚だけであった。レコードはプレーヤー毎すべて捨ててしまった。


おそらく、20年振りくらいに谷山のCDを聞き直してみる。いま聞いてみてもその新鮮さはちっとも色あせていないことに驚き、さっそくBGM用として数曲セレクトする。



二本目の曲にはこのような経緯で、谷山浩子の「冷たい水の中をきみと歩いていく」を使う。八甲田の透明な空気感を谷山の透き通ったソプラノが凍りつくような清冽さで歌い上げる。………~あんまり 静かに輝くので ぼくのからだは こわれていく………あんまり 静かに輝くので ぼくの命も 奪っていく~注2……… と。
ハマッテしまった! カンゼンに!


このようにして、三本目の曲には、谷山自身が地球滅亡三部作と称する作品の一つ「粉雪の日」を、四本目の曲には現在の携帯電話時代を予言し宇宙の広大さと輪廻転生の懐かしさをイメージさせる「銀河通信」を、そして五本目の曲には夜空に飛び散る流れ星に情緒不安定な少年時代を映した「流星少年」を使った。


画像




谷山浩子の曲は映像より遙かに強い。このようにBGMとして使ってみると、スチールやムービーを観るよりはバックの音楽に聴き入ってしまうほどだ。それほど強い曲ではあるが、八甲田には寧ろ、合っていると思う。八甲田をイメージするもの、それは冷たく透明な空気と美しく澄んだ水。谷山の曲はそのイメージにぴったりだ。



HomePage版が完成後、テレビ用のDVDを作成する。この作業は至って単調で、VAIO付属のClick-to-DVDなるソフトを使い、Windows-Media-Playerファイルを自動変換するだけである。掛かるのは時間だけ。夜空に輝く銀河を見上げながら夜通しPCをフル稼働させ漸く1時間もののDVDができあがった。


我ながら良くできたと思い、ついつい繰り返し3回も観てしまう。



注1 小椋桂作詞作曲 「春の雨はやさしいはずなのに」 より引用
注2 谷山浩子作詞作曲 「冷たい水の中をきみと歩いていく」 より引用




冷たい水の中をきみと歩いていく
ポニーキャニオン
1990-02-21
谷山浩子

ユーザレビュー:
買ってよかった谷山さ ...
心の友達 谷山さんの ...
冷たい湖の底に静かに ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 週末はホヤの里へ

    Excerpt: 風邪のやつ、結構熱が出てきやがってずっと安静にしていたが、23日の金曜に予定していたお出かけは急遽中止。 翌24日はお天気良く体調も回復してきたので恐るおそる定例トレーニングメニューをやってみる。熱.. Weblog: さよならの八甲田 racked: 2007-11-26 20:00
  • 海が輝くころ春遠からじ

    Excerpt: よく冷えた朝、カーテンを開けると陽射しがまぶしく窓を射る。 あまりに空気が透きとおっていて、 谷山浩子の「冷たい水の中をきみと歩いていく」 のようなシュールな世界にいる錯覚に陥りそうになったので、ベ.. Weblog: さよならの八甲田 racked: 2008-02-19 19:28
  • 今年の八甲田春スキービデオ漸く完成

    Excerpt: 7月の声を聞き、漸く八甲田春スキービデオの完成。本日、出演者及び春スキーメンバーの方々に発送しました。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2008-07-02 18:29
  • 今年の八甲田春スキービデオはBDレーベル印刷

    Excerpt: 夏真っ盛りの7月、今年の八甲田春スキービデオが フルHD規格でようやく完成した。 Weblog: さよならの八甲田 racked: 2010-07-08 20:25