さよならの八甲田

アクセスカウンタ

zoom RSS モンスターノートのディスク入れ替え その2

<<   作成日時 : 2017/05/11 19:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

前回からの続き
SONY時代のVAIOはディスクやメモリーといったマニアが好みそうな部品を容易に交換できるように、裏蓋に個別の窓があってネジで取り外し可能な形状をしていた。


画像
それは、“どうぞ、ご自由に改造してください”と言わんばかりのメッセージとして捉えるべきか、はたまた、建前で言うところの“改造PCについては一切の修理を受け付けない”という毅然とした態度に敬意を払うべきか、多いに悩むところでもあったが、PC事業者としての建前と設計者としての本音の入り混じった微妙なスタンスにVAIOの魅力を感じたものである。



これが、昨今の北朝鮮のようにすべて建前だらけで核実験だのミサイル発射だのとやられると、米国も日本も中国も韓国さえも押すべき隙間を見つけられない。ほんとに建前しかないような国はシャープやNECのPC同様、滅びる運命しか残っていないと断言できる。北朝鮮流の瀬戸際外交が瀬戸際で停まらず地獄を見ることになるだろう。



SONYもPC撤退を決めたあたりからマニア用個別の開き蓋は完全封鎖され、ビッグタブレットのTap21ではそれ以前のモデルTap20までには付いていた裏蓋の窓が完全になくなり、Tap21の裏蓋を開けることに多いに苦労することとなったのだが、やはり、建前だけを押し通すことは産業界だけにとどまらず国としての存立においても無理があるということであろう。



さて、ディスク入れ替え手順のストーリーは次の通り。
1. ディスク1のシステムイメージをUSBディスクに作成(約100GBの容量となった)
2. ディスク0と1を取り外し、ディスク1を0側SATAコネクタに差し替える
3. リカバリー用DVDを起動し、新たにディスク0となった旧ディスク1を出荷時状態に初期化する
4. OS(Windows7)を起動し、システムイメージ復元を実行する


以上で、ディスク0と1の入れ替えとプログラムの原状復帰は完了するはずだったが、そこは問題のあるMS、簡単には問屋が卸さなかった。



上記4の工程でシステムイメージ復元のためにUSBディスクを接続するのだが、復元プログラムがWindows7時代の旧式プログラムの所為でUSBディスクを認識できず、復元モジュールの存在場所を設定することができなかった。復元プログラムのデフォルト設定では内臓HDDにシステムイメージが存在すると思い込んでいるようで、それ以外の場所から探すにはドライバーソフトをインストールしなければならないのである。(もしくは、システムイメージをDVD30枚に焼いておくという非現実的手法)



しかし、このドライバーソフトのインストール、Windowsが表示する意味不明のフォルダーの数千個にも及ぶドライバーの中から1個を選択する方式となっていて、まったくもって理解不能????
少なくとも素人には無理無理無理……………
専門家でも不可能…………やる気が失せる…………
だから、MSって嫌われるんだ、自分勝手で!!!  ユーザー様のことは全く気にかけない自我独尊の勝手気ままな性格!!!
世界制覇しちゃうとワンマン通り越してこうなっちゃうんだねという典型的見本!!!
いやはや、喰うに食われず、捨てるに捨てられず、いままで費やした時間を返してくれと怒鳴りたいが、ビル・ゲーツ!!! 慈善事業ばかりに明け暮れずこれを翻訳して社員に徹底訓示してくれよとお願い。



已む無く振出しに戻って次の手を考えた結果、ディスククローンのフリーソフトを利用することにした。その手順は以下の通り。
1. EaseUS Todo Backup Free 10.0をダウンロード
2. Windowsの“ディスクの管理“を起動し、ディスク1のパーティションをすべて削除する(操作は慎重に! 後戻りできないからね!)
3. EaseUS Todoを起動しメニューから“システムクローン”を実行する(System ReservedパーティションとドライブC:パーティションがディスク1にクローンコピーされる)
4. 次にEaseUS Todoのメニューから“クローン”を実行し回復パーティションをディスク1にクローンコピーする
5. ディスク0と1を取り外し、ディスク1を0側SATAコネクタに差し替える
5. OS(Windows7)を起動しクローンコピーできたことを確認する
6. ディスク0を1側SATAコネクタに差し替える
6. 再度OSを立ち上げて“ディスクの管理”を起動し、ディスク0とディスク1のパーティションを表示してクローンコピーする前と同じパーティション構造であることを確認する(パーティションの順番は異なる)


以上でディスク0と1の入れ替えは完了。フリーのコピーソフトは便利であるが、このEaseUS Todoソフト、もっと単純に“ディスク丸ごとクローン”というメニューがあると良いと思うのだが、何故か専門的知識を要求しそこまでは親切ではない。まぁ、タダだからしょうがないか???



ということで、結局、MSの障害的不親切があり1日で終わるべきところが3日も掛かってしまった。やれやれ………
この状態で使用し問題なければWindows7の保守サービスが終了する数年後まで使い続けるつもりだが、再びディスク障害が発生するようだと、今度はSSDに替えようかな、機械的可動部品がないだけ信頼性は高いから。しかし、PCのSATAインターフェースのバージョンが古いから最新のSSDに置き換えても6Gbit/sの高速対応にはならず、宝の持ち腐れになっちゃうかもね。


この稿完

最初から読む






VJS13190111B【税込】 VAIO 13.3型 ノートパソコンVAIO S13 ブラック (Office Home&Business Premium プラス Office 365) [VJS13190111B]【返品種別A】【送料無料】【RCP】
Joshin web 家電とPCの大型専門店
在庫状況:△在庫僅少□「返品種別」について詳しくはこちら□2016年02月 発売メーカー保証期間 1


楽天市場 by VJS13190111B【税込】 VAIO 13.3型 ノートパソコンVAIO S13 ブラック (Office Home&Business Premium プラス Office 365) [VJS13190111B]【返品種別A】【送料無料】【RCP】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル














[HGST] 日立 2.5inch HDD 1TB SATA 7200回 HTS721010A9E630
アーキサイト@ダイレクト
■メーカー:日立グローバルストレージテクノロジーズ ■商品名:HTS721010A9E630 ■仕様


楽天市場 by [HGST] 日立 2.5inch HDD 1TB SATA 7200回 HTS721010A9E630 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
モンスターノートのディスク入れ替え その2 さよならの八甲田/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる